ロッド

ルーパス86M モンスターチェリー さすがヤマガさん

以前のブログでも書いたけど、
あらためて良いロッドですね。

MAXウエイト30gの表記はあるものの、
最近使用していたルアーウエイトの上限は
18gのジグとスプーン。

5gや7gのスプーンをキャストした感じでは、
思っていたよりも柔らかい。

これで28gのジグをキャストするのは
正直怖いな〜という印象だったけど、
昨日の釣行でこのロッドの凄さがひとつわかりました。

最初は恐る恐るベリーとバットにゆっくり乗せてキャスト!

んっ?思ったよりキャストしやすい。。。

柔らかいロッドだとキャストする時の
前振り段階になるところで、まだしなるの?
ってくらいルアーが前に出ていこうとしない。

完全にロッドが負けている状態になる。

でも、このルーパス86Mは全然負けない。

軽量なスプーンをキャストしてるときに
感じた柔らかさを保ったまま、
しっかりと反発してくれる。

これがヤマガブランクスのロッドなんだ〜

 

と、一人でちょっと興奮してしまった。

サーフで使うには短いしパワーも足りないかなと
思ってたけど、これなら南十勝の海サクラを
仕留めることができると思います。

 

なんせ86というレングス。

このレングスで28gのジグまでストレスなく振れるので、
長時間キャストを続けても疲労感が全然違うはず。

ティップが繊細でモンスターとやり取りできる
ベリーからバットにかけての粘りというか弾性力。

またひとつ、楽しみが増えました。

元ガイド部分
糸抜けもいい感じです。

そして2ピース目
ガイドは元ガイドを含めて全部で9個
トルザイトリングです。

 

で、実は問題が一つ。

僕の使っている13セルテートの3012Hだと
しっかり固定できない状態。

リールの脚がなんとなく薄いような・・・

2510PE-Hだとピッタリ装着できるんですよね。

はて???

同じ13セルテートのシリーズなのに
なんでそんなことがおきるのか・・・

作られた時期によってリールの脚の厚みって違うのでしょうか?

ちょっと謎ですが、3012Hを使う場合は
保護シートか何かで誤魔化そうと思います。

まずは土曜日の支笏湖釣行。

 

新たな試みをもとに、満足のいく釣果を得たいところです。

十勝川 デベロップ22gで40UPのアメマス前のページ

明日の支笏湖準備次のページ

関連記事

  1. ロッド

    ノースアングラース12月号はロッド紹介

    最近釣りには行けていませんが、こういう記事を読むと心が動き出す!…

  2. ロッド

    迅速なFishmanカスタマーセンター。2日で手元に戻ってきたLOWER8.6L。

    どうも、ヨシヒコです。前回の釣行で折れてし…

  3. ロッド

    ハードストリームス ロッド ゼアスグランツのインプレ!

    まずは購入時に軽く上下させたロッド全体の感触は、とにかく柔らかい!…

  4. ロッド

    ハードストリームスのトラウトロッド。 ゼアス グランツ!

    寒い季節がやってきました。最低気温も朝はマイナス6度とか、地域…

アーカイブ

PAGE TOP