雑誌・書籍

生き方を少し変える時間の投資

こんばんは。ライターのヨシヒコです。

 

 

何年ものあいだ、私は自分が”ひどく”忙しいと思いこんでいた。

 

心の中では、

他の「誰よりも忙しい」に違いない・・・

 

とさえ思っていた。

 

 

人にも

「今、めちゃくちゃ忙しいんです」

と言っていた。

 

 

大丈夫ですか?

 

と心配されると、ため息とともに

「参ったよ」

 

と大げさな答えを返していた。

 

 

とても忙しいというストーリーを語り続けるのを、私は自分に許していた。

 

 

なぜなら、それによって自分は重要人物なのだという、間違った感覚をもつことができたからだ。

 

情けない話だが・・・。

 

 

だがある日、突然ある考えが私を襲った。

 

 

それは、

私が知っている中で最も成功している人々は、忙しいとこぼすどころか忙しいという言葉を口にすることすら決してない、

という考えだ。

 

それだけではない。

 

 

この人々は日々の暮らしで、自分の身に起きていることを他人に話すこともないように見えた。

 

彼らは少なくとも、私と同じくらい「忙しい」人々であり、私よりも多くの責任をおっている人びとだった。

 

 

問題は忙しすぎることではない。

自分の状況をコントロールしていないことなのだ。

 

重要なのは自分の問題をコントロールすることだ。

 

それができるようになれば解決策を見いだせる。

 

したがってまずやるべきことは、忙しすぎるとか時間が足りないとこぼしてしまう自分の甘えを克服することだ。

あなたは被害者ではない。

あなたは仕事を任されている。

あなたは有能なのだ。

 

自分の時間を使って、何を行い、何を行わないかを決められるだけの力があなたにはある。

 

自分の問題をコントロールできるようになれば、解決策を見いだせる。

 

by ロリー・バーデン

 

 

優秀であるがゆえに毎日仕事に追われている?

責任ある仕事だからか?

 

もしあなたも、かつての彼と同じ悩みを持っているなら「本当にやるべき仕事」だけが自動的に残る、この仕組みを手に入れてください。

↓↓↓↓

時間を増やし、人生を変える「5つの許し」

 

 

 

エジソンの名言から学ぶ子供の素晴らしさ前のページ

アングラーズデザインが破産手続準備???倒産???次のページ

関連記事

  1. 雑誌・書籍

    「新世界」言葉の大切さ

    西野亮廣さんの「新世界」すでに3回読み終えたところです…

  2. 雑誌・書籍

    「幻の野生」イトウ走る いい本ですね!

    HTBで過去に放送されたMIKIOジャーナルを偶然ネットで見かけた。…

  3. 雑誌・書籍

    死ぬこと以外かすり傷!著者の 箕輪厚介さんが飲みながらホリエモンチャンネル!

    芸人ヒロシさんに続いて、僕の中でヒットしている箕輪厚介さん。「…

  4. 釣行関連ブログ

    ノースアングラーズ5月号 支笏湖の釣り方

    タイトル通り、千歳市にある「清竿堂」の二橋さんが解説してくれてる支…

  5. 雑誌・書籍

    「新世界」という名の「次世代」が見えてくる

    時代は繰り返す!確かにその通りだな…

  6. 雑誌・書籍

    雑誌 トラウトルアー北海道!ランカーズ釧路の佐々木さんが監修。

    今日は病院に行く用事があり、朝8時から行動。釣りじゃないのに・…

アーカイブ

PAGE TOP