ストレスも捉え方次第でパフォーマンスは上がる!

こんばんは。ライターのヨシヒコです。

 

「ストレス」と聞いたら「嫌なもの」。

 

そう認識してる人がほとんどだと思いますが、実は捉え方次第でパフォーマンスが上がるという研究結果があるみたいです。

 

ストレスを受けると人間には2つのホルモンが分泌されると言われています。

それぞれをAとBに分けて説明しますね。

 

 

まずAのホルモン。

このホルモンが分泌されると、糖質や脂肪の代謝が高まってエネルギーとなり戦闘態勢が整う。

 

でも、なんでも高けてれば良いというものではなく、過剰に分泌されてしまうと、うつなどの心の病になりやすくなってしまうので、短時間であればエネルギーになるものも、長時間分泌されてしまうとメンタルがやられてしまうという問題があるAというホルモン。

 

 

で、Bのホルモン。

こちらは免疫を向上させてくれるもの。

 

基本的にストレスと言われるものは自分に対する負荷などを感じる時なので、人間はBというホルモンを分泌させて、そのストレスを乗り越えようとします。

 

AもBもバランスが整うと、パフォーマンスを上げることができるけど、

 

ホルモンAが多く分泌するとストレスは悪い方向へ・・・。

逆にホルモンBが多く分泌するとストレスは自分の力になる。

 

なので、ホルモンBの分泌が多ければプラスに働くってことになります。

 

 

だから、ストレスをどう捉えるか???

 

単純にストレスは体に悪いものだと思えば悪いものになってしまいます。

 

 

ある調査によると、「ステンレスは体に悪い」と思い込んでる人たちが強いストレスを感じてしまうと、死亡リスクが上昇するという結果が出ています。

アメリカではエイズや殺人よりもストレスが原因で亡くなる人の方が多く、年間2万人くらいいるみたいです。

 

 

だから捉え方。

 

 

ストレスが悪いものじゃなくて、ストレスを良い方向に捉える。

 

 

僕もかなり意識してることだけど、40代を目前としてるので友人と会話してる中で、

「歳だから!」

って言葉が頻繁に出てくるようになった。

 

 

僕はこれがどうも嫌い。

 

 

こんな研究結果があるんだけど、

「歳をとるのは嫌だ!」

って思うよりも、

「年齢を重ねることで知識も経験も沢山積んで、いろんな可能性が広まってきた!」

って捉えることで7年以上寿命が伸びる。

 

適度な運動をしながらタバコも吸わない人がいるけど、それは寿命が4年も伸びないんだって。

 

 

 

だから、年齢に対する考え方をあらためるだけでも健康寿命の効果は大きいってこと。

 

あとは、人を信用することができる人のほうが長生きするみたい。

 

 

さらに、どんな仕事や作業であれ、嫌々やるのと体に良い運動だと思ってやるのとでは、同じことをしているのに体重も体脂肪も血圧も低下してしまうという結果がある。

 

本当に捉え方次第で、人間の脳って凄いことが起きるんだよね。

 

 

勉強も同じく、

「こんなの意味がない!」

って思うよりも、

 

「後になって生きてくる学びだ!」

って思うほうがプラスになる。

 

 

自分自身の考え方、捉え方を良い方向に変えるだけでこれだけの効果があるなら、やらない手はないですね。

 

 

なにごともポジティブに前向きに!

 

じゃないと、せっかく良い流れが来たとしても気づくことすらできないですよね。

 

 

ネガティブに良いことは一つも無いという再確認でした!

 

 

関連記事

  1. 日常ブログ

    イチロー選手のスペシャルインタビュー

    格好良い大人!!!自分がそう思う人はたくさんいるけど、その中で…

  2. 日常ブログ

    結局は好きなことじゃないと向上心もヤル気も出ない

    嫌いなことはやりたくない。辛いと思うことは避けたい。で…

  3. 日常ブログ

    野球からは離れられない。。。

    昔からの流れというか野球界の体質に疑問を持つことが多くてこの世界で…

  4. 日常ブログ

    3連休は雨で釣りはお預けですね〜

    海の日って何のため?十勝のサクラマスアング…

  5. 日常ブログ

    楽しく過ごすか不機嫌に過ごすか

    自分の機嫌くらい自分で取らないと。。。。周囲の人や場所、その場…

  6. 日常ブログ

    暖房や給湯 電気より灯油がお得な現状!

    冬の電気代が恐ろしい原発が止まってからというもの、消費者に見えない…

アーカイブ

  1. 日常ブログ

    ストレス耐性は幼少期の過ごし方が関係してる!
  2. ライティング

    ネットで忘れがちな向こう側にいる人への「共感」!
  3. 日常ブログ

    決めてるのは他人?自分?結局は自分なんだよなぁ
  4. 日常ブログ

    他人を批判したところで得られるものはない!
  5. 日常ブログ

    1000時間の壁!普段の仕事なら簡単に超えられるけど・・・
PAGE TOP