4月から有給休暇の新ルールが始まります!

日本有給休暇の取得率が世界最低らしいですね。。。

だから勤勉だとか、働き過ぎだって言われるのかなぁ

 

でも、時間当たりの生産能力は低い・・・

 

おそらく、無駄に拘束されてる時間が長いってこと。

 

仕事が時間の拘束みたいになってるところもある。

 

決まった時間に出社して、決まった時間に帰宅する。

いや、決まった時間に帰りずらい雰囲気を作るから、無駄に残業をするっていうのもあるかな。

 

働き方改革として来月の4月1日から、年次有給休暇が10日以上発生した社員は、発生の日から1年以内に最低でも5日間の年次有給休暇を消化させなければならない。

 

これは、会社に対して求められるもの。

もし会社が消化させなかった場合は罰則がある。

 

 

とは言っても、サービス残業が多くなるのかなぁ・・・

 

実際のところ、始まってみないと分かりませんね。

 

年次有給休暇については、なんのために取得するのか?

誰にも言う必要がないし、堂々と休むことができる権利です。

 

僕は水辺に行くときに使うことが多いかな(笑)

天候に左右される趣味は、仕事が休みだからって楽しめるものでもない。

タイミングや人が少ない平日がチャンスだったりするんですよね。

 

総じて平日に取得した休暇で釣果に恵まれることは多い(笑)

 

「ここで使うべきなのか・・・」

楽しい悩みごとでもある。

 

そんなシーズンが開幕ですね〜

 

で、

年次有給休暇を何に使うか?

については雇ってる側が干渉してはいけない決まりがあります。

 

過去に最高裁判所の判例で示されていますね。

「弘前電報電話局事件」

 

利用目的から逆算して、年次有給休暇の取得を認めるということは許されていないという最高裁判所の見解です。

 

なので、上司が

「なんで休むの?」
「どっか行くの?」
「休みとらないといけない重要なこと?」

など聞いてくるのであれば、明らかな法律違反ということになるんですね。

 

年次有給休暇の利用目的は「個人の自由」であり「権利」ということですね。

周囲に迷惑をかけないという前提はあると思いますが・・・

 

業種や業界によっては馴染まないこともあると思いますが、法で決められていることですし、従業員みんなで反発したら会社も機能しなくなりますからね。

しかも、会社側(使用者)が罰則を受けることになっているので、少しずつ休暇を取得する文化が根付くことを期待したいですね。

 

楽しいことに時間を使う。

 

仕事の能率も上がるだろうし、労働時間も短くなる。

家族や友人と過ごす時間も多くなる。

 

生きがいを少しでも感じる人が増え、幸せな時間が少しでも増えたら、平均して国民の幸福度は少なからず上がる。

テクノロジーの進化で機械に任せられることも多くなるだろうし、新しい時代に一歩進んだのかな。

 

多くの人が自分の時間を確保できるように、積極的に有給休暇が取得できるようになることを願います。

それで給料も上がるなら、日本経済は少しずつ潤っていくのかな。

 

新年号に変わるし、国民が豊かになる時代に変化することを祈るばかりです。

 

関連記事

  1. 日常ブログ

    2017年 今年は刺激のある一年にしたいね〜

    あっという間の年末年始休業も終わり、本日4日から仕事スタートです!…

  2. 日常ブログ

    行動学習!知識を蓄えるよりも大切なこと。

    インターネットによって知識へのアクセスは誰でも簡単にできる…

  3. 日常ブログ

    今日も引っ越し〜

    今日も朝はやくから引っ越し作業に追われて終了です!…

  4. 日常ブログ

    昔も今も変わらない教育

    昔の教育、今の教育。教育という言葉に対して自分なりに考える…

  5. 日常ブログ

    他人に迷惑をかけないなら、どんな生き方をしたって良いと思う!

    人それぞれ色んな生き方がある。他人がどう生きようが、子供がどう…

  6. 日常ブログ

    令和は価値主義の時代 すでに始まってるな〜

    資本主義から価値主義へ・・・そんな話をした…

アーカイブ

  1. アイテム・グッズ

    OD缶CB缶 ガス詰め替えアダプター コスパを考えると必要だね
  2. ロッド

    フィールドハンター LST85HL そして LST80HLへ
  3. 釣行ブログ

    11月13日 今日も十勝川は異常なし!
  4. 釣行ブログ

    知床カラフトマス釣行最終日 いい思い出?勉強?がまた一つできました!
  5. F&O 関連ブログ

    2週間も釣りができないのは辛すぎるから、ダメもとで!
PAGE TOP