サクラマス

7月5日 南十勝サクラマス 何だか混雑してる?

3時半近くに到着して、いつもの駐車スペースへ行くと、すでに満車

 

仕方なく上のスペースへ。。。

 

準備して河口へ行くと、車と同じく河口周辺は混雑した状態。

 

いつも富良野から来られている方と挨拶を交わしたところ、昨日5本ゲットだとか(笑)

 

凄すぎます!

 

 

そんなこともあって期待はするものの、一向にアタリすらなし・・・

 

人の数までは釣れている様子もなく、夕方までのことを考えて、1時間ほど浜辺で睡眠。

 

 

起きておにぎりを食べながら眺めていると目の前でゲットする若者。

 

話を聞くと繋がりのあるアングラーさんで、釣友が愛用しているコジマクラフトさんのサムライでゲットしたとのことでした。

 

 

自分も再開。

 

でも、釣れるのはアメマスとウグイのみ。

 

17時頃の満潮時には足元で川に登ろうとしているサクラマスが頻繁に走り回ります。

 

波打ち際も水が綺麗だったので、波が立つ瞬間に3匹泳いでいる姿を見ることもできました。

 

もう口は使ってもらえないのか、朝からヒットする人の半分くらいはスレ掛かり。

 

 

それだけ魚も濃いのでなんとかしたいところ。

 

少なからずルアーを追ってきていることは追ってきているので、最後にどうやってチェイスしてもらうか?

 

といった部分がカギになります。

 

 

ルアーの選択においても最後に波に揉まれてしまってはいけないので、その前でいかに見せるか、どう止めるか。

 

 

こういったところに工夫が必要です。

 

まずはルアーを追わせないといけないので、そのための区間を確保するキャストと同時に飛距離を稼げるルアーの選択も重要です。

 

シーズン初期はどんなルアーにも反応しますが、スレてくるとミノーの方が釣果を上げているように感じます。

 

ウォブリングやローリングがより魚にリアルに伝わるということもありますが、ウネリの大きい南十勝では、リップのあるミノー以外は浮いてしまって最後のアプローチができない。

 

 

スローに誘っても反応がないときは、水噛みの良いミノーは必須だと言えます。

 

これが全てではないにしても、ファストリトリーブから食わせのタイミングを作るためにどうやってルアーを操作するのか・・・

 

自分の好みや釣り方のスタイルは人それぞれなので、それに合ったルアーを探すために色々なルアーを試すことも、釣りの楽しみでもあります。

 

スプーンでのスローな誘いでは反応がなく、ジグの早巻きで表層を誘っても、ストップ&ゴーにも反応なく、最後にスーパーディープミノーまで投入して少なからずルアーに対する反応は見ることができました。

 

あとは食わすのみ・・・

 

 

そんなことを考えながらやっていましたが、朝から時間にして12時間キャストしっぱなしということで、持病の頚椎症によって身体が限界・・・

握力も微妙になり、たまにミスキャストをしてしまう始末・・・

 

帰ってからの片付けも考えて納竿としました。

 

 

それにしても釣る人は釣ってしまうのが釣りですよね。

 

いつも目の前で必ず結果を出すデュエルのテスター布谷さんには勉強させられます。

 

感心している場合じゃないんですけどね(笑)

 

今週末は行事があるので来週の振替休日で頑張りたいと思います。

 

やっぱり混雑する釣りは平日休みが最高ですね。

 

しかし、オスがかなり釣れ出してきたこともあるし、聞く人によってはカラフトも釣れ出したということで、今年のサクラは早くに終わってしまいそうな予感もしてます。

 

あと半月は楽しませてもらいたいものです。

7月4日 南十勝の状況はどうかな?前のページ

ランディングネットを購入!綺麗なビッグレインボーに期待して!次のページ

関連記事

  1. サクラマス

    支笏湖4月21日 DO-UPでサクラマス

    前日にあれこれ考えていて、釣友に「明日8時出発で日没までどう?…

  2. サクラマス

    2017年 フィールドハンター スプーン DO-UPにシェルタイプが登場

    フィールドハンター社から昨年リリースされたDO—UPという名のスプーン…

  3. サクラマス

    南十勝サクラマス 歴舟川紋別川 まとまった釣果は無いみたいですね!

    どうも、ヨシヒコです。昨日の釧路方面から今日は地元十勝の南側へ…

アーカイブ

PAGE TOP