フィッシングBLOG

いつかはキングサーモン!神谷さんのアラスカ釣行に興奮。

どうも、ヨシヒコです。

 

今週末は愛犬と家でゆっくり過ごしながら、来週以降の準備をしています。

 

 

すでにカラフトマス釣行は終えて、サケ釣りも一回くらいは・・・

 

 

と思っていたけど、

 

今月はとりあえず地元にいるかな?

 

 

来月あたりにタイミングが合えば、一度くらい行ってみようと思います。

 

 

 

家でゆっくり過ごすと言っても、銀次郎と咲希は寝てばかり(笑)

 

必要なのは散歩の時だけという感じですね。

 

 

あとは、お腹が減った時くらいか・・・

 

 

まぁそんなもんだよね。

 

 

 

だって、

 

平日は僕らが仕事に行ったあと、ほぼ寝てるだけのルーティーンだから。

 

 

そんな時は釣具の整理をしながらYouTubeで暇つぶし。

 

 

たまたま、

旭川在住の神谷さんが、アラスカでキングサーモンを釣るという動画が目についてしまった。

 

前編と後編。

 

最後にリンクを貼っておきますね。

 

 

いやー、ファイトシーンの息が切れる状態。

 

足場もそうだし、あの太い流れの中からメーターオーバーを寄せるって、とんでもない体力の消耗だなって思います。

 

 

釣り人と言えど、筋力トレーニングは必要だってことですね。

 

 

僕なんて、カラフトマスを立て続けにヒットさせただけで、右腕がパンパン(笑)

 

いつかは釣ってみたいキングサーモンだけど、今の筋力では勝負にならないかもしれないな〜。

 

 

でも、

 

死ぬまでにはメーターオーバーのイトウとキングサーモンは釣ってみたい。

 

陸からメーターオーバーが狙えるターゲット。

 

 

こういうのを考えるだけで楽しくなる。

 

アングラーあるある。

 

 

神谷さんがスプーンでキングサーモンをヒットさせたシーンなんか、こっちも自然と力が入るし、ランディング時は勝手に笑みがこぼれる。

 

仲間の釣果も、周囲で誰かが釣った時も、同じように興奮できる釣りって素晴らしい趣味です。

 

現実的に、直近のターゲットはアキアジくらいか(笑)

 

いや、

 

 

河川のニジマスかな(汗)

 

秋は支笏湖のモンスターブラウンも挑戦したいし、やりたいことはたくさんある。

 

 

毎年思うけど、今年も始まったと思ったら2021年も残りわずか。

 

 

こうやって1年が終わる。。。

 

 

もう2021年のカラフトマス釣りが出来ないように、

 

1年、1年と、年齢を重ねていく。

 

 

人間だから、いつか出来なくなる日がくる。

 

 

 

そう思うと、いつでもできるなんて考え方にはならない。

 

ただただ、後悔しないように生きたいと思う。
 

2021年最後のカラフトマス釣行!2日目はトンデン14gで58センチのセッパリ。前のページ

迅速なFishmanカスタマーセンター。2日で手元に戻ってきたLOWER8.6L。次のページ

関連記事

アーカイブ

PAGE TOP