フック

サーモン用のフックでも準備しよう!

どうも、ヨシヒコです。

 

昨日は高校野球の審判業務。

そして日曜日くらいはと思ったんですが、低気圧の通過でサーフから釣りができるところはなし。

漁港でやろうと思えばできるのでしょうが、場所取りで不快な思いを経験したことが多々あり、サーフの釣りばかり求めているので今週の釣りはお預け!

ということで、来週以降のアキアジ釣りに向けてフックを巻くことにしました。

 

基本的にルアー単体の釣りをしたいので、フックのサイズはアキアジ専用のような大きなサイズは使いません。

ウキは仕方なく混雑によっては使いますが、ルアーにはタコベイトもエサも使うことはありません。

実際のところ、タコベイトとエサによってフッキングが悪くなっているような気がするのと、スプーンそのものがそれらに邪魔されて泳いでいません。

本来のスプーンの動きを損なうことなく単体で泳がせて釣りたいというわがままスタイル!

 

とはいえ、活性が低い時にはかなり苦戦を強いられますが、それもまたゲーム性が高くていいという自己満足(笑)

アタリを感じた瞬間に合わせることができるのがルアー単体のメリットでもあります。

 

エサ付きのウキルアーの場合は、ルアーよりも餌釣りの要素が大きいですから、合わせを入れるタイミングが難しいなと思います。

今回は、丸セイゴの20号フカセの17号

アイになる部分はバッキングライン30ポンドを使ってます。

 

釣行回数も少ないので、とりあえず十数本ずつ巻いてみました。

天気もいいので、釣具のメンテナンスと家の掃除をして、リフレッシュしたいと思います。

 

話は変わりますが、昨日のプロ野球!

ビールを飲みながら広島東洋カープの優勝を見ていましたが、黒田さんや新井さんなどの存在が組織を強くするんだなと思いました。

率先して結果を残すことにこだわる先輩。
それを見て成長しようとする若手。

今の社会でも同じようにできている組織が結果を残しているのだろうなと考えさせられました。

知床カラフトマス釣行は生憎の天気でしたが・・・前のページ

【トラウトルアー北海道】ランカーズ釧路の佐々木さんが監修された雑誌。次のページ

関連記事

  1. フック

    トラウトルアーの天国針!自作のスイミングフックが秀逸!

    どうも、ヨシヒコです。最近主流となっている…

  2. フック

    シーズン間近!スイミングフックを巻く一日。

    どうも、ヨシヒコです。週間天気予報を見ると…

  3. フック

    フックケース!100均のピルケースが意外と使えます!

    どうも、ヨシヒコです。釣行しないと更新する…

  4. フック

    自作スイミングフックを大量に製作するために大人買い!!

    どうも、ヨシヒコです。市販されているスイミ…

  5. フック

    ミノーのフックはバランスが重要ですね〜!速巻で露呈します!

    どうも、ヨシヒコです。今までジグとスプーン…

アーカイブ

PAGE TOP