ライン

PEとショックリーダーの結束。スッポ抜けが多い方にオススメのノーネームノット!

PEラインが主流のなか、ショックリーダーは欠かすことのできないアイテム

その時に困るのが、どうやってPEラインとショックリーダを結束するか?

 

いろいろ試行錯誤しながらこれ!

というノットに落ち着いているアングラーさんもいれば、まだ試行錯誤中という方もいらっしゃるかもしれません。

僕もいろいろ試してきましたが、一番いいなと思っていたのが使っている人も多いFGノット!

 

でも、しっかり編みこまないとすっぽ抜けることが多いようです。

僕もライターで炙ってコブを作るようになってからは問題なかったのですが、冬の釣行で結束し直す時に寒くてライターがつかない・・・

 

なんて経験をしまして、それからすっぽ抜けない結束強度の高いノットを探して、ここ数年はノーネームノットを愛用しています。

 

ノーネームノットと言っても他にもいろいろあるようなのですが、僕はFGノットがさらに抜けないようにしている、こちらの結束方法に絶大な信頼を置いています。

 

せっかくヒットした獲物が結束の問題で逃してしまうほど悔しいものはありませんからね。

 

FGノットですっぽ抜けが度々ある方には、是非とも参考にしてもらいたい方法です!

サーモン用のフックでも準備しよう!前のページ

雑誌 トラウトルアー北海道!ランカーズ釧路の佐々木さんが監修。次のページ

関連記事

  1. ライン

    PEラインのトラブル?ファイヤーラインを勧める理由!

    サーモンフィッシングとトラウトフィッシングで長年愛用しているファイ…

  2. ライン

    バークレー やっぱりファイヤーラインだよね!

    ショアからのキャスティングラインについて、数年前までどこのPE…

  3. ライン

    ナイロンラインに対する知識を深めないとダメだね。

    大月釣具さんに寄ってナイロンラインを購入。もちろん、モーリスさ…

  4. ロッド

    キャスト時にラインブレイク(高切れ)。原因はいろいろ!

    お気に入りのルアー、購入したばかりのルアー、思い出のあるルアー、決…

  5. ライン

    スナップだけ?ローリングスイベル付き?ラインとルアーによって必要だね!

    昨日は午後から釣行しようか迷いましたが、来週末に釧路で結婚式があるので…

アーカイブ

PAGE TOP