日常&自己啓発

北海道 春の高校野球が開幕!

ここ北海道十勝もようやく気温が20度を上回り
少しずつ夏を感じています。

先週の12日土曜日から、十勝支部も春の高校野球が開幕。

気になるチームの試合や審判業務などで
土曜日から火曜日までの4日間は一日中
帯広の森で過ごしました。

そんなこんなで釣りには行けてません・・・

それにしても、部員数が10人そこそこのチームが
ベンチに入れない選手がたくさんいるような市内校に
勝つことって凄いな〜

と思うのと同時に、選手と指導者の頑張りにも脱帽です。

あらためて感じたのは、やはり投手力。
ストライクが入らず四死球を出すと自然とエラーが絡んだり、
普段打たないような選手にヒットが出たりと、
どのスポーツにも共通することだけど流れってある。

前評判が高くても、投手一人で試合を壊してるチームもいれば
投手一人で試合を引っ張っているチームもある。

もちろん、野球は一人じゃできないから投手だけとは限らないけど、
勝敗を左右する大きなウエイトを占めているのは確か。

そして、エラーで失った点数は返ってこない。

もちろん打てるに越したことはないけど、
相手投手の出来によっては打てないこともあるし、
打率は高校野球でも失敗の数の方が多い。

だから、まずは投手を中心とした守りがあって
野球は成り立つものだと思う。

名門校で打力が光るチームがあるけど、
実際のところ守備練習もしっかりやっているし
「強打」だけがフォーカスされているだけで
投手を含めたディフェンス力があるから勝ち抜いていける。

結局は投打のバランスだけど、
ストライクの入らない投手は投手とは言えないな〜

というのが持論です。

接戦で負けるチームは守り抜けないことがほとんど。
場面場面でやるべきこと、準備することを考えることができるか?

この差は見えずらいところだけど、ちょっとした間合いや
声かけのやりとりを見ると、レベルの違いがよく分かる。

土曜日と日曜日で十勝支部も準決勝と決勝戦。

天気が悪いから順延になるかな。。。

夏の大会は今まで3校だったのが、今年は4校が北北海道大会に
出場することができます。

夏の甲子園に向けて、まずは十勝支部予選を勝ち上がらないと
いけないので、シードが取れるかどうかは大きい。

今年はすでに、帯広工業高校と帯広緑陽高校、
帯広大谷高校と白樺学園高校がシード権を獲得しました。

週末も野球観戦となりそうです。

熱い夏が始まったな〜

と思いながら、海サクラのシーズンも来たなー
って感じで気持ちがあっちこっちに行ってます(笑)

こんなことで処分される日本の教育現場の現状前のページ

十勝も海サクラマスが釣れてるとか・・・次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発

    コロナは一過性のものではなくて時代を変えたもの!

    どうも、ヨシヒコです。2021年を迎え、再…

  2. 日常&自己啓発

    他人はみんな第三者。評価も色々だから気にしない。

    気が小さい自分にとって、第三者の評価はめちゃくちゃ気にしながら生きてき…

  3. 日常&自己啓発

    分配報酬がもらえるコミュニティ。長期視点で考えるとヤバいです!

    分配を貰うビジネスモデル?ブログを見てくださっている方々に時々…

  4. 日常&自己啓発

    「これからを稼ごう」の意味とは?資本主義から価値主義へ

    さすが堀江さんの視点だなと思う内容でした。2011年に発行した…

  5. 日常&自己啓発

    楽しいことに全力で取り組む。

    人はなんのために生まれてきてるのか?死を迎えるほとんどの人が…

アーカイブ

PAGE TOP