スキー

パタゴニアのスキー・スノーボードウェア!アントラックド・ジャケット

どうも、ヨシヒコです。

 

スノーウェアのパンツに続いてジャケットも購入しました。

 

パタゴニアというメーカーだけあって

「長く着られる」

というのが僕にとって大切なポイント。

 

 

というわけで、まずは購入した

「メンズ・アントラックド・ジャケット」

についてです。

 

残念ながら廃盤のモデルなのかな?

 

パタゴニアのオンラインショップではアウトレット的なサイズとカラーしか売られていません。

 

新品ではなんと

81,400円。。。

 

 

さすがに新品では買えないジャケットでしたが、無難にブラックで良い中古のものが見つかりました。

 

到着後に着てみた感想は・・・

 

 

ペラッペラ!

 

 

そこまで薄くはないにしても、スノーウェアってこんなに薄いものなの?

 

という感覚です。

 

 

最近のウェアってアウターは防水撥水や暴風のために着るもので、インナーで暖かさを保つためにダウンやフリースを着るというのが主流ということなんでしょうか。

 

ウィンタースポーツをしばらくやっていなかったので分かりませんが、フィッシングウェアもゴワゴワしたアウターってほとんどありません。

 

防水と撥水。

防風と保温。

 

それぞれに特化した素材を重ね着して対応する。

 

 

そんな感じなんでしょうね。

 

そういうことで納得しておきます(汗)。

 

 

さて、

アントラックド・ジャケットジャケットの仕様を見ていきましょう。

 

サイズに関してはパンツの時と同様で、身長177センチで体重64キロの僕はUSサイズなら『S』。

 

やっぱりタイトに着た方が個人的にしっくりきます。

 

中古とはいえ、特に目立った傷や汚れも無くファスナーも良好。

 

 

モノを入れるポケットは外側に3箇所。

 

左右と左胸あたりです。

 

おまけのように左袖にもあるので、合計で4つということになるかな?

 

両方の脇下にベンチレーションがあります。

汗をかいても湿気を逃がしてくれる構造がパンツ同様に付いてます。

 

裾は雪や冷気が入ってこないように、ジャケット内側のウエスト部分にパウダースカートが付いています。

 

内側はファスナー付きのポケットが1つ。

ポケット上にある小さな切り込みは、外側の左胸ポケットからイヤホンを取り出せる構造だと思います。

 

右の内側はグローブなどを簡易的に入れておくためのポケット?

というべきか、収納スペースが1つ。

 

フードもこんな感じでコードを引っ張って調整できるので、暴風雪でも飛ばされることなく耐えられそうです(笑)。

あとは気持ちの問題でしょうか。

 

袖口はマジックテープで絞るだけ。

 

 

現行のジャケットも気になったので調べてみましたが、どれも良いお値段です。

 

でも、長く着られるモノだって思えば相応かなと思うのもパタゴニア製品ですね。

 

 

とりあえず価格の高い順に見ていきましょう。

 

メンズ・パウスレイヤー・ジャケット

価格:91,300円

ミニマリストのデザインでバックカントリー・ツアリングのために最適化された、軽量でコンパクトに収納可能なジャケット。

ゴアテックス・プロ・ファブリクスを採用した構造は、初のリサイクル・ナイロン100%製の表面素材を含み、市場最高レベルの防水性/透湿性/防風性プロテクションが持続。

フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

引用元:https://www.patagonia.jp/product/ms-powslayer-jkt/30305.html?dwvar_30305_color=BRLG&cgid=sport-skiing-snowboarding-mens-jackets-vests

軽量コンパクトというところが購入したものと同じコンセプト。

 

メンズ・マイクロ・パフ・ストーム・ジャケット

価格:64,900円

リサイクル素材100%の防水性シェルに、ダウンのような温かさを提供し濡れても保温性を維持する化繊のプルマフィル・インサレーションを施し、寒く湿ったコンディションでプロテクションを提供

引用元:https://www.patagonia.jp/product/ms-micropuff-storm-jkt/31715.html?dwvar_31715_color=BLK&cgid=sport-skiing-snowboarding-mens-jackets-vests

こちらは保温を重視したモデル。

 

メンズ・ストームストライド・ジャケット

価格:62,700円

バックカントリーでの動きを考慮したパターンにより、パタゴニア製品の中で最もアクティブな使用に適した防水性シェル。

素材は軽量で伸縮性を備えながら、H2Noパフォーマンス・スタンダード採用のプロテクションを誇るフル機能を発揮する3層構造のソリッド・ストレッチ平織りナイロン100%(リサイクル・ナイロン54%)で、予測のつかない天候下で激しい運動をつづけるスキーツアリング愛好家に最適。

フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

引用元:https://www.patagonia.jp/product/ms-stormstride-jkt/29970.html?dwvar_29970_color=DBGR&cgid=sport-skiing-snowboarding-mens-jackets-vests

「パタゴニア製品の中で最もアクティブな使用に適した防水性シェル」ということで、スノーウェアのフラッグシップモデル。

 

メンズ・パウダー・ボウル・ジャケット

価格:52,800円

僕が購入したパンツと同じ

「パウダーボウル」

なので、厚くもなく薄くもない生地という感じです。

表面素材がリサイクル・ポリエステル100%のゴアテックス・ファブリクスを使用したパウダー・ボウル・ジャケットは、あらゆる状況で山を滑るスキーヤーやスノーボーダーに頑丈で長持ちする防水性/透湿性/防風性プロテクションを提供。

洗練されたフィットとすっきりとしたスタイルで、丈夫ながら動きやすいデザイン。

フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

引用元:https://www.patagonia.jp/product/ms-powder-bowl-jkt/31392.html?dwvar_31392_color=BLK&cgid=sport-skiing-snowboarding-mens-jackets-vests

 

 

メンズ・スノードリフター・ジャケット

価格:52,800円

登高時に機能性を発揮する伸縮性素材と悪天候に対応する本格的なプロテクションを組み合わせ、どんな状況でもドライで快適な着心地を保つバックカントリー仕様の軽量なジャケット。

H2Noパフォーマンス・スタンダード採用の3層構造素材は伸縮性を備え、リサイクル成分70%で、人力のみに頼るスノースポーツに理想的。

フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

引用元:https://www.patagonia.jp/product/ms-snowdrifter-jkt/30065.html?dwvar_30065_color=ANDB&cgid=sport-skiing-snowboarding-mens-jackets-vests

 

メンズ・インサレーテッド・スノーショット・ジャケット

価格:44,000円

多用途に使えるフル機能を備え、動きやすさを重視したジャケット。

防水性/透湿性/防風性プロテクションを提供するH2Noパフォーマンス・スタンダード採用の2層構造シェル素材を使用し、40グラムと80グラムのサーモグリーン・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル92%)の温かいインサレーション入り。

自由な動きに対応する立体的なフィットで、滑らかでレイヤリングしやすく快適なタフタの裏地付き。

フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

引用元:https://www.patagonia.jp/product/ms-insulated-snowshot-jkt/31080.html?dwvar_31080_color=BLK&cgid=sport-skiing-snowboarding-mens-jackets-vests

 

 

メンズ・スノーショット・ジャケット

価格:37,400円

多用途に使えるフル機能を備え、動きやすさを重視したジャケット。

防水性/透湿性/防風性プロテクションを提供するH2Noパフォーマンス・スタンダード採用の2層構造シェル素材を使用し、自由な動きに対応する立体的なフィットで、滑らかでレイヤリングしやすく快適なメッシュの裏地付き。

フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

引用元:https://www.patagonia.jp/product/ms-snowshot-jkt/30942.html?dwvar_30942_color=ANDB&cgid=sport-skiing-snowboarding-mens-jackets-vests

 

 

以上のように、GORE-TEXなどの防水撥水に重きを置いたモデルや保温を優先するものまで幅広く展開しています。

 

 

ただ、

「軽量・動きやすさを重視」

 

と書いてある場合は、スノーウェアとはいえ、初めの方にも書いたように生地は薄い印象ですね。

 

 

 

やはりインナーをしっかりと着込まないと寒さという点では厳しそうです。

 

アクティブに遊んだ汗で内部が蒸れないような設計になってると思いますが、寒さや汗の冷えから熱が奪われるのを考えるとインナーもさらに重要になってきます。

 

僕の中ではユニクロのヒートテックシリーズとパタゴニアのフリースとモンベルの薄いダウンで調整可能かなと思っていますが、氷点下20度の中で遊ぶという感覚を忘れてしまってます。

 

何事も経験。

思い出すにも経験。

 

来週あたりスキーに行って、子供の頃を思い出そうと思います。

 

パタゴニアのスキー・スノーボードウェア!パウダーボウル パンツ前のページ

アルペンスノーボードのビンディング?バインディング?はアクトギアのトゥークリップにしてみました!次のページ

関連記事

  1. スキー

    同級生と糠平スキー場!25年前の宿泊研修を思い出します。

    どうも、ヨシヒコです。前日のトマムスキー場…

アーカイブ

PAGE TOP