ニジマス

スチールヘッド 十勝川も夢はある!

テレビを見ない僕は、動画といえば YouTube!

って感じで、芸人ヒロシさんの「ヒロシちゃんねる」でソロキャンプを楽しむ様子を見てからというもの、暇さえあれば YouTubeを見ている今日この頃です。

昨日もフックを巻いて、そろそろシーズンインだな〜

なんて思いながらお酒を飲み、なんとなくYouTubeを開く。

 

辺見哲也さんが出てたキングサーモン釣行を一昨日に見ていたので、その関連動画として出ていたのが「スチールヘッド」でした。

場所はカナダ。

 

説明によるとメータークラスもいるし、ファイトはトラウトの中で一番だとか・・・

 

スチールヘッドといえばニジマス(レインボートラウト)の降海型

サクラマスヤマメの降海型ですね。

 

北海道沿岸はサクラマスが釣れるのに、なぜスチールヘッドがいないのか?

いないというより、釣れる数が極端に少ないという方が正しいか。

実際スチールヘッドらしき魚体を釣り上げている人はいる。

 

「らしき」というのもハッキリと見分けがつかないからなのか、インターネット上の記事を見てもハッキリと「スチールヘッドを釣った」とは書いていない記事が多い。

でも、単純に考えて十勝はニジマスの生息数が多いしサイズもでる。

 

だったらスチールヘッドがいても、なんら不思議なことではない。

 

釣行のタイミングなのか、生息してる河川の問題なのか・・・

 

十勝川は鮭の遡上が多いことで有名だけど、基本的に十勝川温泉近くにある千代田堰堤で足止めを食らう。
そこから上流にいくには、堰堤を登りきるか運よく魚道に辿り着いたモノのみ。

また、千代田堰堤より下にある十勝川の支流猿別川でも鮭の養殖が行われてるため、どちらでもそのほとんどが捕獲される。

 

だとすると、スチールヘッドが迷い込んだ場合は捕獲されてるだけで養殖はされていない。
十勝川を遡上するアメマスも同じように、捕獲された後はどういう扱いになっているのかわからない。

 

増えるとしたら鮭ばかりで、たの魚種に関しては減る一方なのか・・・

 

あくまでも個人的な考えですが。。。

 

あとは夏から晩秋にかけてサクラマスや鮭の遡上が始まる頃は、千代田堰堤より下で釣りをする人が少ない

というのも、

鮭の遡上が多く密猟者と間違われることを嫌うから???
あえて釣行を避ける河川にもなっているから釣果も聞かれないし、情報も出回らないからなのか。。。

 

でも、スチールヘッドが釣れる可能性はある!!

一時期はキングサーモンの養殖もやろうとしていた河川なので、千代田堰堤の横にある魚道監察室でメータークラスのキングサーモンを目撃している人もいる。

海外遠征の動画を見ても、そう簡単に釣れるターゲットではないことを考えると、十勝川にもまだキングサーモンが遡上しているかもしれない。(内水面で釣ってはいけない)

そして、スチールヘッドもいるんじゃないか?

 

昨日のYouTubeを見ながら一人で興奮してしまった次第です。

 

そんなわけで、来週は気温がプラスになるなら十勝川の下流域でも出没しようかなと。

釣れる釣れない、ターゲットがいるかいないか分からない。

だから想像を膨らませるし、釣れた時のことを考えるだけで興奮する。

 

幸せな趣味です。トラウトフィッシング!

#066 PART1】カナダの清流に棲む 憧れの魚 スチールヘッドを求めて

#067 PART2】カナダの清流に棲む 憧れの魚 スチールヘッドを求めて

 

シーズン間近!スイミングフックを巻く一日。前のページ

南十勝 楽古川のウキルアーによる鮭釣りも紹介されていましたね!次のページ

関連記事

  1. ニジマス

    十勝川支流 ニジマス釣行!本命以外が・・・

    振替休日の昨日は、同僚の先輩と川へニジマス狙い!前日に釣友が5…

  2. サクラマス

    雑誌 トラウトルアー北海道!ランカーズ釧路の佐々木さんが監修。

    今日は病院に行く用事があり、朝8時から行動。釣りじゃないのに・…

  3. アメマス

    久しぶりに糠平湖!アメマスとグイウーに遊んでもらいました!

    どうも、ヨシヒコです。朝の4時半にコンビニ…

  4. ニジマス

    3月19日 十勝川 今日もニジマスに会えるかな〜

    連日の最高気温が2桁続きで、毎朝通勤途中に橋から見える十勝川が昨日の時…

  5. サクラマス

    2017年 Cミッションにも新色登場

    Cミッションは、僕の中では手放すことのできない一番頼りにしているジグス…

  6. ニジマス

    屈斜路湖 2泊3日の初日はカスリもせず終了!欣喜湯に宿泊

    どうも、ヨシヒコです。今回の遠征は、ベイト…

アーカイブ

PAGE TOP