日常&自己啓発BLOG

動物の殺処分・・・いたたまれない気持ちになる。

日本国内だけでも、毎日どれくらいの
動物が殺処分されているのだろう・・・

動画を見ているだけで
心拍数が上がって胸が苦しくなる。

どうにかならないのか。。。

殺処分に関する話題に触れると
本当にいたたまれない気持ちになる。

夜のニュースじゃなくて
ゴールデンタイムで広めてもらいたい。

この現実を!!!

そう思ったのがこちら!

 

環境省の調べによると
年々数は減っているものの
平成28年度で犬猫合わせて
5万頭以上が殺処分されています。

50,000頭です。

50,000匹の命が、
人間の手によって作られたガス室で
殺されている現実があります。

環境省の統計資料から

 

別に動物でしょ?
お前がどうにかできる問題じゃないだろ?

と言われれば、それまでかもしれません。

でも、人間が動物に助けられていることは
多々あるのも事実です。

 

犬の話にはなってしまいますが、
盲導犬・介助犬・聴導犬・警察犬・セラピードッグ
などなど、人間を助けてくれる存在です。

その命に優劣をつけて
簡単に殺処分してしまうって
僕には考えられません。

災害救助犬の夢之丞(ゆめのすけ)が
脚光を浴びたことがありましたが、
これも偶然が重なって助けられた命です。

夢之丞(ゆめのすけ)と同じように
人の命を救い、人を癒してくれる犬たちが
今までどれだけ殺処分されてきたか・・・

想像することすらできない
もの凄い数だと思います。

 

ペットブームがあったりして
犬を飼う人が増えました。

しかし、ブームだからこそ
終わりがあります。

命に関わるものなのに
商品として値段がつけられます。
商品ですから、商品価値が無くなれば
売れなくなるのがモノです。

普通の商品とは違って、命ある動物なので
年齢を重ねます。
また、世話をしない限り生きることができません。

製品と違って、在庫として
保管しておくことができない動物です。

ただ可愛いからという理由では
飼うことなんてできません。

命を育て、一緒に暮らすというのは
そんな簡単なものではありません。

動物はモノじゃない!

その認識に欠けている人が
少なからずいるのも事実でしょう。

平成28年度の統計では、
犬を飼い主から引き取った数が
全国で4,000頭以上。

捨てられたりしていた
所有者不明が36,000頭以上です。

合わせて40,000頭以上。

譲渡などで命を繋ごうとする
団体などが存在しなければ
すべてが殺処分されていたかもしれません。

過去の統計を見てみると
平成元年で100万頭を超えていたのですから、
異常としか言いようがありません。

数字にしたら
1,000,000
です。

各都市の人口から考えると
恐ろしい数字ではないでしょうか?

この数字を見て、どのように捉えますか?

僕も犬を飼って10年になろうとしています。

長く生きてくれたとしても、
もう半生を過ごした銀次郎だと思います。

その時がいつか来てしまうのだろうな・・・

そう思うだけで悲しくなります。
今一緒に過ごせる時間に感謝しています。

1匹でも多くの動物たちが人と暮らし、
人が見守るなかで生涯を終えて欲しい。

ただただ願うことしかできませんが、
ずっと考えていかなければならない
問題だと思っています。

 

 

お金のこと、経済のこと、働き方も、過去のようにはなるわけがない!前のページ

すぐ怒る人は自分のことを・・・と思っている次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発BLOG

    素直な自分に従う。それは自分の時間を生きてるってこと。

    素直な自分に従って生きる!2018年の元旦に個人的なテーマとし…

  2. 日常&自己啓発BLOG

    世界の富の80%以上は・・・

    エスカレーター式の学習システムを卒業したら就職。これが今までの…

  3. 日常&自己啓発BLOG

    男の匂い対策は必須! スメルハラスメントで退職してしまう人も。。。

    最近身近で感じるようになり、確か臭いに関するハラスメントがあったな…

  4. 日常&自己啓発BLOG

    差別と区別!言葉の捉え方ってあるよね。

    なんか最近思うな。「差別」って言葉を簡単に使う人がいる。…

  5. 日常&自己啓発BLOG

    2016年8月30日 十勝川 河川敷も川となっています!

    降り続く雨・・・出勤途中の十勝川は、前回の台風通過後の岸ギリギ…

アーカイブ

PAGE TOP