使用タックル

FIELDHUNTER(フィールド・ハンター)2021年のNEWカラー!

どうも、ヨシヒコです。

 

2021年のスタートは何も起きぬまま終わってしまいましたが、これからがハイシーズンですよね。

 

 

今年もフィールドハンターから新しいラインナップが登場しました。

 

 

まずは、Cミッション・ミディアムです。

昨年までは28gのリリースのみでしたが、35gが追加されました。

 

また、Cミッションも同様に40gが追加。

 

さらに、ケイムラ加工まで追加です!

 

ただでさえ飛行姿勢が安定してブッ飛んでいくのに大丈夫なんでしょうか?

 

キャスト時にルアーを見失ってしまうことが度々あって・・・

 

 

そんな心配をしてしまう(笑)

 

 

僕の目の衰えなんでしょうね(汗)

 

 

飛距離に関しては間違いありません。

 

 

日本海あたりでアドバンテージになるのかな?

 

 

ちなみに道東太平洋あたりだと、30g前後のルアーが気持ちよく投げられたら問題ないタックルセッティングだと思ってます。

 

 

ハードなタックルを使って遠投が必要な場面はそうそうないような気もしますが、多少ウネリがある場合にボトムを意識したトレースには使えるかもしれません。

 

 

僕は十勝のサーフで28gをメインに、18gも時々使う感じです。

 

 

 

確かにジグスプーンは気持ちよくキャストできる。

 

 

でも、個人的には波打ち際のブレイクにいるサクラマスを攻略したくなるんですよね。

 

 

そうなると、スプーンを使うことが多くなる僕のスタイルです。

 

 

 

その強い味方となるカラーがリリースされたことは本当に嬉しい!

 

 

道東で人気のブルー・ピンク!!!

 

そして、昨年のカラフトマスでちょっと???話題になったホワイトカラーがリリースされました〜!!!

 

ルアーマン701シェル
デベロップシェル

共に、今までのウエイトでリリースです。

 

正式名称は

B.蛍光ホワイト ピンク/オレンジ

蛍光ピンク/裏面クリアブルー

となっています。

 

 

珍しいホワイトがトラウトに違和感を与え、つい口を使ってしまう。。。

 

そんな妄想で使い始めたのがキッカケですが、本当に良く釣れる!

 

 

またクリアブルーと蛍光ピンクに関しては、

 

 

なぜこのカラーだけ???

 

 

というくらい、ルアー単体のサーモンフィッシングで実績を作ってくれました。

 

 

今シーズンも大好きなルアーを片手に、満足できる釣行を重ねていこうと思います。

 

30プリウスが新車購入時から9年8ヶ月で30万キロ達成!前のページ

オークリーサングラス!PITBULLのパーツ交換③レンズ次のページ

関連記事

アーカイブ

  1. ブラウントラウト

    支笏湖釣行!釣友が40センチのブラウントラウト!
  2. その他

    Fishmanの万能プライヤーはPEラインもよく切れる!
  3. カラフトマス

    知床カラフトマス遠征!デベロップの活躍で64センチ!
  4. 日常ブログ

    監視する社会の仕組み?「我慢」が美徳だと思っている人ほどが挑戦を阻む!
  5. アメマス

    週末は十勝川!間違いなく80のアメマスはいるはずだ!
PAGE TOP