フィッシングBLOG

第二十一北洋丸さんの投稿!サケマスの釣りを楽しむには知っておかなければならないことだと思いました。

どうも、ヨシヒコです。

 

Instagramでフォローしてるアカウントの
____masayoshi さん!

プロフィールのハッシュタグにあるとおり、知床斜里町の漁師さんだと思います。

ホームページはこちら!
第二十一北洋丸 北海道知床斜里町

 

最近の投稿を見て、これは一人でも多くの釣り人に知ってもらう必要がある!

そう思って記事にしています。

 

実際の投稿はこちらですが、全ての文章を止めながら見るのは大変かもしれません。

そう思って、文字起こしをさせていただきました。

実際の投稿を下に掲載しておきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masayoshi Ito(@____masayoshi)がシェアした投稿

「鮭釣り」について私たちが思うこと

最近、投稿やLIVEで

「漁師が鮭を獲りすぎているから釣り人が釣れなくなる」

というコメントをよく目にします。

面白い投稿じゃなくて申し訳ないのですが、

今一度私たちの思いを伝えたく動画にしました。

知床の環境は鮭の産卵に適しており、日本一の漁獲量を誇るほどの豊漁でしたが、

10年程前から少しずつ漁獲量が減り続け、近年は不漁が続いています。

そこで、漁師が稚魚作りや孵化放流費用を賄い、網の改良を続け、少しずつ鮭が獲れるようになってきました。

※知床で獲れる鮭の約8割は人工孵化させ、海に放流したものです

費用は莫大ですが、美味しい鮭を沢山の人に届けたいというプライドを背負って命懸けで漁に出ています。

それでも資源保護のため、規制や禁漁措置が入り、夏場は収入がゼロになることありました。

措置については必要なことだと思って受け止めていますが、禁漁時期でも釣り人が必要以上に鮭や鱒を釣り、販売をし、マナーを守らない人が海辺を汚していくことは看過できません。

※ちなみにウニやアワビを獲るのは密漁です。

また、私有地の無断駐車に悩んでいる住民も沢山います。

腹(イクラ)を抜かれたメス鮭が大量に捨てられているのを見た時は、怒りと悲しみが込み上げてきました。

北洋丸の社員はゴミで溢れる海岸を定期的に清掃し、売上の一部を海岸ゴミの処理費用に充てています。

何度清掃を行ってもゴミが減ることはありません。

自然が相手です。

魚が減っている「本当の理由」は誰にもわかりません。

わからないからこそ、お金を出し、体を動かし、自分達ができる努力をしながら働いています

どうか「獲りすぎ」という心無いコメントを漁師に送る前に、背景に思いを寄せ、一緒に資源保護について考えていただけると幸いです。

 

という内容です。

 

僕個人が最後まで読んで思ったことは、漁師さんに対して

「獲りすぎ」

なんてコメントする人がいるんだなということ。

 

いやいや、漁師さんこそ魚が獲れなくなったら「仕事」なくなるんだよ?

自分達の首を絞める乱獲なんてするはずがない。

長い先を見ながらプライドをもって「仕事」をされてると思います。

 

しかも、孵化事業をしたり、網入れだって好き勝手にやってるわけではありません。

ルールのもとに「仕事」をされています。

 

逆に、僕たち釣り人はどうでしょうか?

釣りは「仕事」ではありません。

釣れないからと、「仕事」を奪われることもありません。
(メーカーの方は違うかもしれませんが・・・)

 

今シーズンはカラフトマスが昨年の1割???

 

そんな報道を見ると漁師さんだけじゃなく、水産加工会社などの関連事業で「仕事」をされてる方々はどうなってしまうんだろうか?

個人的にそんなことを考えていたら、楽しんでサケマスを釣ろうとは思えなかった今シーズン。

 

せめて母川回帰してくる鮭が沢山いたら良いな〜

 

なんて思っていましたが、釣り人の投稿がを見ながら

「今年は豊漁のシーズンになるかもな〜」

という気持ちから

 

「どれだけ釣ってるだ?」

「売りますって・・・」

「漁師さんじゃなくて釣り人だよね?」

「釣りって娯楽のひとつだよね?」

「遊漁をするのが釣り人だよね?」

「真似して投稿する人が増えなければ良いな〜」

 

見れば見るほど、呆れてきました(汗)。

 

明らかにゲームフィッシングを逸脱してる、川の中で釣ったり引っ掛けて釣ろうとする密漁も含めてです。

 

たくさん釣れたら楽しいし嬉しい!

それは分かります。

 

でも、自分の畑で育てたものを自分で収穫してるわけじゃないんです。

 

報道にもあるように近年は

「不漁」

と言われてるサケマス。

 

サケマスって川へ登って産卵して、それがまた海に出ていって、4年5年6年と外敵から襲われることなく生き延びてこないと命のリレーは無い!

 

そう考えると、ただたくさん釣って持ち帰ることが凄いことではないですよね?

 

「沢山釣れた〜」

って写真を投稿する人は何をどう考えて投稿してるんだろう?

 

数匹ではなく数十匹とか、砂まみれ血まみれなんて単なる「数」を見てもらいたいだけですよね。

 

 

理解できない。

 

 

釣る量だけじゃなくて、人が集まるところには駐車トラブルやゴミの問題も多くあります。

 

自分の家はもちろんのこと、自分の職場にゴミのポイ捨てされたら嫌じゃないですか?

自分の職場じゃなくても、普段使うコンビニやショッピングセンターにゴミがあったら嫌じゃないですか?

仕事やプライベートでゴミの散乱した宿泊施設を利用したいと思いますか?

 

ゴミを平気で捨てられる人の神経が分かりません。。。

どんな育ち方したらそうなるんでしょうか?

 

いつだかパンの袋は捨てるわ、タバコのポイ捨てはするわで、地元の常連さんに注意されてる40代くらいの釣り人がいたけど、逆ギレしてたからね。

あれには本当に呆れたというか、釣り辞めて下さいってお願いしたいくらいだった。

 

 

北洋丸さんの投稿を見て思うこと。

 

今の環境は当たり前に存在するのではなく、人の手によって守られてる部分があります。

自然に任せて放置できる状態ではありません。

 

その活動に賛同して協力する心を持つのか?

それとも自分には関係ないと思う心の持ち主なのか?

 

日本という国、誇りを持てる、ふるさと北海道のためにも、周囲を巻き込んで節度ある良識ある行動を一層心がけながら、末永く楽しめる趣味であることを願うばかりです。

SilverScale(シルバースケイル)で財布をオーダー!唯一無二という所有感が良い前のページ

地元の湖!C .MASUでサクラマスは出てくれたけど・・・次のページ

関連記事

  1. フィッシングBLOG

    釣友との忘年会も楽しく終わりました!

    どうも、ヨシヒコです。例年やってる釣友との…

アーカイブ

PAGE TOP