雑誌・書籍

ゼロにイチを足していく。堀江さんの著書「ゼロ」

本を読んだらアウトプットする習慣を身につけたい。

読書って何の為にするのか?

当然だけど、

自分を高めるためだったり、
知らないことを知るためだったり、
興味がある趣味の情報だったり、

いろんな目的があるけど、

最終的に血肉化できないと
読んでおしまい!!

 

では勿体ない。。。

 

 

ただ納得して終わり・・・

 

ほとんどがそんな感じの読書で終わっていたけど、
読書も一つの「投資」だから、リターンがないと意味がない。

 

それなりに読書はする方なので、毎回気づきはある。

同じ本を定期的に読み返すことも。

 

不思議なことに、

自分の精神状態置かれてる状況によって
同じ本でも別の本のように気づきってあるんですよね。

 

12月も残り1ヶ月だな〜

そう思って振り返りを始めてるんだけど、
鮮明に2018年のスタートは思い出すことができる。

 

より良い人生にするためにも、自分なりに習慣化させるものをつくる。

 

でもね、

今まで30年以上生きてきた習慣がああるから、
簡単には変えられないものもありますね。

 

これが「甘え」であり「甘さ」なんですが。

 

習慣は人生を変える!

 

そう思って毎日更新してるブログは一つの進歩。

なんだかんだ理由つけて続かないものだから。

でも、それなりに続いてる(笑)

 

あとは、Twitterを再開してみましたね。

 

もう10年近く前のアカウントだから、
フォロワー数はそれなりだけど、
「非アクティブ」な状態がほとんどだと思う。

 

「Twitterは終わった!」

なんて言われていたけど、全然そんなことない。

 

むしろ、若者も多いしリアルタイムで
たくさんの情報が流れてくるところは面白い。

テレビやネットで見る情報よりも、
ツイートの方が早かったり。

 

Instagramは基本的に写真なので、
趣味のフィッシングライフか愛犬の銀次郎くらいしか
載せることはない。

料理の写真は個人的に興味ないし、
自分が得たい情報でもないからアップもしない。

 

SNSだから、使う人によって目的が変わりますよね。

 

で、

著名人のツイートがとても参考になるので、
最近はTwitterを見ることが多くなってきた。

 

あっ、

眺めて終わりではなくて、
あくまで情報収集で。。。

 

日本の外交問題、金融、暗号通貨、
フィッシング、アウトドア、自己啓発など、

自分に興味のある呟きが多いアカウントをフォローするだけで、
いろんな情報が眺められるってTwitterならではの機能だなと。。。

 

タイムラインで流してしまう気づかない情報もあるだろうけど、
良いツイートは「リツイート」されたりして、
最終的に気づくことが多いのも助かる。

 

しばらくTwitterは続けられそうです。

 

 

さて、本題は堀江貴文さんの著書「ゼロ」なんだけど、
一年を振り返ってる最中にふと読み返そうと思った本がこれでした。

2019年はどんな決意で進もうかな?

って考えているときに、もう一度初心に戻って現実を見て
何から積み上げていこうか・・・

 

そう思った時に

「ゼロにイチを足していく」

という著書の内容が頭をよぎって読み返すことに。

 

堀江貴文さんをどう捉えているかは人それぞれかもしれないけど、
僕なんかは「尊敬する人」のひとり。

 

行動力がある人って本当に魅力がある。

 

裏を返せば、思い切った行動がなかなかできない自分。

 

小さい頃から現実ばかりを見て過ごしてきたから、

「夢」とか「やりたいこと」なんて本当になかったし、
ただただ安定した仕事に就いて経済的な苦労をしない生活を
望んでいただけっていう生き方の選択をしてきた。

 

だから、楽しくないし刺激はない。

 

その反動もあってか、

趣味だけは刺激を求めて行動できる。

 

独身という強みもあるんだけど、休みは自由に過ごしてる。

 

何かに没頭することは、堀江さんも言われているように
僕も大切なことだなと思う。

 

余計なことを考える暇もなく、ただただ時間があっという間に過ぎていく。

子供の頃を思い出すのも、こういった経験が今できてるから。

 

でも、大人こそ没頭できることがないと
子供たちや若い人に影響を与えられる存在にはならないとも思う。

 

年齢を重ねる意味は経験を積むため。

経験は次に生きてこそ経験なら、
できない理由ばかり並べてるのはなんなのか?

 

そんな大人にはなりたくないと僕は思う。

 

挑戦しなくなった時点で、人としての成長は止まるし、
人生も頭打ちのような気がしてならない。

 

新しいことを始めないかぎり、新しい知識も経験も入ってこないし
ただただ同じルーティーンを繰り返す生活。

時代の変化に後からついていくだけ。。。

 

以前の僕なら「世の中そんなもんだ・・・」

 

って諦めていた部分もあったけど、
今の僕はちょっと無理かな。

 

小さい頃から受けてきた大人からの教育、
上司からの教えや振り回されたこと。。。

 

これに耐えることが「普通」なんて思っていたけど、
世の中はそうじゃないって気づいたから。

 

堀江貴文さんのスピーチとか、
若い頃に聞きたかったなと思う。

 

堀江貴文さんが、どうやって小さい頃から過ごしてきたのか?

そんなことを全て知ることができる。

 

まるっきり普通か普通以下の家庭で育ち、
その時その時のターニングポイントがあって今に至る。

最近は大樹町でのロケット開発なんかは注目されていますが、
これについても触れています。

 

もともと興味があった分野のようですが、
自分がやりたいことは何でもする!

それが堀江さんの生き方であり、
「はたらく」という意味になる。

 

ぜひ手にとって読んでもらいたい内容です。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4478025800″ title=”ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく”]

 

ある程度の段階になれば掛け算を使うことができるけど、

「ゼロにいくら掛け算を用いても、結果はゼロ。」

だからまずは、ゼロにイチを足していく。

 

すごく納得できる一文です。

何をするにも積み重ねしかないし、一気にできることもない。

 

足算ができるようになって掛算を覚えるのと同じように
どんなことも小さな積み重ねからしか結果は大きくならないなと
改めて思いました。

 

2019年は、休むことなく積み重ねることを目標に
2020年の東京オリンピックを迎える頃には
また違った成長をしてる自分を目指すために積み重ねるだけです。

 

本流大物師のカリスマ 細山長司氏 天塩川のイトウ前のページ

何かを始めるってことは、何かをやめるってこと。次のページ

関連記事

  1. 雑誌・書籍

    10年後なんてわからない。でも、平等な社会に近づくのかな。。。

    堀江貴文さんこと、ホリエモンと落合陽一さんの共同著書、「10年…

  2. 雑誌・書籍

    「好きなことだけ」を仕事にする経営 スノーピークのブランド作りはさずがですね

    最近よく話題になる「仕事」について。「自由」「好きなこと」「楽…

  3. 釣行関連ブログ

    ノースアングラーズ  1•2月合併号 タイトルどおりですよ本当に!

    今月号のタイトルは誰もがそう思って釣行してるって感じです。…

  4. 雑誌・書籍

    お金の原価っていくら?価値は信用だから原価と違う!

    お金についての書籍も最近増えてきましたし、これからは「信用経済」になる…

  5. 雑誌・書籍

    「幻の野生」イトウ走る いい本ですね!

    HTBで過去に放送されたMIKIOジャーナルを偶然ネットで見かけた。…

  6. 雑誌・書籍

    死ぬこと以外かすり傷 この感覚で生きる若者が増えてほしい

    いや〜、強烈な内容というか、読んでて共感する部分が多く熱くなっ…

アーカイブ

PAGE TOP