日常&自己啓発BLOG

ブログのタイトルが重要な理由!

こんばんは。ヨシヒコです。

 

今日は数多くのブログがインターネット上にある中で、どうやってあなたのブログを見つけてもらうか?

という話です。

 

例えると、週末に開催されるプロ野球の試合で多くの観客が押し寄せたドーム球場のなかで、ひときわ目立つ看板や人。

 

そんな存在になるためにどうするか?ということです。

 

無数に存在するURLの中から、あなたが発信するブログをみつけてもらいブログを読んでもらうためのひとつの方法です。

 

どんなに一生懸命ブログを更新しても、読者があらわれない限り単なる日記です。
(僕の過去記事もほとんどが日記なのでアクセスが少ないです)

 

きれいに体裁を整えた素晴らしいブログも、自己満足だけのもったいない媒体になってしまうのは悲しすぎます。

 

せっかくなら、多くの訪問者に見てもらい、あなたの「価値」を届けてもらいたい。

 

無視したくてもできないブログを作成していきましょう。

 

 

 

ブログを作成するにあたって、まず一番気を使うべきところは「タイトル」です。

 

これはブログだけじゃなくて、メールマガジンなんかも同じです。

 

 

まずは「タイトル!」

 

 

ここで先を読んでみよかどうかを読者は決めますよね。

 

僕もあなたもネット上の情報を拾う場合は、タイトルで先を読むかどうかを瞬時に判断してるはずです。

 

なので、新規の読者を集めるためにはタイトルに興味・関心をもってもらって、先を読んでもらうことが何よりも大切です。

 

タイトルによっては1秒でスルーされてるとも言われていますからね。

 

 

この一瞬に「ちょっと読んでみようかな」と思ってクリックさせたら、まずは成功です。

 

実際とても難しいことですが、ブログのタイトル選びに使えるキーワードはこんな感じです。

おそらく、このようなタイトルがついたサイトを僕もあなたも無意識にクリックしてるはずです。

 

  1. 知ってますか?〇〇〇の訳
  2. 〇〇〇を知ってますか?
  3. 〇〇が教える〇〇のアドバイス
  4. 〇〇の理由
  5. なぜ〇〇なのか?
  6. 〇〇する方法
  7. 1番〇〇なのはコレ
  8. 〇〇が選ぶ〇〇

 

適当に列挙してみましたが、基本的にネット上で検索してるということは、何かを知りたくてキーワードを入れて情報を集めていることがほとんどです。

 

今回のブログタイトルは、4の〇〇の理由」を使った「ブログのタイトルが重要な理由」です。

 

 

人間には「知りたい」という欲求が必ずあります。

 

心理学的にも人間の知的好奇心をくすぐるワードは有効的だと言われていますし、人間の本質部分ですから間違いないですね。

 

インターネットの世界には、良くも悪くも多くの情報が散乱しています。

 

そのなかで興味をもってもらうには、人間の欲求にダイレクトに響くようなタイトルが必要です。

 

読者がゼロのブログは残念ながら価値もゼロですになってしまうので、読者が思わずクリックしたくなるようなタイトルを考えましょう。

 

余談ではありますが、「タイトル」が必要ない情報発信のスタイルがTwitterやFacebookなどの「SNS」です。

この手軽さと心理的障壁を取り除いたことで、爆発的な人気を得るキッカケになりました。

 

だから・・・

 

タイトルさえ付ける習慣ができると、誰でもブログができるってことですね。

 

ニジマス釣行 十勝川!前のページ

ブログのリピーターを増やすための工夫とは?次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発BLOG

    これからの日本がヤバい!!!

    なにかと話題になる今後の日本の行く末。個人…

  2. 日常&自己啓発BLOG

    多動力を育てる通信制高校「ゼロ」開校!教育の変化!

    10月1日に開校したホリエモンこと堀江貴文さんが主宰の学校がついに…

  3. 日常&自己啓発BLOG

    他人に迷惑をかけないなら、どんな生き方をしたって良いと思う!

    人それぞれ色んな生き方がある。他人がどう生きようが、子供がどう…

  4. 日常&自己啓発BLOG

    北海道 春の高校野球が開幕!

    ここ北海道十勝もようやく気温が20度を上回り少しずつ夏を感じていま…

  5. 日常&自己啓発BLOG

    成長しない人の共通点は・・・

    こんにちは。ヨシヒコです。成長しない人の共…

  6. 日常&自己啓発BLOG

    年末年始の休業初日!体調管理だけはしっかりしないとな〜

    来週いっぱいまでの連休が始まりました。ゴールデンウィーク、シル…

アーカイブ

PAGE TOP