ブログ

労働所得で稼ぐことを刷り込まれた教育。これに気づくと考え方は変わる。

基礎学力を身につける義務教育

両親が共働きだったり兄弟も少ない時代だから
先生や生徒がいるだけで
コミュニケーション能力を身につけるには
欠かせない場所なのかもしれない。

 

まぁ、イジメの問題不登校の問題もあるけど、
義務教育だからこそ、最低限の学力を身につける場所であって欲しいし、
全員に基礎学力を身につけてもらう、何らかの方法は必要だと思う。

 

実際問題、勉強が得意じゃない子は沢山いる。

 

義務教育が何のためかって?

最低限の学力を身につけさせるためじゃないのかな?

 

僕はそう捉えるんだけど、実際の学校は違う。

 

なんで理解が進んでいない子まで
強制的に次のステップへ進まなければならないのだろう?

(その逆に勉強ができる子が退屈してしまう問題もある)

 

基礎学力という部分で限定的ではあるけれど、
二桁の足し算や引き算ができない子もいるし、
九九の掛け算すら覚えていない。

そんな子供が難易度が上がる次の勉強を理解することができるだろうか?

 

そんなの答えは決まってる。

 

詰め込み教育とか言うけれど、詰め込むことすらできない。

 

できない子供はヤル気を奪われるし、
劣等感を感じるようになる。

自己肯定感も無くなり、自発的に考えて行動しなくなる。

 

この現実を見せつけて、世の中は「勉強だ」と刷り込みが始まる。

 

勉強ができないことにより、進路活動になると選択は狭められ、
「進学」するか「就職」するという2択で決めなければならない。

 

進学をしても数年後には就職というのがパターン。

 

その「就職」という捉え方に問題があると思ってるんだけど、
行き着くところは「労働者」として働くことを教え込まれてる。

 

「労働者」として働くことが「仕事」だと刷り込まれるのが日本の教育スタイルです。

 

 

先を見据えた経済の話、投資や起業について
語ってくれる先生はほとんどいない。

先生は「過去」に明らかにされたことを教科書に準じて教える人だし、
世間に認められている安定した職業という考えで
「公務員」「教員」になった人が多いと思う。

 

「投資」なんて言葉には無縁の人が多い。

「働かないでお金を稼ぐ」ことを
「楽をしてる」という考え方も根強い。

日本社会の構造上、日本という国にとって都合のいい人を教職員にして、
その教職員が子供達に刷り込み教育をしていく。

 

現場がどうこうより、国、文科省、教育委員会などの
完全なトップダウン形式が強い古い体質が当然だけどたくさん残ってる。

それを改善しないとしたら・・・

 

鎖国的だから気がつかない教職員も多い。

判子はいくつも。
常に決済。
長時間の中身のない会議。
資料を端からハジまで読んじゃう人。

 

業績が悪くても、他の企業のように倒産することがないのが
公務員という立場ですから、問題を起こさないことが一番なんですよね。

 

話は逸れましたが、「起業」の話もそうですね。

自分が経験してることじゃないから
話すこともアドバイスもできません。

 

「先生」という「先に生きる」人だけど、
プライドが高い人が多いから
変化を受け入れようとしない頑固な人も多い。

 

最近の体罰問題に関しても、50代とかが多いようです。

 

学級崩壊教職員の休職も問題になってきてるけど、
過去とはまるっきり違った環境で育っている子供達だから
今までの常識や考え方なんて通用しない。

 

理想と現実は違う・・・

 

時代が移り変わるいじょう当然のことですよね。

 

だから思います。

 

「労働」とか「時間」に拘束されながら
我慢をしてお金を稼ぐという日本の美徳は
グローバル的に遅れている。

 

 

退職年齢は今後どれくらいになっているだろう?

 

70歳?

 

寿命は勝手に伸びているから
最近は人生100年時代なんて言われている。

 

 

65歳や70歳で定年退職だとして、

退職金は?
年金は?

 

「退職」してからの人生も「労働」で稼ぐことになると
様々な保険があるとはいえ、病気や怪我をした時点で先は厳しい。

 

蓄えも大切だけど、単なる「貯蓄」
減るだけで増えることはない。

 

投資の世界は詐欺などの問題が多数あるのは周知の事実ですが、
高齢になってから焦って目先のことを考えてしまうために
判断が鈍る状態で美味しい話に乗せられて
騙されやすいという傾向があります。

 

年齢を重ねてから考えるよりも、
若いうちから知識や考えを整理しておいたほうが
的確な判断もできるだろうし、タイミングを逃すこともない。

 

間違いなく誰にも訪れる高齢の時代。

 

気持ちだけは若いまま進む予定ですが、
年齢相応の知識だけは蓄えておきたいものです。

 

まだまだインプットもアウトプットも足りません。

最近は
キンコン西野亮廣さん
ホリエモンこと堀江貴文さんの書籍から
貴重な考え方をインストールしています。

 

インプットは行動のためのウォーミングアップみたいなものです。

アウトプットは発信と行動!

 

今年の年末年始もダラダラと過ごさずに終わりそうです。

多動な奴だなぁ! これからは褒め言葉かもしれない。前のページ

日本の労働生産性はアメリカの7割。拘束時間が長い結果だな。次のページ

関連記事

  1. ブログ

    行ってない時に限って釣れてる情報が入ってくるもんですね!

    土曜日は強風のなか、「まだ早いから仕方ないか〜」なんて…

  2. ブログ

    好きなことを仕事にできる時代はくるのか?

    「好きなことを仕事にする」「趣味が仕事になる」って言われる…

  3. ブログ

    完璧主義が挑戦できない心をつくってしまうのか・・・

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。完璧主…

  4. ブログ

    成功は掴むものじゃない!

    成功というものが、もし掴めるものだったとしたらどうだろう?&n…

  5. ブログ

    ビットコインの歴史から見る今後の展開!

    ビットコインが世に出回ったのが2009年。10/5に日本円で1BT…

アーカイブ

PAGE TOP