ブログ

エジソンの名言から学ぶ子供の素晴らしさ

こんにちは。ライターのヨシヒコです

 

「努力」

って言われると苦痛なことをイメージする人が多いけど、みんな努力できるだけの能力は持ってるはず。

 

小さい頃なんて何が楽しいかも分からない状態で、単なる好奇心だけで突っ走る。

 

それがやがて楽しいことになったり、知らないうちに熱中しちゃったり。

 

 

でも、

大人になるとそれがなかなか・・・。

 

変に利口になってしまって、やる前から、行動する前から、その先がどうなるのかを想像する。

 

まだやったこともない未知の世界でも、それなりに情報を持っているから、ある程度の検討はついちゃうんですよね。

 

 

でも、

 

子供たちにはコレがない!

 

 

それなのに・・・

 

 

可能性があることでも大人は子供を否定してしまう。

「できるわけがない・・・」

 

 

そんなのね、

 

やってみないと分からないわけですよ。

 

 

しかも、やったことがない大人が否定するから問題なんだよね。

 

 

逆に、

 

自分がその道のスペシャリストの人ほど、子供たちの可能性を肯定できるんじゃないかって思います。

 

 

トーマス・エジソンの名言に

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」

というのがあるけど、子供たちは夢中になれることなら99%の努力はします。

 

 

ただ、

 

1%のひらめきに出会えるかどうか???

 

そのために大人が力を貸すべきだと思うんですよね。

 

 

大人に限って一生懸命に無駄な努力をしていたり・・・

 

 

いわゆる「固定観念」っていうやつね。

 

 

こうなるはずだ!

 

っていう思い込みで努力することはできる。

 

 

でも、それで結果が出ないと次の挑戦を諦める。

結局は居心地のいいコンフォートゾーンに収まればいいという考えに陥ってしまう。
楽なコンフォートゾーンを抜けるエネルギー

 

大人の課題は

「固定観念をぶっ壊す!」

 

ですね。

 

 

子供たちにはそれがないですから、次々に課題をクリアするための情報に飢えている。

 

大人だってこういう意識を持つだけで、もっとアクティブな生き方ができるんじゃないかな?

 

 

決まった時間に起きて、決まった時間に仕事して、決まった時間に帰ってきて、決まったルーティーンをこなして寝る。

 

刺激無いよね。

 

今日は何を得ましたか?

上司や顧客の愚痴ですか?

 

この繰り返しでは精神的に疲れてくるし、人間的な成長も見込めない。

 

いくら仕事を頑張ってるとはいえ、これから機械に奪われる仕事やリストラの対象になる働き方では、その頑張りが無駄になってしまうことさえある。

 

極端な例だけど、税理士などの国家資格を所有しても、仕事がないかもしれない。
弁護士だって訴訟の数がバブルの頃と比較して激減してるから、平均年収が一般サラリーマンより低い人もいる。

 

人気のある実績のある弁護士にはどんどん仕事が流れてくるかもしれないけど、資格ひとつでは何にもならない時代に突入してきてる。

 

いっときは「資格さえあれば」みたいな世間の風潮もあったけど、いちばん得したのは「ユーキャン」などの教材販売会社ですね。

 

ブームが過ぎ去れば「資格取得」のCMすら無くなる。。。

 

広告費をかけるだけのリターンが無いってことです。

 

 

多くの国民が気づいてる。

「資格」だけじゃどうにもならないって。

 

福祉や病院に関わる資格は、今後も需要が見込まれていますけどね。

 

 

なんだかんだで最終的には「資格」よりも「スキル」を持ってるかどうか?

 

個人の力が試される時代を迎えてますからね。

1%のひらめきと99%の努力があれば天才になれる(笑)

 

努力は誰でもできるけど、1%のひらめきが・・・。

 

そのための「情報収集」と「行動」が求められていますね。

 

 

楽なコンフォートゾーンを抜けるエネルギー前のページ

生き方を少し変える時間の投資次のページ

関連記事

  1. ブログ

    平成最後の大晦日 穏やかな十勝晴れです

    昨日は後輩たちが遊びに来てくれて楽しい時間…

  2. ブログ

    子供を守れる日本になってもらいたい!

    両親から虐待を受け、それを守らないといけない立場の大人が守って…

  3. ブログ

    こんなことで処分される日本の教育現場の現状

    「頭にボール当たったら死ぬぞ!」金沢龍谷高校の野球…

  4. ブログ

    調子がいいときは誰だっていろんな人が寄ってくる!

    誰だって人生の中で浮き沈みがあるのは当然のこと。いい時に寄って…

  5. ブログ

    気合い入れて整理整頓!

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。今日は…

  6. ブログ

    学校では教えてくれない太平洋戦争の真実!

    太平洋戦争(第二次大戦)が終わった1945年8月15日。日本で…

アーカイブ

PAGE TOP