ブログ

報道を鵜呑みにしてる人が多い社会 こんな現実もある!

学校教育そのものが影響してるのかな?

ニュースを見なさい。
新聞を読みなさい。

 

だからなんとなく目にするテレビや新聞の話題、
そしてネット上のトピックスに上がるような記事。

タイトルだけでは誤解を生むようなことも
そうなんだ〜

って感じで受け入れられてしまう。

 

話題の仮想通貨も同じことが言えるんだけど、
ネーミングそのものが誤解を与えている。

 

日本でビットコインが話題になった頃、
報道各社が「仮想通貨」と呼んだのが始まり。

 

仮想の通貨、いわゆるネット上のトークンと言われる
電子的なものだから「仮想」としたのだろうけど、

本来は、クリプトカレンシー(暗号通貨)が正しいし、
世界共通の呼び方でもある。

 

 

まぁ、ビットコインが話題になったのも
マウントゴックスの破綻があったからで、
ネガティブな情報から広まったもの。

でも最終的には横領だったってことで
ビットコインの問題ではなかった。

それを大きく報じてはくれない。

 

「怪しい」「危ない」が先行して民衆に広まったけど、
これに可能性を感じた人は「投資」の対象として注目し、
価格も跳ね上がったのが2017年の終わり。

 

1ビットコインが200万円を超え、
買うなら今だと多くの人が「投資」した結果だ。

 

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)と言われる
新規仮想通貨公開をおこなって資金を集める手法で
多額の出資金を集めながら、プロジェクトが進んでないものや
頓挫してしまっているもの、詐欺的な要素が強いものが広まってしまった。

 

ビットコインも値は次第に下がり
2018年の終わりを迎える最近は
40万円前後を推移している。

 

 

相場の世界は乱高下があるのは当然なんだけど、
その差が激しいから安易に投資できない状態になった。

 

なかには、「もうビットコインは終わった」なんて声も聞かれる。

 

 

悲観的・楽観的な両方の意見はあるけど、
個人的には楽観的なほう。

 

過去の流れからいって、多くの国民が豊かに生活してるのは
テクノロジーの進化があって恩恵を受けているから。

 

車もハイブリット車や電気自動車が普通に走ってるなんて
20年前に想像できたでしょうか?

小学生や中学生が携帯電話じゃなく、
さらに進化したスマートフォンを持つようになるなんて
想像できたでしょうか?

生活の中も乗り物だって改札口を通るときに
毎回駅員と接触するなんてこともなくなった。

公共料金もカード決済ができたり、
口座の引き落としがメインだし、
圧倒的に現金を扱う機会は減ってきてる。

 

今話題のPAYPAYがなぜ10億円も還元するのか?

 

将来的な見通しを立てたら高い出資ではないと
見込んでいるからなんですよね。

 

CMでも、LINE PAYで居酒屋の割り勘シーンが出ているように
我々の生活から現金の必要性がなくなってきている。

 

それが現実の社会になってきてる。

 

「いや、俺は死ぬまで現金主義だ!」

 

なんて人もいるかもしれないけど、
物理的なやりとりは手間がかかるんです。

 

物理的に空間に存在する物はどうしようもできない。

 

でも、本は電子書籍化され、音楽もCDが無くても聞けるし、
動画もDVDやBlu-rayがなくても見れる。

 

インターネットによって、物が電子化されて所有することができる。

 

これはお金も同じことが言える。

 

これだけテクノロジーが進化してきてるのに、
生活の中心に存在するお金が
なぜアナログのままなのか?

 

この問題は国という枠組みで、
力の存在を左右させることができるようにしてあるからなんです。

 

これが法定通貨といわれるもの。

 

国が発行するお金のことです。

 

国に信用があるから、原価20円くらいの札が
1,000円、5,000円、10,000円と価値の尺度が決められてる。

 

100万円の束を持っていたとしても、
日本に価値がないと外国が判断すれば
単なる紙切れ同然の扱いをされます。

 

現実として、国の経済が破綻して
法定通貨の価値がなくなり、
コーラ一本買うのに札束を抱えているなんて光景もあるくらい。

 

日本がすぐにそうなるか?

 

と言われればそれはないでしょう。

 

でも、

会社の倒産もそう、
過去の戦争だってそう、
震災もそう、

いつどうなるか、未来のことなんてわからない。

 

だから「備え」が大切なんだと思う。

 

未来に怯えることは必要なくて、
ただ、

「こうなっていくだろうな」

と予測しながら備えることは
必要かなと個人的には思う。

 

資産家のほぼすべてがリスクヘッジと言って
分散投資をしたりして、どれか一つがダメになっても
最小限のダメージで終わるように備えてる。

 

「そんなの一般人には関係ない」

という人もいるかもしれないけど、
僕なんかは一般人だからこそ必要性を感じる。

 

だから情報を得るための投資は積極的にするし、
日本円は今後も日本にいる限り稼ぐことができるから
他の通貨に交換したりもしてる。

 

それが正しいとか間違っているとかじゃなくて、
あくまでも「備え」としてそうしてるだけ。

 

黙っていても日本円の価値を下げる取り組みを国はしてる。

 

日本企業が稼ぐためには、円安の方が都合がいい。

海外に輸出する方が儲けることができるから。

でも、一般消費者としては円安の影響で物価が上昇してる。

 

だから、景気が良くなってると数字で発表されても、
我々国民は景気が良くなったように感じないんです。

 

 

当然ですよね?

 

給料が上がらないのに身の回りの物価が上がっているんだから。

 

 

なぜ給料が上がらないかって?

 

企業も社員に還元するんじゃなくて
今後に備えて内部留保してるから。

 

お年寄りの貯蓄と同じ。

 

 

経済の循環が行われない仕組みが出来上がってるってこと。

 

みんなお金を使ってくれれば景気が良くなるんだろうけど、
給料は少ないし、今後の不安を抱えて貯蓄する人が多い。

 

 

少しでも経済を回すためにどうする?

 

副業を認めたり、女性の働く場所を作ったりして
消費活動を少しでも活発化させる。

 

いわゆる働き方改革ってやつ。

 

 

そうなると、税収も多くなる。

 

少しずつお金も回り始めたら景気が良くなる。

 

 

でも、見通しは暗い。

 

というのも、過疎化が進む地域もあれば
黙っていても高齢者が多くなり人口も減る。

 

例えば、10人で活動していた地域が
8人6人と減っていったとすると、

生産するモノやサービスも減るし
それを利用したり消費する人もいなくなる。

もちろん、その地域は税収も少なくなる。

 

じゃあどうする?

 

税金を高くする。
さらに消費活動は低迷する。
年金を払えるだけの財源もない。
保険料も国の負担を少なくするために
個人の負担額が多くなる。

 

こんなもんじゃ済まされないけど、
日本の先行きは暗いのは確かだと思う。

 

 

でも、

国の経済と個人をそのまま繋げる必要はない。

 

豊かになる人はどんどん豊かになるし、
ただ我慢しながら国に期待していても
なんの得も待っていないということは
個人的に強く感じる。

 

だから何度もいう「備え」だなと。

 

 

しかも、過去に縛られて固定概念でいる人ほど
損をする世の中がくるような気がしてる。

 

その時に誰に当たることも出来ない。

 

国を信用してたのに!
あの人を信じてたのに!

 

と言ったところで後悔しか残されてない。

 

テクノロジーの進化によって
堀江貴文さん以外にも多くの人が語っている。

 

「好きなことで生きていける」

「これからは信用がお金に変わる」

ということ。

 

これについては僕もそのとおりになるだろうなと思う。

 

人が嫌がる仕事のほとんどは
機械に置き換わっていく。

 

なぜなら、誰もやりたくないことをわざわざ人間がやる必要もないから。

それがテクノロジーの進化だから。

 

問題なのは、機械を導入しなくても
安い労働力で働いてくれる人がいるかぎり
その職種の賃金は上がらないし機械も導入されないということ。

 

ある意味で、安い労働力で働く人がいなくならないと
賃金も上がらない。

 

例えばコンビニのアルバイト。

 

「時給800円じゃ割に合わないよ〜」

 

って言って誰もやらなければ
雇用主は

「じゃあ1,000円出すから」

って話になる。

 

アルバイトがいないと困るのは
雇い主の方なんだから。

 

800円で働く人がいるから賃金が上がる仕組みがない。

 

昭和40年頃の基本給なんて数万円でしたからね。

15万前後が普通でしょうか?

 

国の経済や為替相場によって法定通貨の価値は
世界的にみて上がったり下がったりしています。

 

現在のフィリピンは投資適格国として世界から注目されていますが、
基本給は日本円で数万円。

しかし、

人口は1億人を超え日本に近づいています。

 

日本が人口減少に向かい、高齢者の比率が高くなり
生産労働人口が減るのに比べて、
フィリピンは日本の正反対に進みます。

 

日本円で1,000円の価値だったものが
3,000円4,000円となるのは数年後だと
僕なんかは思っているところですが、
海外移住者の多いシンガポールなんかも
以前とは違って日本と同じ物価水準に
なってきてるようです。

 

とは言っても

税金が安いとか災害が少ないとか
気候も暖かいとか住みやすいとか
日本の企業も数多く進出してる理由がある。

 

日本国内の報道だけをみていると暗い話題ばかりだけど、
広い視野をもつと、いろんなチャンスが眠っていることに気づく。

 

逆を言えば、情報をなるべく与えないで

「なんとかなるから安心して」

って思わせるのが国を通じたメディアの動きかもしれない。

 

 

深刻な問題が山済みなのに隠しきれるのかな?

 

「ここに就職できたら安泰」

なんて言われていた企業がリストラとか普通ですからね。

 

自分の身は自分で守る。

災害と同じく何かに期待しているだけでは
なにも変わらないどころか後悔する要素が大きい。

 

2019年は年号も変わるので、
僕自身も一つの区切りができる年にしたい。

 

THE FINALをきっかけに
大きな変化を迎えつつある。

お会いしたこともある

「佐藤みきひろ先生」

が作られた本物のコミュニティ。

 

 

入会金は2ヶ月目に回収済み。

参加者の成果はこちら

 

これが THE FINAL!

 

 

本を読む人読まない人前のページ

素直な自分に従う。それは自分の時間を生きてるってこと。次のページ

関連記事

  1. ブログ

    思い通りにならない・・・原因は価値観にあるかも。

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。&nb…

  2. ブログ

    近日上場が決定した記念として6,000万円分のコインを無料で配布するようです!!

    ビットコインの価格が一気に下がり、イーサリアムなんかもかなり値を下…

  3. ブログ

    他人に対しては謙虚に!自分には・・・。

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。&nb…

  4. ブログ

    昨日は同級生との集まり

    昨日は久しぶりに同級生と時間を共有しました。実は同級生の女の子…

  5. ブログ

    フィリピンの仮想通貨 NoahCoin(ノアコイン)が高騰

    2018年8月28日に、リッツカールトン東京で仮想通貨ビジネスライ…

  6. ブログ

    令和最初の誕生日に記録的な暑さ!幸先が良い!

    北海道の上空に、5月としては観測史上最も強い暖気が流れ込んでるようです…

アーカイブ

PAGE TOP