日常&自己啓発BLOG

どちらが正しいのか?考えるほど消耗するだけ!

こんばんは。ヨシヒコです。

 

 

この人勘違いしてるから、分からせないとダメだ!

 

そう思った経験は誰にでも1度や2度はあるんじゃないでしょうか?

 

 

僕も以前は頻繁にありましたが、そのほとんどは対立して終わりです。

そのストレスといい、後味の悪さといったら・・・。

 

20代の頃は視野が狭くて真っ直ぐだったから、自分のことが正しいと思い込んでる部分もありましたね。

 

でも、何度も繰り返してるうちに、自分の判断が正しいかどうかすら分からなくなってきた時にふと思ったんです。

 

「みんなそれぞれの世界で生きてる!」

 

だから「押し付ける」というのは通じる訳がないんですね。

 

それは、子供の教育においても同じだと思います。
ストレス耐性は幼少期の過ごし方が関係してる!

 

着地点のない対立をしたところで、自分自身が消耗するだけ。

 

しかも、僕たちのが受けてきた教育的背景の影響からか、「批判」に関してはいくらでも出てきてしまう。

 

そう、愚痴を含めてネガティブな要素は簡単に見つけられますよね。

 

 

だから「批判」や「ネガティブ」には価値が無い。

 

 

だって、

 

誰でもできるから。

 

 

そんな価値のないことに時間を割いていることのほうがストレスになる。

 

モノゴトは捉え方しだいだからね。

 

 

でも、本当に無駄なストレスになる。

 

エネルギーにならないイライラのストレスは、人生の時間すらも縮めてしまいかねない。

 

 

これ、

 

誰が幸せになりますか???

 

 

僕もあなたも周りの人も、誰も幸せになんかならない。

 

人を助けるために悪に対して言うことはある。

 

でも、メリットが何もないのに、わざわざ対立する場を作らなくてもいいね。

 

単なる時間の無駄だし、時間の無駄というのは人生の時間を無駄にしてるってことになってしまうから、命を粗末にしてることと同義になってしまうよね。

 

 

まずは自分のため!

そして、身近な人のため!

 

この順番も大切なんだよね。

 

犠牲心の美学もあるようだけど、これ間違いね!

 

自分が不幸になっても他人を幸せにするなんて、本当に馬鹿げてる。

 

 

だから、時間を大切に生きるためにも、他人へ向けたネガティブな時間より、自分自身がポジティブに生きながら周囲に明るさを振りまける存在になることが必要なんだと思います。

 

楽しいことはみんなで楽しむべきだし、

「くれくれ精神」

よりも

「なんでも与えるよ〜」

ってスタンスが長い先をみると大切ですね。

 

 

対立などの消耗に自分の時間や労力を使うことに意味はありません。

 

自分の人生を豊かにするために使うものです。

 

過去にどんなに酷い経験をしようと、過去の僕もあなたも、もう存在していません。

過去は過去ですから。

 

僕もあなたも、自分の定めた目標に向かって生きていくという選択しかなく、過去の僕たちは関係無いんですよね。

 

「これから、どう生きていくか?」

 

上手くいかないことが多いのは当然であって、大きな困難ほど解決の仕方次第で幸せになれる。

 

 

そう思って生きていくことが、1番大切なことではないでしょうか。

 

 

ストレス耐性は幼少期の過ごし方が関係してる!前のページ

資格がいらないこそ差が出るんだよね!次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発BLOG

    お互いを監視する社会の仕組みが挑戦を阻む

    ことわざの一つに「出る杭は打たれる!」っていうのがある…

  2. 日常&自己啓発BLOG

    普通という一番適当な言葉

    僕もよく使う「普通」という言葉。言葉というか「基準」なんだよね…

  3. 日常&自己啓発BLOG

    何かを始めるってことは、何かをやめるってこと。

    誰にも平等に与えられてる唯一のものって時間だなと。…

  4. 日常&自己啓発BLOG

    回復には2日かかるな〜 体は正直に年齢を重ねてる(笑)

    土曜日の飲み過ぎから、昨日は1日中体調不良!そして、今日も・・…

  5. 日常&自己啓発BLOG

    過去の教えや考え方は時代とともに変わるものだ!!

    変わりたいと思ってもなかなか変われない自分との葛藤は、誰でも経験がある…

  6. 日常&自己啓発BLOG

    雨が多い今シーズン!十勝の河川はしばらく釣りになりませんね!

    いつも通勤で通る橋の上から十勝川の様子を見ると、しばらく無理ですね〜…

アーカイブ

PAGE TOP