ブログ

すぐ怒る人は自分のことを・・・と思っている

ポーランドのある研究機関で
「怒りやすさ」と「賢さ」
の2つの観点を結びつける関係が
明らかにされました。

「怒り」については、
「悲しみ」や「不安」などの
ネガティブな感情とは違うもので、

より相手に働きかけを持つものだと結論づけられました。

怒りやすい人が自分の認知能力を
高く見積もる傾向がある一方、
怒りやすい人でも神経質な傾向を持つ人は、
実際の状況よりも自分の認知能力は
低いと考える傾向があることもわかったようです。

 

これらをトータルすると、
「ナルシシズム」という概念があげられると
指摘しています。

いわゆる、自己愛ですね。

結果として、
怒りやすい人ほど自己愛が強く、
自身の知力まで高めに見積もることが
研究によって判明したってことです(笑)

ギクッ!

 

また、この「怒りやすさ」と
実際の知力レベルには
今のところ関連が認められないということです。

どちらにしても「怒り」からは
ポジティブなことが起きませんね。

 

感情のコントロールができて、
はじめて自己実現ができる。

 

そう思うと自分もまだまだです・・・。

考え方が浅はかだった過去を振り返ると
本当に恥ずかしくなります。

でも、それが斎藤一人さんの言う
「魂の成長」
なんだなと思います。

「輪廻転生」

と言う仏教の教えがありますが、
人は肉体を持っているだけで
魂は無くならない。

だから、何度でも肉体を変えながら
生まれ変わると言われています。

そのための「魂の成長」が
「今」という時間だと思います。

自分の人生が
「成功」だったか「失敗」だったかの判断は
その肉体が滅びるときに決めればいい。

今がどんな状況でも、勝手に失敗と決め込んで
ネガティブに捉えることなんて
これっぽっちも意味がない。

 

少なからず僕はそう捉えています。

生きている今、自分になにができるだろう?

どうしたら楽しい時間を過ごすことができるのだろう?

 

これもすべて捉え方の問題で、
楽しく思うか辛く思うかは
個人の考え方次第なんですよね。

今すぐ解決できないことに
人はイライラするものです。

僕も以前はそうだった。

でも、終わったことを振り返ると、
実は大したこと無かったって経験ありませんか?

僕はほとんどそうです(汗)

 

なぜあそこまで自分を追い詰めるのか・・・

短気な性格もありますが
心配性なんですよね。

もう少しドシッと構えられる
余裕が欲しいものです。

いつも考えたり勉強するたびに
自分の無知無力さを知ることになります。

怒り、イライラからはなにも生まれない!

常に冷静な判断をするためにも
心に余裕を持つためにも、
上流の情報をつかむ努力、
そして自己啓発を重ねていこうと思います。

動物の殺処分・・・いたたまれない気持ちになる。前のページ

知床遠征 9/23 ボウズは免れた!っておい!次のページ

関連記事

  1. ブログ

    高度経済成長の社会に合わせた教育は終了です!

    学校教育で重要視されているIQやテストの点を上げるための学習は、基本的…

  2. ブログ

    TOKIO 山口達也 ハメられてないか?

    TOKIOの山口達也さんが強制わいせつで書類送検されるという報道を…

  3. ブログ

    夏の高校野球 十勝支部予選が終了!

    代表4校を決める十勝支部予選も終わりました!今…

  4. ブログ

    もう半分終わってしまったか〜

    令和元年、2019年も半分が終わってしまいました。今日から7月…

  5. ブログ

    行動学習!知識を蓄えるよりも大切なこと。

    インターネットによって知識へのアクセスは誰でも簡単にできる…

  6. ブログ

    espo(エスポ)がグランドオープン!

    昨日案内していたespo(エスポ)が先ほどグランドオープンしました…

アーカイブ

PAGE TOP