サケ

アキアジ釣行 釣れない原因を考察(下手なだけ・・・)

どうも、ヨシヒコです。

 

昨日の釣行を振り返ります。

 

ま〜苦戦しまくり。。。

で、言い訳をたくさんしてみようと思います。

 

また、個人的な考えばかりなので
よろしくお願いいたします。

 

なぜルアーだけじゃ難しいのか?

 

 

まず、アキアジ釣りで重要なのは
ルアーを泳がすスピード。

 

速いとまず釣れない。

 

それと、ルアーのアクション。

 

これも、激しい動きは嫌われる。

 

 

そしてレンジ。

 

 

自分が意図するレンジ(深さ)を、ゆっくりなスピードでキープするのがルアー単体では難しい。

だから、スローでゆっくり巻けるウキルアーは、この問題を解消してくれる手段。

アキアジはエサの匂いに反応してる

カラフトマスと同じ要領で釣れる!

そう思っていた自分の概念が、完璧に崩されてしまった今回の釣行。

 

とはいえ、釣れないこともない。

 

ただ、条件が整わないと厳しいということがわかった。

 

 

初日は朝5時くらいから夕方の5時まで、ほぼ休憩なしでキャストしまくり。

 

やっとヒットしたのが群れを発見してキャストした直後。

 

糸ふけを取ったタイミングくらい。

これは寄せてラインブレイクで終了。

 

 

そして、やっと釣れたのが昼。

 

しかも、値千金のビカビカのメス!

 

おそらく岸寄りしたばかりの超フレッシュな魚体。

 

 

デベロップ 7g Bレッドだからルアーに反応してくれたんだと僕的な解釈。

 

また、メスは下の方を泳いでるというのも、今回の状況では納得するところ。

 

それは後ほど解説。

 

 

そして夕まずめはスローに誘うために3gのデベロップを投入。

 

引き波になった時にリーリングを止め、スプーンが表層近くを漂っている時にヒット!

 

にしても、フカセとウキルアーのエサ釣りをしてる人が僕以外のみんな。

 

 

まぁ釣りますよね。

 

左右でポンポン(笑)

 

 

しかも、初日は朝から群れがいて、ボウズなしどころか、みなさん複数キープ!

 

良い人は2桁釣ってるでしょう。

 

 

2日目は朝の2時にポイントへ行ってみましたが、予想どおり夜釣りをしています。

 

しかもちゃんと釣れる!!!

 

 

で思ったわけです。

 

 

今までの経験から言うと、カラフトマスの時に夜釣りでヒットさせている人を見たことが無い。

 

 

でも、アキアジは見たことも聞いたこともあるので、アキアジは匂いに対して好反応。

 

逆にカラフトマスの場合は、フカセで釣れなくてもルアーの方が釣れる時がある。

 

 

この違いから、

アキアジに関しては匂い。
カラフトマスに関しては匂いよりも動くもの。

 

そう考えることができる。

ポイントによって潮流の影響が左右する

今回のポイントは川の水量が少なく、潮回りは正面に向かって左から右。

また、沖から岸に向かってる。

 

これがレンジキープとスピードに関して本当に苦戦した要因だと分析している。

 

 

まず、個人的にはゆっくり表層をリトリーブしたいわけですが、これができない。

 

 

ルアーは基本的に流れに逆らって泳ぎ、スプーンは抵抗が強いほど浮き上がろうする。

 

でも、今回の条件ではルアーを巻いてくる方向と潮の流れが一緒なので、どんどん手前に押されてくる。

 

そうなると、ゆっくり巻いていたのではスプーンは沈んでいきます。

 

表層を狙おうとしたら、ロッドを上向きに維持しながらスピードを上げるしか術がない。

 

でも、スピードを上げるとウェブリングが強くなり、アキアジには嫌われるアクションです。

 

 

2日目は、カラフトマスならスレがかりしてしまうほどの大きな群れが、何度も通過しましたが、まるっきり魚とのコンタクトがありません。

 

完全に避けられてる状態だったと思われます。

 

それに比べてフカセの釣り師さんは、かなり楽しんでいる様子でした。

 

ヒットした条件から考えてみる

初日のヒット2回は先ほども説明したとおり、最初がキャスト直後のフォール中。

2回目がフレッシュなメスをスローの中層以下。

3回目の夕まずめは手前の引き波でルアーが表層に浮いて止めた時。

 

 

そして2日目は、最初のヒットがこれまた昼くらい。

目の前を数尾の群れが通過したので、右に人がいなかったこともあって右にキャスト。

 

潮の流れに逆らう条件が重なりゆっくり巻いてもテンションが掛かる。

 

これなら反応するはず!

 

思惑どおりにヒット!!!

 

 

 

させたものの、これまたラインブレイク・・・

 

 

前日と同じく、ラインブレイクからスタートです。

 

 

ゴロタ石が点在しているので、ルアーの回収は常に石に擦れてしまう。。。

 

時々確認するしかありませんね。

またはリーダーを太くするか・・・

 

 

その後は雨がしばらく降り続いて寒さも増す。

 

手の皮もシワシワ状態。

 

昨日からキャストしっぱなしなので、手の皮が擦れて痛い。

 

 

 

もう諦めようかどうしようか・・・

 

 

でも、一本は釣らないとな〜

 

 

そんな状況でとりあえず、持ち合わせのルアーを全て試してみる。

 

 

Cミッションで遠投したり、逆にウェブリングの強いドアップやルアーマン701を使ったり。。。

 

 

 

でもまるっきりバイト無し!

 

 

前日と同じように、3gのデベロップでスローに誘うしかないと思って近くだけを丁寧に誘ってみる。

 

そしたら待望のヒット!

 

 

やっぱりスローじゃなきゃ釣れないのか・・・

 

 

そう思いながら近くに寄せてランディング成功。

 

 

 

と思ったら外れた〜

 

 

慌てて魚体だけを素手でキャッチ!

 

ふ〜

 

綺麗なメスさん、ありがとう!

 

 

で、魚を見てみるとフックだけ付いてる。

 

あれ?

アイの部分が切れたか?

 

 

確認してみても問題無し。

 

 

 

 

ルアーをよく見てみたら、スプリットリングが無い。

 

 

どうやらアキアジの重量に、スプリットリングが耐えられなかったようです。

 

まぁ、3gに対応したサイズだし、今まで何度もヒットさせてきたスプーンだったので、強度も落ちていたかもしれません。

 

 

このカラーはもう廃盤だったかな?

 

多くの人が使うカラーって、ピンクや赤、オレンジやブルー。

ここ最近はブラックが流行してる感じがありますよね。

 

 

個人的に、次のブームは白かな〜

 

 

なんて思っているところであります(笑)

 

魚も人間と同じく、珍しいものはとりあえず手に取ってみる。

 

魚は口しか使えないのでバイトになる・・・

 

ありがとうございます!

 

 

って感じになれば良いんですが、そう簡単にはいきませんね。

 

 

雨降りでフックも外れてしまったので写真はありません。

 

その後も大きな群れが頻繁に行き来してくれているのに、楽しそうに釣っているのはフカセの方ばかり。

 

2日間、ほぼ休むことなくキャストを続けていたので肩周りがパンパン!

 

そして持病の頚椎が・・・

 

 

帰りの運転もあるので午後3時に納竿としました。

 

ここまで真剣にロッドを振り続けたのは記憶にないくらいです。

 

 

時々、本波幸一さんの情熱大陸が頭をよぎり、何日も同じポイントで朝から暗くなるまでロッドを振るって、精神的にも肉体的にも想像以上のハードさだと思いました。

 

情熱の大きさがないと真似することはできませんね。

 

それにしても、本当に勉強になりました。

 

 

でも、ルアーで釣る人はちゃんと釣る!

 

 

まだまだ経験も知識も足りない自分です。

引き出しをさらに増やす努力を重ねていこうと思います。

 

長々と最後までお読みいただき、ありがとうございました。

アキアジ釣行 9/28 勉強になりました!翌日にまとめブログ予定!前のページ

ユーチューバー インスタグラマー 釣り業界も影響力がお金になる?次のページ

関連記事

  1. サクラマス

    貴重なスプーン!アイデックス社のルアーマン!

    一昨日、彼女の実家へ行くことになり、お酒の席でのこと。たまたま…

  2. カラフトマス

    9月16日 ウトロのカラフトマス・サケはどこにいるの???

    釣友Kくんと行ってきました。9月に入ると河口規制が解除されると…

  3. カラフトマス

    幌別川河口に出没していた熊が駆除されたようです・・・

    どうも、ヨシヒコです。とうとう幌別川河口に…

  4. サケ

    9月27日 アキアジ釣行の2日目は聖地止別

    超激戦区!聖地止別!前日の夕方に止別の臨時…

  5. カラフトマス

    9月20日 知床でアキアジとカラフトマス 上手くはいかない・・・

    この時期の知床。何週連続になるのでしょう(笑)地元のコ…

アーカイブ

PAGE TOP