ロッド

ヤマガブランクス EARLY93MH/B 海サクラマス用のベイトロッドとして良いかも?

どうも、ヨシヒコです。

 

2021年のサクラマスシーズンは、フィッシュマンのブリストベンダバール89Mを使い通してきました。

 

ベイトロッドの100メートル砲!

 

というのがコンセプトになってるロッドです。

 

商品説明は以下のとおり。

商品説明

VENDAVAL(ベンダバール)は強風下でも戦えるベイトロッド作りをコンセプトにし、北海道の強風(向かい風7~15m)やアルゼンチンのパタゴニア地方(向かい風10~20m)でテストした。
このロッドの特徴は、とにかく「飛ぶ」ということ。
無風時飛距離テストでは、100m超えを何度も達成できた。
このロッドのメインコンセプトは5.10シリーズの延長線上にもあるため、ぐにゃりと曲がるが素早いムチのように早い収束。
この点においてロングレングスはショートレングスの比ではないくらい難しい問題だったが複数のマテリアルを実装し、反発の遅い箇所をピンポイントで見つけ出し、より最適な反発となるようひとつずつ微調整していくという気の遠くなるような作業を延々くり返した結果、きちんと(Fishman)らしいロッドとなった。
一般的に使用されるシーバスルアー10~14cmやメタルバイブを遠く離れたポイントへ快適にアプローチ。
そして、ブレイクが近い波打ち際で暴れる魚を強引にズリ上げられる強いバットを装備している。
フィールドはサーフ、磯、河口、湖など

そして、スペックは以下のようになっています。

  • レングス:8.9フィート
  • マテリアル:4軸カーボン
  • 自重:約240g
  • ガイド:Kガイドチタン+ステン
  • 継数:3ピース
  • 仕舞い寸法:108cm
  • グリップ長:48cm
  • ルアーウェイト:7~45g
  • ライン:PE1.5〜5号

 

ブリストシリーズなので強靭なバッドを有しながらも曲がるロッド。

 

だからこそ、

ベイトリールで快適なキャストができるということになります。

 

ベイトタックルの最大の欠点は、バックラッシュによるライントラブルというのは共通理解されてるところだと思います。

 

ベイトリールの構造上、ロッドのしなりを利用するキャストじゃないとバックラッシュになる。

 

ということは、いくら強いロッドを作りたくても、キャストして使う場合には曲がらないとダメ!

 

でも、それじゃ弱いロッドしか作れないのか?

 

ということになってしまいますが、そんなことはありませんね。

 

ベイトのキャスティングロッドを作る際の大きなポイントであり苦労される部分だと思いますが、ベイトロッド専門メーカーであるフィッシュマンは、その課題に対して各セクションのカーボンや厚み、シートの角度を変えたりしながら強くてしなる、バックラッシュのしずらいロッドに仕上げているところが凄いです。

 

 

僕もコンセプトに準じて、ベンダバールでCミッションやトンデンを遠投しながら海サクラマスを楽しんでいたわけです。

 

しかし、僕の釣り方としては十勝太平洋のサクラマスを狙うために軽量スプーンも使うことが釣果への道。

 

 

ベイト経験の浅い僕は、軽量スプーンをベンダバールで上手くキャストができない悩み・・・

 

本来なら10gまで扱いたいところですが、ミノーと違って空気抵抗も少ないスプーンは重みを感じずらい。

 

 

先ほども説明したとおりキャストする際にロッドが後方で上手く曲がってくれないと、その反発でキャストするベイトタックルはバックラッシュがあるのみ。

強くロッドを振り出すよりは、後方のタメを早く強くして自然と前に押し出す感じ。

 

 

とにかく、キャスト時に後方でロッドが曲がらない(ルアーの重みを感じられない)と上手くキャストができない。

 

ただ下手なだけで済ませられたら練習あるのみ!

 

 

そう思いたいけど、道具のせいにしたくなるのも釣り人の性だと思います。

 

 

20g〜30gのジグやスプーンをキャストするには素晴らしいロッドなんだけど、僕が扱うルアーの下限にはちょっとマッチしない。

 

そんな不満を抱えながら、今シーズンのカラフトマス用に購入したフィッシュマンのビームスローワー86L。

 

 

こちらのロッドは、とにかく気持ち良く曲がる。

 

なので、軽量ルアーの扱いは本当に最高。

商品説明とスペックは以下のとおり。

Fishmanロッド群でNo.1恍惚キャストのLOWERに8.6ftが追加
LOWERに長尺の8.6フィートが追加。
バット部の継ぎセクション位置が7.3Lよりも長くなったことによって、キャスティングがしなやかなのにシャープという印象をうけるだろう。
これが無駄のないパワー伝達を可能にし、さらなる遠投性能アップにつながる。
7.3Lではどうしても届かなかった5~6gの重さのルアーを、理想の場所へ届けてくれるはずだ。
8.6ftのレングスから放たれ、巻きなどのアクション、そしてバイトとなるのだが、このときさらに驚く性能が現れる。
絡みつくように外れづらい「針掛かり」性能にも力を入れて開発したティップセクションである。

  • 全長:260cm(8フィート6インチ)
  • マテリアル:4軸カーボンロッド
  • ガイド:Kガイドチタン+ステン
  • 自重:167g
  • 継数:3ピース
  • 仕舞寸法:96cm
  • グリップ長:44.5cm
  • ルアーウェイト:5~25g
  • ライン:PE0.6~2号

 

最近はカラフトマスからレイクのトラウトまでコレ1本。

 

ベイト初心者でも扱いやすいという理由は、なんと言っても気持ち良く曲がるから!

 

だからと言って弱くはない。

 

ただ、これをサーフに持ち込むと30g前後のジグをフルキャストできない。

 

 

僕としては本当に心苦しい。

 

この2本の中間があればすぐにでも欲しいくらい。

 

 

これは他メーカーのベイトロッドも使ってみるべきだな〜

 

という思いがありました。

 

 

そして、Twitterを再開した数日後、運命的な投稿を目にしてしまいました。

 

ランカーズ釧路さんの投稿です。

 

これを見て、

「あれっ?これは僕の釣りにマッチしたベイトロッドじゃないの?」

っていう、

 

運命的なものを感じてしまったんです。

 

北海道アングラーなら誰もが一度は見聞きしたことのある佐々木さんが投稿してるはずなので間違いない。

「モチってした粘りのあるアクション」

ここがね。

 

forロックなので、コンセプト的にはロックフィッシュのロッド。

イメージとしてはバットガチガチのファーストテーパー?

 

でも、

「モチッ」
「粘り」
「曲がる」
「バレない」

って佐々木さんが言うんだから間違いないでしょ?

 

気になるからヤマガブランクスさんのホームページを見たりYouTubeを見たりして確認。

スペックなどの詳細は以下のようになります。

93MH/Bは繊細でやや柔軟なティップ~ベリーセクションを持たせており、テキサスリグでボトムをはわせ、転がすようにアクションしたり、ボトムでのシェイキングや点での攻めができ、張りの強いロッドではできないナチュラルな釣り方を得意とするモデルです。
ボトムを丁寧に探り、低活性時の浅い食い方でも柔軟なベリーでかけ、ベイトリールの巻きの強さを生かせるパワフルなバットで一気に勝負をかけることもできます。
もちろんボトムの釣り以外にもスイミング系ルアーを遠投し、広範囲を手返し良く探って行くゲームやシーバスゲームにも使用できるベイトオールラウンダーモデルです。

Length:2815mm
Weight:149g
Section:2pcs
Lure Line:10〜50g
LinePE:1.2〜2.5号
仕舞寸法 : 1615mm
ジョイント : 逆並継ぎ
ガイド:SiC-SステンフレームKガイド仕様(Fuji)

 

僕が最初に注目したのが重量です。

Early94MH/B
9フィート4インチ(2ピース)
149g
ルアーウエイト 10g〜50g

ベンダバール89M(3ピース)
8フィート9インチ
約240g
ルアーウエイト 8g〜45g

ローワー86L(3ピース)
8フィート6インチ
167g
ルアーウエイト 5g〜25g

 

数字でゴチャゴチャしてしまいましたが、2ピース3ピースの違いはあるけど、アーリー94が一番長いのに一番軽くてルアーウエイトも大きくて広い。

 

そして、キャスト・ヒット・ファイトシーン動画も確認しました。

 

海サクラマスの攻略としてスプーンを長い時間漂わせたり、時には上下のアピールのためにシェイキングを使うことがあるのですが、基本的に重たいロッドだと疲れちゃうんですよね。

さらに、ティップが硬すぎても柔らかすぎてもダメ。

 

でも、動画でシェイキングのシーンを見る限りでは、ベリーにかけても本当に気持ち良い感じ。

 

 

これは間違いない!

戦力になる!

 

 

ただ、ランカーズ釧路さんのところまで買いに行くのは遠い。

(この時点で買うことになってるのが恐ろしい)

 

 

 

はい!

 

ポチッとしたら手元に届きました。

 

 

いや、

 

届けていただきました?

 

 

だって、クリスマスだからね。

デザインは格好いいよね〜

 

でも袋がチープな感じなんです・・・

 

もっと高いロッドなら違うのかな?

 

 

でもまぁ、中身の問題だよね。

 

最近はフィッシュマンロッドの3ピースやショートレングスの2ピースばかりだったから、久々のロングロッド2ピースはやたらと長く感じます。

このブラックが格好いいですよね!

 

ヤマガブランクス!

シーバスゲームにも使用できる

「ベイト・オールラウンダーモデル」

です。

 

という説明のとおり、For Rock(フォー・ロック)とはなっていても完璧なロック用に作られたわけではないようです。

2021年発売のアーリーシリーズには

For Surf
For Rock
For seabass

の3種類に分かれていますが、どれもキャスティングロッドであることに変わりはありません。

 

一応コンセプトとして分かれているという程度だと思っています。

引用元:https://yamaga-blanks.com/product/allcasting/earlyforsurf/

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥32,500 (2022/01/27 23:56:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥34,100 (2022/01/28 03:01:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥32,190 (2022/01/27 23:56:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥33,500 (2022/01/28 00:15:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥37,400 (2022/01/28 00:15:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

引用元:https://yamaga-blanks.com/product/allcasting/early-for-rock/

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥38,060 (2022/01/28 03:19:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥34,347 (2022/01/28 00:58:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

引用元:https://yamaga-blanks.com/product/allcasting/early-for-seabass/

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥35,750 (2022/01/28 03:24:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥37,500 (2022/01/28 03:19:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

その辺りは監修を行ったプロのテスターの方々が語ってる動画があるので間違いないです。

 

 

さっそく購入したEarly For Lock 93MH/B を家の中で繋いでみましたが、持った瞬間

「軽い!」

というのが第一印象。

 

穂先を振ってみると硬さは感じるけど、おそらくキャスティングしてみると全然印象が変わるんだろうなと思います。

 

張りのあるブランクスって実際に使ってみないと全然わかりませんからね。

 

 

ロッドを立てて誘いを入れて、柔らかい穂先で送り込んでガッチリフッキング!!!

 

っていう波打ち際でスプーンをひったくるサクラマスのイメージが出来上がってるんですが・・・

 

 

とりあえずロッドが振れる場所に行きたいなと思っているんですが、なんで寒波なんでしょうか。

 

 

釣果度外視にして、どこか行こうかな。

 

例年だと完全にオフモードに入るのに、今シーズンは釣り熱が冷めない。

 

 

支笏湖に心奪われたかな(笑)

 

日曜日、無謀なことでも・・・

 

ん〜、悩む。。。

準備はできてるんだけど(汗)

created by Rinker
KURE(呉工業)
¥463 (2022/01/27 18:15:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スミス(SMITH LTD)
¥836 (2022/01/27 21:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

ジリオンSVTWの異音が気になってワンウェイクラッチとドラグカラー交換したんだけど・・・前のページ

食べ過ぎ飲み過ぎの年末年始!2022年も、よろしくお願いいたします!次のページ

関連記事

  1. ロッド

    ルーパス86M モンスターチェリー さすがヤマガさん

    以前のブログでも書いたけど、あらためて良いロッドですね。M…

  2. ロッド

    迅速なFishmanカスタマーセンター。2日で手元に戻ってきたLOWER8.6L。

    どうも、ヨシヒコです。前回の釣行で折れてし…

  3. ロッド

    フィールドハンター LST85HL そして LST80HLへ

    前々回の釣行で折ってしまったロジック・スーパートゥイッチャーボロン…

アーカイブ

PAGE TOP