日常&自己啓発

主力選手は考えながら生活してる

上手い選手と下手な選手の差はどこに現れるか?

僕個人はユニフォームの着こなしに目がいってしまう。

トップアスリートであれば尚更だけど、
常に人に見られているという意識が強ければ
見た目を気にするのは当然のこと。

それは高校野球においても同じで、
背番号を与えてもらうには、指導者から

「どのように見られているか?」

これを意識することは当然だと思う。
評価というのは他人がするものだから。

周囲から格好良く見られるようにするという意味で
服装というのはとても大切な要素だと思う。

基本的にだらしない生活をしてる選手は
服装もそうだし周囲からの信用もない。

そんな選手が主力選手として活躍するなんてあり得ない!

逆に周りから良く見られたいという意識って
どんなことにも共通して大切なことだとも思う。

自分のパフォーマンスを上げたいと思って練習する。

だから、パフォーマンスが高い選手は自然と格好良く映る。

また、考えて練習してるから言語化することができるし、
相手の話をよく聞いて吸収したりなど、基本的な会話ができる。

野球はチームプレーであり、チーム内で共通理解をはかりながら試合を
展開させていくものなので、コミュニケーションが取れる選手の方が優れている。

 

だから思うこと。。。

なんでもかんでも親がうるさく言い聞かせて、
些細なことまでコントロールしていると
何もできない子供達が育ってしまうということ。

「これは子供の成長に欠かせない課題だなぁ」

と思ってくれればいいのに、親が自分の経験から
解決してしまおうとする。

「あなたは経験したかもしれないけど、この子は今経験しようとしているのに
何を邪魔してるのだろう。ある意味では、成長を奪ってるあなたが虐待でしょ!」

と思ってしまうこともあったり。

今は新卒者を迎えた職場に対して保護者が出てくるような時代ですからね。

親も子供も所詮は一人の人間なんです。

一人の人と人が集まって集団になる。
親子セットで一人の人間のようになってる人もいるから不思議。

自分の人生を歩む力が必要な時代を迎えているのに
真逆の方向に進んでる。

高校生活から親元離れて、自分の挑戦に一生懸命な子供もいる。

平均的な人間を育てる教育から少しずつ変化して、
人間性も二極化が進んでいる時代なのかな。

Wi-Fiのaとかgの意味ってこんなこと前のページ

南十勝 サクラマス 6/6 先輩が人生初のサクラマスゲット次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発

    何かを始めるってことは、何かをやめるってこと。

    誰にも平等に与えられてる唯一のものって時間だなと。…

  2. 日常&自己啓発

    好きなことを仕事にできる時代はくるのか?

    「好きなことを仕事にする」「趣味が仕事になる」って言われる…

  3. 日常&自己啓発

    やりたいことはトコトンやる!

    やりたいこと、楽しみたいこと!誰だって持っているはずなのに、…

  4. 日常&自己啓発

    自分の時間を生きてるか?

    ヤフーのトピックスで堀江貴文さんの記事が出てました。通勤途中も…

  5. 日常&自己啓発

    1月もすでに前半が終了。時間は待ってくれない!

    新年を迎え、今年はもっとアクティブに行動するぞと決めて、すでに…

  6. 日常&自己啓発

    消費税10% そして新年号へ

    2019年が始まり、あと数ヶ月で新年号を迎えます。どの…

アーカイブ

PAGE TOP