ブログ

賃金は上がらない。それは安い給料で働いてくれる人がいるから!

国会でも外国人労働者の話題で騒いでいますね。

今まで政策が問題だったのか、僕には詳しくわかりませんが、
最近になって外国人労働者の過酷な労働環境が明らかになってきました。

 

明らかになってきたと言うよりは、報道されるようになってきた・・・

 

の方が正しいかな。

 

今までずっとそうだったんだと思います。

 

豊かな国、日本に来たら稼げると思って来てみたけど、

 

現実は違う。。。

 

なかには裕福になっている人もいるはずですが、
これは外国人に限らず、

日本人だってブラック企業と言われる会社で働いている人はたくさんいるし、
過労死自殺にまで追い込まれている人もいます。

 

外国人労働者だけにフォーカスした話ではなく、

日本の劣悪な労働環境に問題があるってことです。

 

でもなぜ???

こんなことが起きる原因は、そもそもなんなのか???

 

 

 

確かに仕事の適性もあれば、能力の問題もある。

外国人労働者なら言語的な問題もあるでしょう。

 

でも、資本主義社会である以上、

資本を持った人を中心に作られる社会なんですよね。

 

だから、

雇用する側の人がいて、そこで働く従業員がいる。

 

従業員という字のごとく、業務に従ってくれる人員なんです。

 

 

雇用する側が決めた賃金や給料で働かざるを得ない。

もし不満なら、他の仕事を探しないさいってことになる。

 

どれだけ不満を持ったところで、

法律に違反しない限りは雇用する側に文句を言ってもはじまらない。

 

 

しかも、

労働条件が悪いとはいえ、

そこで貰える給料が無くなると困るから、そこで勤める人がいる。

 

その労働環境でも「働こうとする人」がいる限り、

その環境は簡単に変わることはない。

 

それは、給料に関しても同じ。

 

安い給料で「働いてくれる人」がいる限り、

その仕事においては給料は上がらない。

 

 

もし、

その仕事の労働条件と賃金から考えて、

誰も働かないよ!

 

ってなれば、

雇用する側は労働条件を改善するし、
給料も上げざるを得ない。

 

だから、

どんな劣悪な労働条件や給料であっても、
それを受け入れる人がいる限り、
その仕事も給料も変わらないっていう仕組みが成り立ってしまう。

 

需要と供給のバランスですから、
仕方がないことだって思ってしまう。

 

 

これをどう改善していくのか???

 

政府が示す「働き方改革」には、
このような問題が山積みなんですよね。

 

最終的には「自分の身は自分で守れ!」

って世の中になるなと僕なんかは思っているところです。

 

副業を解禁する意図も、

「労働環境や給料に文句を言うなら自分で複数の仕事をこなして稼げ!」

ってことだと思うし、

稼ぎが多くなれば消費活動も活発化する。
税収も増える。

 

国が求めていることです。

 

 

経済の循環をどう産むか?

 

今の日本の課題です。

 

 

それがなければ国として成り立たなくなりますからね。

 

勤め先からの給料だけ、日本円だけ持っていれば・・・

退職金、年金をアテにする・・・

親の遺産・・・

 

どれも当てにならない(汗)

 

 

「資産を作る!」

 

国民全員が考えなければならないことだと思います。

 

それに気づき、行動している人はたくさんいます。

その様子がこちら

 

 

仕事以外にも方法は様々です!

今話題の THE FINAL!

 

 

人間関係で苦労??そんなの嫌う人もいれば好きになる人もいる。前のページ

今日の十勝川 魚はどこ?? ん〜、寒いよ!!次のページ

関連記事

  1. ブログ

    ネット社会から見るライフスタイルの変化

    小さい頃の教育の一つに「みんなと仲良くしないとダメ!」…

  2. ブログ

    新時代をどう生きていこうか 連休最終日を迎えて思うこと

    あっという間に連休最終日を迎えました。いろんな決意をも…

  3. ブログ

    気合い入れて整理整頓!

    こんばんは。ライターのヨシヒコです。今日は…

  4. ブログ

    努力は必ず報われる!楽しいことならね!

    こんにちは。ライターのヨシヒコです僕の嫌い…

  5. ブログ

    停電は大部分で復旧!北海道は電力が足りない事実。

    全道的に停電になり、僕も丸一日だけ停電を経験。本当に電気の有り…

  6. ブログ

    野球からは離れられない。。。

    昔からの流れというか野球界の体質に疑問を持つことが多くてこの世界で…

アーカイブ

PAGE TOP