日常&自己啓発BLOG

平成最後の大晦日 穏やかな十勝晴れです

 

昨日は後輩たちが遊びに来てくれて楽しい時間を過ごすことができました。

あれから10年くらい経つのかな〜

甲子園出場を夢見て日々練習。
大きな思い出とともに、濃い時間を生きていたなと振り返ってしまいます。

 

それくらい熱中できていたんだなと。。。

 

バーンアウトという熱中しすぎた後に冷めてしまう精神状態の時もありましたが、今はフィッシングライフに没頭できることに感謝感謝です。

 

趣味は本当に大切ですよね。

人間が生きていくためには絶対に欠かせないもの。

 

大人になってからも子供の時のようにワクワクすることがある。

それだけで僕は幸せを感じています。

 

 

このワクワクをもっと増やしたい!

 

それが2019年にやるべきことです。

 

できない理由ばかり並べていたら、あっという間に月日が経ってしまう。

年齢を重ねると一年が本当に早く感じる。

 

もっとアクティブに生きないと、時間が勿体無いなと最近めちゃくちゃ思うわけですが、考えてみると読書もワクワクさせられています。

これからの時代はどうなっていくのか???

 

ただなんとなく過ごしていたら、あっという間に時代に取り残されてしまうなと思うばかりです。

新しい時代を迎えるというか、すでに平成が終わり、来年は新しい年号に変わり、一つの新しい時代を間違いなく迎えます。

 

諸外国との関係や日本経済のこと、2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博など、大きな行事とともに島国日本もグローバル化の波は避けて通ることができません。

それがキャッシュレス決済であったり、沖縄の基地問題だったり、レーダー照射がどうのこうのって話題になっていますよね。

北方領土のことや竹島問題、尖閣諸島の問題など、国の在り方が問われているなと思います。

年金、増税、外国人労働者、働き方改革・・・

 

まだまだ挙げたらキリがないほど、問題は山住みです。

テクノロジーの進化によって、次の年号では「仕事が奪われる時代」と呼ばれるかもしれません。

 

今現在が過去になる。。。

 

そんな時代もあったな〜

なんて振り返るかもしれない。

 

過去のように黙って仕事して退職して老後を過ごす・・・

 

これはもう無い!

 

「遊びが仕事になる」とも言われているように、今までの価値観なんて全然通じない時代になるでしょう。

テクノロジーによって、人間の生活がどんどん楽になる。

 

ということは、誰でもできることや嫌な仕事は機械に置き換えられていく。

人がやる必要がなくなるってことです。

 

だから、「遊びが仕事になる」と言われていますね。

自分が楽しんでる遊びを機械にやってもらおうなんて、誰も考えませんよね。

 

新たな仕事がどんどん生まれてくる。

 

裕福になった時代に、レジャー産業が拡大していったのと同じです。

趣味で楽しんでいる人が増えたから、新しい市場ができていきます。

 

楽しいところに人が集まると、自然とお金も集まる。

当然の流れなんですよね。

 

今年最後のブログになりますが、先の変化を見据えながら学びとチャレンジ!!

2019年は立ち止まることなく、学びとチャレンジを継続することに重きを置いていきます。

 

今年一年、多くの方々にご迷惑をおかけしながら、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございます!

 

来年もまた、お世話になります。

それでは、良いお年を!!

 

連休2日目!ちょっと飲み過ぎたかな〜前のページ

新年、明けましておめでとうございます!次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発BLOG

    神棚の鏡に映る自分が神様なんだよね!

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。小さい…

  2. 日常&自己啓発BLOG

    高野連の大人たち。変わらないよね(笑)

    全国高等学校野球選手権大会、通称「甲子園」大会が終わったばかりですが、…

  3. 日常&自己啓発BLOG

    明日からGW後半 だけど雨・・・

    GW中に3回は支笏湖に足を運ぼうと計画していたのですが、明日は…

  4. 日常&自己啓発BLOG

    今年初めて白樺学園にお邪魔してきました。

    ボーイズで少しの期間教えていた選手がいたり、指導者とも親交があるので、…

  5. 日常&自己啓発BLOG

    十勝川温泉 渋滞の正体は

    いつもどおりの通勤。何年も通っているので車の右折や左折の場所は…

  6. 日常&自己啓発BLOG

    死ぬまで歩いていられる身体 健康第一って本当だなぁ

    老後を迎えたとき、自分はどんな姿でいるのだろう?…

アーカイブ

PAGE TOP