日常&自己啓発BLOG

浜田省吾「J.BOY」掲げてた理想も今は遠く

アーティストの浜田省吾さん。

若い人たちは知らないかな?

 

僕が初めて知ったのは小学生の頃。

ちょうどドラマを見るようになった年頃で、1992年にフジテレビで放送されていた『愛という名のもとに』の主題歌で「悲しみは雪のように」を聞いたのが最初。

 

脚本は野島伸司さんで、出演者が鈴木保奈美さん、唐沢寿明さん、江口洋介さんなど。

大学のボート部で青春時代を過ごすストーリー。

エンディング曲が「愛という名のもとに」だったはず。

社会人になって同僚の先輩と浜田省吾の話になって、
「この歌に支えられたんだよ〜」
と言われて知った歌が「J.BOY」という曲でした。
発売は1986年9月4日。
僕はまだ5歳の時だから知らなかったけど、歌詞を見ると30年以上たった今も、心に染みる歌詞だなと思います。
まだJ.POPとかJリーグとかJAPANの省略に「J」を使っていなかった頃に発売されたのが『J.BOY』だとか。
日本の若者、サラリーマンの思いを代弁した良い曲です。
特に
掲げてた理想も今は遠く」
「果てしなく続く生存競争 走り疲れ」
は男なら一度は感じる部分かなと思う。
理想高く社会に出たけど理想とはかけ離れていたり、
縦の社会構造では上に立つためには競争を強いられる。

 

 

仕事終りのベルに
とらわれの心と体 取り返す 夕暮れ時
家路たどる人波
おれはネクタイほどき
時に理由もなく叫びたくなる 怒りに
J.Boy 掲げてた理想も今は遠く
J.Boy 守るべき誇りも見失い J.Boy
J.Boy
果てしなく続く生存競争 走り疲れ
家庭も仕事も投げ出し 逝った友人
そして おれは心の空白 埋めようと
山のような仕事 抱えこんで凌いでる
J.Boy 頼りなく豊かなこの国に
J.Boy 何を賭け何を夢見よう
J.Boy…I’m a J.Boy.
J.Boy…
J.Boy…
午前4時 眠れずに 彼女をベッドに残し
バイクにkey差し込み 闇の中 滑り込む
すべてが消え去るまで 風を切り 突走る
J.Boy.
でも、少しずつだけど縦の社会は崩れてきてる。
頼りなく豊かなこの国に 何を賭け何を夢見よう」
豊かになったけど、これから先は国に頼って生きていくことはできない。
自分は何を賭け何を夢見ようか?
30年前は縦の社会構造で生きるしか方法はなかった。
その苦しさがあったけど、これからは違う。
固定観念は悪になり、イノベーションが重んじられる。
30年前に比べたらテクノロジーの進化は目覚ましい。
この歌詞にある苦しみから、気づいた者だけが解放されていくのだろう。
にしても、「J.BOY」は染みるわ〜
って感じで、最近よく聞いてます。

イチロー×豊田章男×小谷真生子  他人の基準じゃなくて自分の基準前のページ

1月もすでに前半が終了。時間は待ってくれない!次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発BLOG

    生き方を少し変える時間の投資

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。&nbsp…

  2. 日常&自己啓発BLOG

    憲法9条!変えないことの方がおかしいよね。

    元英国首相マーガレット・サッチャーは、「政治・経済・国際問題に…

  3. 日常&自己啓発BLOG

    Noah Wallet(ノアウォレット)の作成方法

    AndroidとApp StoreでダウンロードできるNoah w…

  4. 日常&自己啓発BLOG

    主力選手は考えながら生活してる

    上手い選手と下手な選手の差はどこに現れるか?僕個人はユニフォー…

  5. 日常&自己啓発BLOG

    資格がいらないこそ差が出るんだよね!

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。職業に…

  6. 日常&自己啓発BLOG

    デジタルネイティブ世代に遅れをとらないように。

    SNSは個人同士で繋がりを作るにはとても便利なツールですよね。…

アーカイブ

PAGE TOP