カラフトマス

カラフトマスのスプーン選択。Facebookの質問に対する僕なりの考え!

僕の捉え方なので参考程度にお願いいたします。

ノースアングラーズの8月号、「これ一本」でも軽く触れましたが、
ドアップは5・7・10gのシルエットは50ミリに統一されています。
(写真がボケてるのは勘弁してください。。。)

それに比べデベロップは、重量によってサイズが異なるものの
5・7gは40ミリなんです!

ドアップは板厚が薄く、カップが深めに作られていて、
デベロップはシルエットが小さい特徴があります。

飛行姿勢はデベロップに関して言うと
安定しているので狙ったところに撃ちやすい。

それに比べてドアップは、小河川のヤマメ攻略のために作られたスプーンなので
ロングロッドでフルキャストした場合は狙ったところには撃ちづらいです。

でも、ドアップの10gがリリースされ、
こちらは安定して飛んでいってくれます!

これは釣友が南十勝のサーフで、サクラマスを2本も立て続けにゲットしたこともあり、
個人的にもサーフで戦力になるスプーンだと思っています!

 

で、

「カラフトマスに使う場合のドアップとデベロップの使い分け」
の質問をいただいたのですが、スピードがすべてだと思っています‼︎

スピードとレンジキープですが、遅いリトリーブは基本的にどのルアーも沈みます。

でも、同じ重さでシルエットが大きく、さらに水噛みが良いと沈みづらい。

これを元にカラフトマスが小さなシルエットに反応するのか、
それともゆっくりのスピードしか反応しないのか?

これを判断して、群が遠い場所にいるときはデベロップを使うことが多くなり、
ドアップで届く範囲であれば、スピードとシルエット、カラーへの反応を考えながら
ルアーローテーションをしていくという感じでしょうか。

ドアップじゃないと演出できないスロースピードの領域があるはずだと
個人的に思ってるところなんですがf^_^;

シルエットを重視するかスピードを重視するか、
ターゲットとの距離で使い分ける感じです!

まだまだ知らないことが多く勉強ばかりです(汗)
良い質問をいただき、改めて言葉にするって大切だなと思いました。

今後とも、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

そろそろカラフトマスかな〜 僕が今年注目するカラーは・・・前のページ

10年後なんてわからない。でも、平等な社会に近づくのかな。。。次のページ

関連記事

  1. カラフトマス

    8月20日 知床カラフトマス!今年初遠征!

    僕の夏休み行事!それは、世界自然遺産でカラフトマスを釣ること。…

  2. カラフトマス

    カラフトマス 知床遠征最終日 少ないシーズンです・・・

    楽しい時間はなんで早いんだ〜人生の中でそう…

  3. カラフトマス

    9月5日 知床カラフトマス2日目 軽量デベロップとカラー!

    2日目です。道の駅から夜中の0時頃にポイント駐車場へ移動して、…

  4. カラフトマス

    カラフトマス 知床 アキアジの比率が多くなってきたのに・・・

    今日もそれなりに楽しんできました〜カラフトマスは綺麗な魚体も…

  5. カラフトマス

    知床カラフトマス釣行最終日 いい思い出?勉強?がまた一つできました!

    3時半に網走の東横インを出発してポイントへ!釣友の卓からも連絡…

アーカイブ

PAGE TOP