生きているなら夢くらい語らないとね!

こんばんは。ライターのヨシヒコです。

 

ネットの時代だからこそ、「夢」を語る必要があるんじゃない?

 

なんて思ったりしたので、ちょっと記事にしてみました。

 

 

「夢」というと恥ずかしかったり照れてしまう表現なんだけど、今の時代に生きてるからこそ「夢」を語る意味はある。

 

ほとんどの人が今、自分の人生が最高で満足してるなんてことは無いと思います。

 

足りない「物」や「事」があるからこそ、いろんな情報を得て判断したり行動したりしながら、理想と現実の間に生きて、少しでも理想に近づけるように努力してるはずです。

 

それなのに、このギャップを埋めることは永遠に無理なことだとも分かっています。

 

 

なぜなら、現実が理想に近づいていくと新しい理想が再び出てくる。

この繰り返しだからです。

 

 

でも、理想が完全に現実にはならないからと言って何もしないでいる人生よりも、次から次に理想に近づける人生を求めるのならどちらが良いでしょうか?

 

僕は考える余地もなく、後者の理想を追い求める人生を選択します。

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

当然だけど僕のブログの読者は半分以上がアングラーさんなので、後者の人が多いと思って話を進めますね。

 

だって、釣りが好きな人って追い求めるものが常にあるでしょ?

 

偏見ではないはず(汗)

 

 

 

理想と現実のギャップをどう埋めながら生きていくか?

その簡単な方法が「夢を語る」ということ。

 

「人間」という言葉の通りで、「人」と「人」との「間」にいる僕たちです。

 

僕自身も、ひとりできることは限られていますし、ひとりじゃ何もできない無力な存在です

でも、複数の人間が集まったら一人でできなかったことでもできるようになる。

 

 

会社組織を例にすると分かりやすいと思うけど、それぞれが役割を与えられることによって一人で全部やるより効率的に分担して業績を上げていく。

 

どの組織もそうですが、得意な分野で力を発揮してくれる人材がいると強いですよね。

短期決戦のソフトバンクホークスのように(笑)

 

 

 

話が脱線しましたが、僕たちも多かれ少なかれ「人」や「人脈」によって得ることもあれば失うものもあったりして今の自分があります。

「人脈」というとあまり良い響きではないかもしれないけど、最終的には「人」や「人脈」が無ければ僕たちの人生はより楽しいものにならないし、やりたいこともできないと思います。

 

 

心で思ってるだけじゃ誰にも気づいてもらえないけど、自ら「何か」を表明することで反応してくれる人がいる。

だからこそ、「こんなことをしていきたい!」とか「将来こうなりたい!」と語ることが大切だなって思います。

 

 

単純に考えて、お付き合いしてる相手だろうと結婚したパートナーであろうと、

 

さらには仕事仲間であろうと、思いや態度だけでは伝わらないのが人間ですよね。

 

 

 

それと同じように、発信しない限り気づいてもらえることもない。

 

 

でも、今の時代はそれが簡単にできてしまいますよね。

 

面と向かって一人ひとりに話しかけなくても、複数の人に自分の考えや思いを伝えることができる。

 

インターネットの世界がそうさせてくれてます。

 

共感が共感を呼べば、「この人と仲良くなりたいな〜」とか、「自分も興味関心があるから協力しようかな〜」とか、相手の心が動くことだってある。

 

違う例えかもしれないけど、Twitterのリツートで事件の犯人が捕まるとかも、被害を訴えたひとのために情報を拡散しようと「協力」する人がいた結果ですよね。

もし何も発して無ければ気づかれることもありません。

 

発信することによって「仲間」だったり「協力者」が出てきてくれる。

 

「仲間」ができることについては、人生の幸福度に大きな影響を与えるということで昨日のブログにも書きました。

ブログやSNSを続けてきて思う、仲間の存在!

 

「仲間」と「協力者」さえいたら、人生はなんでもできるし楽しめますね。

 

 

 

僕の夢は一生涯ルアーフィッシングを楽しみながら仲間と過ごすことだったり、50歳前後で海外のサーモンやトラウトを釣りに行くこと。

 

あとは、その楽しみを深めるための構想に直結するけど、定年退職という時代は無くなるだろうから収入源を複数確保できるスキルを今のうちに高めておくことや不労所得を得るための収入の柱は必要だと思ってます。

 

ブログや投資の勉強を楽しくやってるところがそれですね。

海外遠征するなら英語も勉強しないとな〜(笑)

 

 

誰でも簡単にできる不労所得の方法があればシェアしたいんですが、どれもリスクがつきものなので、もう少し吟味してから紹介したいですね。

 

でも、大抵の人はリスクを嫌うからやらないという日本人の教育です。

 

お金は苦労して稼ぐものだから?

搾取される考え方がブラック企業を作り出してしまう背景もあるように思います。

 

リスクのない不労所得を得る方法?

 

 

そんなものはない!

 

 

 

 

と言いたいところですが、以前にも紹介したespo(エスポ)はノーリスクで収入になる可能性が高いです。

 

というか、増やす仕組みもあるので本人次第かな?

 

ノーリスクなのにハイリターンが見込めるところが魅力です。

 

 

ってことで以前にも紹介したespo(エスポ)に登録された方は、地道にポイントを貯めていってくださいね。

 

サイト内にあるスポーツベッティングは世界的にも盛り上がりを見せていますが、サッカークジのtotoやBIGと似たような仕組みになっていて、エスポ内の貯まったポイントで遊ぶことができます。

もちろん勝って貯まったポイントは現金にも変えられるので、紹介者を増やして毎週の報酬アップを狙いながら楽しんで活用しましょう。

 

僕も暇つぶしのゲームをたまにやりますが、ファミコン世代にとっては懐かしい印象を受けます。

 

2020年から大きな動きが始まるらしいので、ほんの少しだけ期待しても良さそうですね。

 

僕もサイト内の先行登録先行エントリーは済ませておきました。

 

 

まだの方は▶▶▶こちらから

 

やらなきゃならないことが多すぎるので足踏みだけはしないように、続けることを第一に理想を追い求めていこうと思います。

 

 

以下はちょっとした雑談です。

十勝川の中流部に設置されている千代田堰堤は、農業用取水施設として昭和10年に完成し、サケマスの養魚用水の取水施設としても利用されました。

平成16年には、(社)土木学会から歴史的土木遺産としての高い価値が評価され、土木学会選奨土木遺産に認定されました。

現在は採卵用のサケの捕獲場としても重要な役割をはたしています。

また、堰堤から流れ落ちる流水の壮大さとサケが水面をはねる様子は十勝の観光資源の一つとなっています。

帯広開発建設部HPより
https://www.hkd.mlit.go.jp/ob/tisui/kds/chiyodashinsuiro/ctll1r0000002lu7.html

 

「千代田堰堤をぶっ壊したいな〜」って言ってたら共感してくれる人が出てきたりするかな?

 

まぁそれは冗談として。。。

 

個人的な考えだけど、

堰堤なんか作らないで農業用取水施設を新水路側に作れば良かったのでは?
サケ・マスは猿別川で捕獲して、その他は自然産卵でどうかな?
「歴史的土木遺産としての高い価値が評価」ってあるけど、工事の難易度や規模で評価してるだけで堰堤の存在について評価してるのか?

 

こんなふうにして一つ一つに声をあげる人が多くなると、

「NHKをぶっ壊す!」

のように世の中に動きを出すことは可能な時代だと思う。

 

 

そう捉えると、本気で声にしていたら自分の人生は簡単に変えられるなって思っちゃいますね。

 

結果はすぐに出るものじゃないので、小さな積み重ねを怠らないようにしよう!

 

関連記事

  1. 日常ブログ

    金融市場の時価総額から考える仮想通貨(暗号通貨)

    ブロックチェーン技術の発達によって、金融市場が少しずつ変わろう…

  2. 日常ブログ

    久しぶりにグロッキー 学習能力なしの酒飲みだよね!

    昨日の釣行後、夕方から急遽岩見沢へ!なんで?単身赴任の…

  3. 日常ブログ

    人間関係で苦労??そんなの嫌う人もいれば好きになる人もいる。

    人間関係で苦労する人は意外に多い。でもちょ…

  4. 日常ブログ

    死ぬまで歩いていられる身体 健康第一って本当だなぁ

    老後を迎えたとき、自分はどんな姿でいるのだろう?…

  5. 日常ブログ

    今日は真夏日!とりあえず月に一回は行くスタッグさんへ

    天気がめちゃくちゃ良い〜最高気温が28度とか?&nbs…

  6. 日常ブログ

    北北海道大会 白樺学園が初戦敗退(涙)

    夏の甲子園をかけて繰り広げられている全国の高校野球大会。十勝支…

アーカイブ

  1. F&O 関連ブログ

    知床カラフトマス遠征 第3弾 年に1度の行事です!
  2. 釣行ブログ

    昨日の十勝川釣行 動画
  3. 日常ブログ

    1人でも多くの人が早く日常を取り戻して欲しい
  4. おすすめ書籍

    日本人に求められている力 創造力(クリエイティブ)
  5. 一眼レフ・デジカメ・ビデオ

    SONY α7SII ミラーレス 一眼レフカメラ
PAGE TOP