ブログ

ネット社会から見るライフスタイルの変化

小さい頃の教育の一つに

「みんなと仲良くしないとダメ!」

ってあるけど、大人になるほど嫌いな人を排除してるような気がします。

 

でも、
無理に付き合う必要もないし、
それでいいんじゃないかなって思う。

 

そもそも、集団の規律を保つために必要とされてきた

「誰とでも仲良く!」

という教育だと思うから。。。

 

 

今の時代、好き嫌いで判断しても良いんじゃないかな?

それがイジメとかなら話は別だけど、
嫌われたからって相手にも選ぶ権利はあるし、
今のネット社会は、繋がりたいと思う人を選ぶことができるし、

一生かけても出会いきれないほど、人なんてたくさんいるから
好きな人や興味がある人ともっともっと繋がる時間を大切にしたほうがいい。

 

嫌いな人のためにエネルギーを消費するなんて本当に勿体無い!

 

 

時代が変わり、環境も変われば、今までの常識では考えられないことが
たくさん増えてくる。

人との付き合い方以外にも

子供が携帯電話を持ち歩く?
インターネット?
スマホ?
ネットで買い物?
クレジットカード?

 

最初は怪しいとか危険だとか言っていた人たちが
今ではみんな便利に使ってる。

最初はなんでも違和感を感じるものだ。

でも、使う人が増えたら普通になってる。

 

 

時代の変化とともに常識は変わる。

 

今は場所を選ばず仕事をしている人だっている。

閉鎖的な会社という枠組みの仕事だけじゃなく、
インターネット環境によってワークスタイルも大きく変化してきてる。

 

これは今後さらに加速されていく。

 

ネット回線だって4Gから5Gになるみたいだし、
ますます若者のテレビ離れは進み、SNSも文章から写真、
さらにストレスがなくなる動画をとおして情報が伝わるようになる。

 

ライフスタイルが変わってきたのだから
今までの常識なんて通用しない・・・

 

 

これから激変していく社会は、

個人の力がないと生きていけないと言われている。

 

先の経済や技術の発展、国の事情などを鑑みると
そう思えることはたくさんある。

 

大手企業も一括で新卒採用はおこなわずに、
即戦力となる中途採用を積極的に雇用してるところもあるし、
学校さえ卒業すれば就職できるなんてのは過去の話で
終身雇用も年功序列型賃金など、

過去の制度は終わりを迎えつつある。

 

人口減少から考えられる経済力の衰退、
そして働き手が少ない地域は税収も減少して
地域の福祉も子育ても難しくなる。

 

個人の力と同様に、各自治体も生き残るための力をつけていかないと
街そのものも潤っていかない。

過疎化が止まらない街は今後どうなっていくのか?

地域に根ざした産業がないと、難しい問題はたくさんある。

 

各企業だって、新卒者を雇用してから会社に利益をもたらす人材にまで
多額の費用と時間をかけて教育していた時期がある。

 

でも、それだけの財力もなければ時間もないし、
そろそろ会社に貢献してもらおうと思っていたら辞めるとか・・・
違う企業に転職してしまうとか・・・

せっかく会社の将来を考えた投資が他社のためになったり、
ただ個人の勉強期間に給料を払っていたようなもの。

 

今までは、

退職まで働いてくれることを念頭に手厚い教育期間を設けたり、
年齢を重ねるにつれて出世したり賃金が上乗せされていたけど、

これからの社会は企業側に余裕がなくなっていくだろうし、
それこそ機械化が進んでが必要なくなるかもしれません。

 

海外では自分がスキルを高めるために学び、
自分を売り込んでいくことによって
ヘッドハンティングや転職を繰り返しながら収入を増やしていきます。

また、

企業側も優秀な人材には高い給料を支払う
お互い必要とされて成り立っている。

 

今後の日本も、そのようなスタイルに変わっていくと思う。

 

だから、

良いところに勤めたら一生安泰なんて話は昔話にしか過ぎず、
将来のことを考えると寿命だけが伸びて
生活していけるだけの
お金があるかはわからない。

 

今の勤め先がなくなった時に、

自分には何ができるか?
どうやって生計を立てていけるか?

 

これからの会社の退職金、貰えるかわからない年金をアテにしていても
物価も医療費も水道光熱費も予測はできないし、
よほどの貯蓄がない限り、普通の生活すら送ることができないかもしれない。

 

国だってそれはわかっているから、
働き方改革だの副業を認めるだのと議論しているところだ。

副業を認めるようになってきている世間の風潮もそう。

会社は賃金を上げることができないから、
仕事以外の時間で副業して稼ぐことや
リストラせざるを得ない経営状態になった時に
すんなり退職することができるようにという考え方もあるかもしれない。

 

年齢を重ねると体の自由も効かなくなり、
思うような仕事はできないはず。

だから今のうちに備えが必要だと思うわけです。

 

働ける今のうちはまだ何とかなるし、
多少の無理なら挽回できるだけの体力がある。

でも、

年齢を重ねて気が付いた時にはすでに遅い。

 

だからが大切。

 

 

今まではこうだった・・・

 

という過去の話は過去の話でしかない。

 

精神的な自立もそうだし、
自分の人生を自分自身で舵を切れるようにならなければならない。

国がどうかしてくれるなんてことはない。

 

これから必要とされる個人の力
それが生きる力であり、経済力なんだと思う。

 

しかも、

学歴や職歴に関係なく
自分の捉え方次第でなんとでもなりますね。

経済的な豊かさは、心の余裕充実した時間を与えてくれます。

 

今の自分に足していく!他人との比較は心を疲れさせるだけ。前のページ

アウトドアで美味しいコーヒーを飲む!ソト(SOTO) のシングルバーナー次のページ

関連記事

  1. ブログ

    久しぶりにグロッキー 学習能力なしの酒飲みだよね!

    昨日の釣行後、夕方から急遽岩見沢へ!なんで?単身赴任の…

  2. ブログ

    「普通」だと思ってることの方が案外「変」なんだよ

    人間だから、自分にないものを持っている人のことは羨ましく思うこ…

  3. ブログ

    もう半分終わってしまったか〜

    令和元年、2019年も半分が終わってしまいました。今日から7月…

  4. ブログ

    指示されたことができたら褒められたのに〜 平成も終わりを迎えます!

    はい、タイトル通りです。小さい頃、大人から褒められることと言え…

  5. ブログ

    他人に迷惑をかけないなら、どんな生き方をしたって良いと思う!

    人それぞれ色んな生き方がある。他人がどう生きようが、子供がどう…

  6. ブログ

    何かを始めるってことは、何かをやめるってこと。

    誰にも平等に与えられてる唯一のものって時間だなと。…

アーカイブ

PAGE TOP