イトウ

イトウが釣りたい・・・でも、ハマるのも怖い(笑)

以前から挑戦したいと思っていた
イトウ!!!

釣り人なら一度は釣ってみたいと思うターゲット。

国内最大級の淡水魚で、過去には2メートルを超えるイトウが
地元十勝川で記録されているようです。

 

イトウは何度も産卵を繰り返すことができるとはいえ、
環境が整っていないと生息できないのは当然のこと。

最近見られる河川の改修工事を目の当たりにすると
絶滅してもおかしくない時代だと思わずにはいられない。

 

しかし、そのイトウを守ろうとする人たちによって
道北では生息数が増えているのでは???

という話も聞く。

 

ちなみに十勝川は近所にあるけど、
狙って釣れるようなものではなく、
ニジマス狙いで釣れちゃった釣友はいても
本格的にイトウだけを狙っているアングラーは
ほとんどいない。

 

数年前の台風によって大きな被害が出た十勝川
イトウは元より他のトラウトの数も激減してしまった印象を受ける。

 

しかし、今までの歴史からすると、そんなことを繰り返しながらも
魚たちは逞しく子孫を残しながら今日まで育ち、
我々アングラーを
楽しませてくれている。

 

まだまだ回復までに時間はかかるだろうけど、
少ない資源でも楽しませてくれる場所には変わりない。

 

 

誰かが動いてキープされている自然環境。

道北のイトウがそのひとつ!

 

釣れるかどうかは別として、まずは足を運んでみるべき場所だと思ってる。

 

先ほどもまた、情熱大陸で放送された大物釣り士、

「本波幸一氏」

の映像を見てたけど、本当に夢があるターゲットだなと
あらためて感じた。

 

自分が釣れなくても、周囲のアングラーが釣り上げてるイトウでも良い。

目の前でその存在を確かめたい!

 

 

もしですよ。

 

 

もし自分が釣れてしまったら???

 

 

 

おそらく冷静にはいられないでしょうね。。。

心拍数がやばいことになるなって・・・

 

 

 

想像だけでドキドキするんだから当然ですね。。。

 

 

とりあえずリールとラインは新しいものに変えたし、
あとはルアーの選択を済ませれば準備は大丈夫かな。

 

なんせ初めて狙うターゲットなので経験値がゼロ!

でも、新しいことを始めるってワクワクします。

この気持ちは何年経っても子供と同じ。

それが釣りという趣味であり、
人生の一部にあることを幸せに思います。

 

 

支笏湖釣行 準備は万端!だったけどね!前のページ

ホンナミロッド 872MH 重量やスペックはこんな感じ!次のページ

関連記事

  1. サクラマス

    2019 フィールドハンター NEWカラー

    気温もグッと上がって春の陽気を感じる本日は、ここ帯広地方も最高気温が6…

  2. イトウ

    やっぱりイトウは特別な魚 「大物釣り師」は釣り人なら読むべき!

    先日のイトウ釣行を終えて思ったことは「イトウ釣りには夢がある!…

  3. イトウ

    猿払川 人生初のイトウ釣行は・・・

    強行日帰りで十勝から猿払川まで行ってきました。ナビ通りの距離だ…

  4. イトウ

    十勝川 イトウ 76センチ 釣友が釣ってしまいました!

    今週は遠征無し!さすがに週末2日間を釣りをしないで過ごすのは・…

  5. サクラマス

    C.ミッションに2016限定色登場!

    あのC.ミッションに2016年限定カラーが出ました。&nbsp…

アーカイブ

PAGE TOP