サケ釣りでルアー単体は難しい?攻略方法はあるけど・・・

昨年から本格的に始めた
サケをルアー単体で攻略する試み!

 

オーソドックスなウキルアーシステムから

エサを無くしたウキルアー。

タコベイトを無くしてウキのみを使うウキルアー。

 

そして、

ウキも無くして本来のルアーフィッシング!

 

ここにたどり着くまでに数年を要して
カラフトマスのルアーフィッシングを
そのまま持ち込んでも行ける!

 

と確信したシーズンもあったんだけど、
本格的に始めた昨年からは
思うような釣果を得られない・・・

 

なぜだ〜

 

ってことで、

いろんな情報や実践結果から
僕なりに結論がでたのでまとめ。

 

岸寄りしたサケは捕食しない

これはよく知られてることですが、
基本的に遡上するサケ・マス類は
岸寄りしてからは捕食しません。

 

理由は

沖にいる段階で産卵に備えてたっぷりと栄養を蓄えてるからなんです。

 

河口周辺にいるのは遡上前に身体を慣らしている状態。

岸寄りしたタイミングでは消化器官が小さくなるので
捕食しなくても平気でいられる。

 

なので、

栄養を蓄えるための捕食はしないというのが一般的です。

 

サケの釣りでエサを使ってるのはなぜ?

でも、

 

でも、

 

「エサを使って釣れてる人が
たくさんいるじゃないですか〜」

 

ってめちゃくちゃ思う。

 

サーモン科学館だったかな?

水槽でのエサやり実験をしたら
基本的に捕食しないと言われてるサケ・マスが
サンマの切身には反応を示すとか。

 

他の切身は分からないけど
サケ・マスの釣りでは
ソウダガツオやフクラギ、
赤く染めた紅イカを
エサにしてる人もいる。

 

聞いた話ではサンマをエサにするのは勿体ないから
外道で釣れたウグイやアメマスを塩や海老粉に漬けて
エサにしてる人もいる。

 

ということは、

 

切身などから出る匂いなどの成分によって
サケ・マスは捕食する場合があるという結果だと思います。

 

この特性を利用して釣るのが

「ウキフカセ釣り」

ということですね。

 

エサが無くても釣れる理由

遡上するために岸寄りしたサケ・マスは
非常に気が立っている状態だと聞いたことがあります。

子孫繁栄のために天寿を全うする最後の大仕事ですからね。

 

人間の「命をかけて」という気構えと同じ状態。

 

そう捉えると、
邪魔するやつを威嚇したり攻撃するのは当然のこと。

 

 

つまり、

人間なら言葉や腕力で威嚇や攻撃ができるけど
魚は「口」や「身体」を使ってしかできない。

 

その特性があるから「ルアーに反応する」ということです。

 

なんでルアー単体だと釣れないの?

そう、コレなんですよ。

なんでルアー単体だと釣れないんだ〜

 

って叫びたくなるほど釣れない。

 

これには難しい理由があるんです。

 

先ほども書いたように

「邪魔するやつを威嚇したり攻撃する」

という部分です。

 

「邪魔なやつを排除しようとする特性」

ですね。

 

ウキルアーの最大のアドバンテージは
重いルアーを使っても

「一定のタナをキープできる」

「スピードを自由に変えられる」

この2点です。

 

ルアーフィッシングは

「レンジ・アングル・スピード」

の3要素が非常に重要になってきます。

 

これは、他の釣りでも同じですね。

 

このうちの2つを簡単に設定できてしまうのが
ウキルアーシステムのメリットです。

 

このメリットが僕にとって楽しくない(汗)

 

だから純粋なルアーフィッシングにこだわって
今回の記事になったんですが・・・

 

 

まぁその話は置いといて。

 

基本的に魚は上が見えるようになっているので
魚より下にルアーがあっても気づいてもらえません。

 

なので、

ウキを使えば表層をリトリーブすることができるので
魚の視界にルアーの存在をアピールできる。

 

表層をリトリーブするだけならルアー単体でもできるでしょ?

 

って思われるかもしれないけど、
もう一つ重要なのがスピードなんです。

 

岸寄りしたサケは川から流れ込んでる真水に
身体を慣らしてる状態。

その理由からなのか
ゆっくりと群れで泳いでいるのをよく見かけます。

 

このスピードに合わせてリトリーブすると
ゴロタ場で遠浅の知床では
軽量ルアーと言われる5g7gでも

沈んでしまって根がかりが頻発してしまいます。

 

かと言って、表層だけを意識すると
リトリーブのスピードが速くなり
サケの泳ぐスピードに合わすことができない。

 

時々リフトさせてやれば問題ないでしょ?

と思われるかもしれないけど、

一定のレンジをキープさせる必要があるんです。

 

ウキを使うとこの2つの問題が
簡単にクリアできてしまうところが
ウキルアーで釣れるポイントです。

 

サケのルアーフィッシングで抑えておくポイント!

サケの特性を利用して攻略するルアーフィッシングをまとめると
レンジとスピードの2点です。

 

サケは威嚇する必要があると認めたターゲットに
口を使って攻撃します。

 

では、威嚇する必要があると感じさせるためには
どうしたら良いか?

 

目の前にユラユラとルアーを通過させる!

です。

 

人間の動作を例にすると
夏に多発する虫が頭部周辺をブンブン飛び回っていたら
手で追い払おうとしますよね?

コレがサケにとって口を使う行為です。

 

また、

虫が自分に飛んでくるかな〜と思っても
勝手に違うところに飛んでいったら
わざわざ手で追い払うことはしませんよね?

ましてイラつく虫ですから
自分から追いかけることもない。

 

だから、

サケにとっても自ら泳ぐスピードより速いルアーは
威嚇されてるわけじゃないので
追いかける必要がないわけです。

邪魔者を排除するという特性なので
わざわざ遠くにあるものを追いかけて
攻撃する必要もない。

 

だから、

泳いでるレンジ(水深)が同じ状態で
ルアーがユラユラと目の前を通過するなど
イライラさせる要因があると

威嚇する必要があるけど

必要以上に上下に動いてるものは
威嚇の対象というよりは避けようとする。

 

なので、

一定のレンジを一定のスピードでリトリーブする。

 

そうやって

サケをイライラさせて
威嚇する必要のある存在を演出する。

 

これがサケのルアーフィッシングで必要なこと。

 

これに捕食する可能性のあるエサをつける
マジで最強!!

 

オーソドックスなウキルアーシステムは
サケの特性を最大限に引き出して釣り上げる
これ以上ないシステムなんですね。

 

恐るべし・・・。

 

ルアー単体での攻略は多くの条件が必要!

以上のように海でルアーのレンジとスピードを一定に保つには
波と潮の流れがポイントになります。

泳がす方向に逆らってくれると
ルアーが浮いてくれるので
少しは攻略の目処が立つのですが
それが逆だと難しい。。。

 

過去にヒットしたパターンを分析すると

キャスト直後か2・3回リフトさせた時。

または、波打ち際でステイさせた(止めた)時。

 

あとは、

波と潮の流れでゆっくりリトリーブできる時くらいです。

 

それをどうやって実現させるか?

 

テクニックと条件が重なり合わないと
非常に難しい釣りですね。

 

まだ他にも釣れる条件釣れない条件はあるとは思いますが
僕なりの分析はこんな感じです。

関連記事

  1. F&O 関連ブログ

    ヤマメ アワビシートでスマホカスタム

    今年発売されている、タックルケースなどに貼れるアワビシート!…

  2. F&O 関連ブログ

    シマノ フィッシングカフェ 釧路湿原の特集

    Facebookのタイムラインを見ていたらシマノ・フィッシングカフ…

  3. F&O 関連ブログ

    2016年8月31日 十勝 台風被害 河川状況

    現在の十勝の様子を身近な河川ごとにまとめてみました。十勝川の千代田…

  4. F&O 関連ブログ

    雨が多い今シーズン!十勝の河川はしばらく釣りになりませんね!

    いつも通勤で通る橋の上から十勝川の様子を見ると、しばらく無理ですね〜…

  5. F&O 関連ブログ

    十勝はすでにアキアジ釣りが盛り上がっているようです!

    昨日の釣行時も、沖の方で跳ねているのはアキアジですね〜なんて話…

  6. F&O 関連ブログ

    2018年爆上げの期待が大きいコインを無料配布!

    AirDrop(エアドロップ)と言って上場前に流通させる目的で配布…

アーカイブ

  1. ワードプレス

    ロリポップからセキュリティの連絡が来ました!
  2. 釣行ブログ

    カラフトマス 知床 アキアジの比率が多くなってきたのに・・・
  3. F&O 関連ブログ

    知床カラフトマス2019初戦!雨の影響が心配・・・
  4. おすすめ書籍

    「新世界」言葉の大切さ
  5. ライティング

    「意義」と「本質」の理解が深い学びの動機となる!
PAGE TOP