カメラ用品

firestorage(ファイルストレージ) 重たい写真データをURLひとつで共有!これは便利!

昨日は某雑誌編集者の方とメッセンジャーのやり取りをしてました。

写真データをどうするか?

ってことです。

 

僕としてはDVDに入れて送ろうと思っていたのですが、すごく便利な方法を教えてもらいました

時代ですね〜

 

編集者の方が重たい写真データの送受信に使っているサイトということで、さっそく使ってみましたよ。

 

これね、友達と釣りに行ったりした時に大量の写真を撮るでしょ?

まぁ大量じゃなくてもいいし、釣りじゃなくてもいいんだけど、
データ量が多いとWi-Fiがあるところでアップロードしたいし、LINEやFacebookなどで送信するとデータ量が下げられて画質の悪いものになってしまうんだよね。

 

これさえあればWi-Fi環境があるところで、割り当てられたURLの場所にアップロードして、
アップロードされたURLに他人がアクセスすると生のデータにそのままアクセスできるという優れもの。

 

例えばだけど、僕が釣行の際にみんなの写真を撮ったとする。

一眼レフだからデータ量も多い。

だけど、僕がサイトに割り当てられたURLに大量に写真をアップロードして、
そのURLを釣友に教えて、釣友が必要な写真だけ各自でダウンロードしてもらうことができる。

 

これってめちゃくちゃ便利じゃないですか?

 

友達と旅行に行ったりした時も、お互い撮った写真をアップロードして、割り当てられたURLを教えるだけでアクセスできるしダウンロードもできる。

 

写真データをわざわざCDやDVDに入れて送付する必要はなく、ネットワークを使えばほぼ無料でデータを渡すことができる。

 

ちょっと感激してしまいました。

 

ってことで、使い方を簡単に解説しておきますね。

 

 

サイトのURL

http://firestorage.jp/

「ファイルストレージ」のサイトアクセスして

「アップロードスペースを作成する」にチェックを入れます。

 

アップロードスペースを作成する

チェックを入れると下図のようになります。

次に「開く」をクリック。

 

アップロードする

「移動する」をクリック。

 

「ファイルをドラッグしてアップロード もしくはダブルクリックで切り替え」

という部分に僕は「ドラッグ&ドロップ」アップロードさせました。

「ファイルを選択してアップロード」だと、フォルダのまま選択できなかったような気がします。

 

 

QRコードかURLを記録する

他人にアップロードしたデータにアクセスしてもらえるように、
スペースのQRコードスペースのURLを記録しておきます。

スペースのURL「表示」をクリックすると出てくるので、こちらをコピーしてメモか何かに貼り付けておきましょう。

 

以上で完了です。

 

さっそく使ってみましたが、無事にデータは送信されていました。

 

今年はこれで釣友に写真データを送ろうと思います。

ザウルスの2度目の倒産。知らなかったわ〜情報不足・・・そして復活??前のページ

2019 フィールドハンター NEWカラー次のページ

関連記事

  1. カメラ用品

    SONY α7SⅡ アプリケーション インストールができない

    Wi-Fiで一眼レフカメラが繋がったので、まずはスマートリモコンを設定…

  2. カメラ用品

    SONYフルサイズミラーレス一眼!α7Ⅲの購入を決めた参考動画!

    どうも、ヨシヒコです。ほとんどの人にとって、情報収集するのに欠…

  3. カメラ用品

    愛機 Nikon D600 まだまだ活躍してもらいます!

    一眼レフデビューはNikon D70なんか良い写真として残せる…

  4. カメラ用品

    Nikon D600 ローパスフィルター無償修理

    ずっと愛用してきたNikonのD600が風景と撮るとゴミがひどい!!!…

  5. カメラ用品

    SanDisk サンディスク 64GB 一眼レフに最適なSDカード ネット通販は安い!

    SONYのα7SIIを購入したこともあって、これから動画を撮影する機会…

アーカイブ

PAGE TOP