ブログ

毛玉クリーナー 電池式よりコンセント式の方が使いやすいかも!

寒がりの僕にとっては肌触りや保温性、簡単にファスナーで脱ぎ着できるので、寒い季節のフリースは手放せません。

そんなフリースですが、他の素材に比べて毛玉ができやすい。

仕方ない部分とはいっても、ゴミがたくさん付いているように見えるのはあまりいいものではありません。

 

今までは電池式のコンパクトな毛玉クリーナーを使っていましたが、なんだか綺麗にならない。

刃がダメになっているのか、それとも機械的な問題なのか、それとも電池の問題なのか・・・

 

新品の電池を入れても納得のいく回転力は得られず、なんとなくネット検索を開始。

 

初めて知りました。

コンセント式があることを・・・(笑)

 

昔からあったのかな?

こんなのあったらいいのにって小学生の頃から思っていたので、ちょっと驚きました。

いつから販売されていたんでしょうか・・

大分前からあるんでしょうか(汗)

 

電池式は、電池が新しいとストレスなく使え流のですが、使い終わりはほぼ電池を入れたまま放置するので、次回使う時には電池の起電力が下がってしまい回転力が弱い。

これがよくあることで、その度に電池交換が必要になるんですよね。

そんなストレスがあったので、これは即買いでした!

・パワーの落ちないコンセント式の毛玉クリーナー

・生地の種類によって3段階の高さ調節が可能な、「ふんわりガード」

・高級カミソリにも使用されている切れ味鋭いステンレス製大型カッターを使用。

・100ミリリットルの大容量ダストBOX。

・コンセントから離れたところでも使いやすい2mのロングコード。

 

替え刃も付いているし、回転力が変わらないでずっと使えるのはストレスを感じません。

フリース1着だけでは物足りないので、2着3着まとめて作業した方が、毛玉クリーナーの本機の出し入れの手間もありますし、時間の節約にもなります。

みるみる取れていくので作業そのものも気持ちいい。

 

掃除と一緒で綺麗になるっていいですよね。

 

電池のコストや起電力低下による弱い回転力にストレスを感じないので、旅行などで持ち運ばないのであれば断然コンセント式の方がメリットになる部分が多いと思います。

 

コンセントのケーブルが外せないのは不便かもしれませんが、使い終わったら収納袋もついているので邪魔にはなりません。

 

サイズに悩むUS製品 SIMMS(シムス)ウェーダー・ジャケット・ベスト前のページ

patagonia(パタゴニア) ラインド・キャンバス・フーディ 次のページ

関連記事

  1. ブログ

    人はストーリーで心を動かされる!

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。読者を…

  2. ブログ

    我慢して働くことが仕事なのか??

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。なかな…

  3. ブログ

    人生の後悔 死を覚悟した時に何を思うか?

    ちょっと深刻なタイトルで切り出してみました。…

  4. ブログ

    資格がいらないこそ差が出るんだよね!

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。職業に…

  5. ブログ

    マライア・キャリーが暗号通貨の祭典にゲストとして登場?

    マライア・キャリーは多くの方がご存知のアーティストですよね?…

  6. ブログ

    ビットコインが急騰!爆上げ期待のコインが無料でもらえる。

    7月18日に1時間程度で10%近く上昇したビットコイン。6…

アーカイブ

PAGE TOP