カラフトマス

2023年カラフトマス釣行第2弾!本当にいない・・・なんとか1尾は過去の経験から。

どうも、ヨシヒコです。

お盆休みの連休も最終日!

 

ワクワクするような情報もない。

だけど行かないと分からない。

特に予定もないし、日帰りで行ってきますか〜。

みたいな感じ。

 

前日の7時頃に出発して、現地で軽く寝て4時前にはポイント到着。

釣り人はすでに3人。

なんだけど、暗い中でキャストしてる。

 

数が少ないと言われてる今シーズンのカラフトマス。

この状況だと朝イチの貴重な岸寄りは期待できない。

 

知ってる人はやらないと思うけど、サケのようなシステムで釣ろうとしても、なぜかカラフトマスは暗い時間帯に釣れない。

しかもルアーで狙うなら尚更そうなんだけどね。

 

明るくなる頃には僕も含めて6人くらい?

8時くらいまでは入れ替わりで10人に満たないくらいの釣り人の数。

本当に釣れてないという証拠です(汗)。

 

さて、明るくなってから海面を眺めるところからスタートするカラフトマスフィッシング。

闇雲にキャストしても、群れがいたら散らせてしまうだけ。

 

とは言っても全然気配がないんですよね〜。

 

そう思っていたら左側でフカセ釣りヒット〜

続くのかな〜と期待したいけど誰も・・・。

 

そしてまたフカセ釣りヒット〜

ん〜、続かない。

 

というか魚の気配がない状態で時々気まぐれに釣れる?

朝のゴールデンタイムで散発2本。

 

そして左側のルアーマンにもヒット。

 

気配はないけど・・・。

そして右側のルアーマンにもヒット。

 

朝の4時から7時くらいまでかな?

3時間で4本くらい。

確認できてないかもしれないけど、そんな程度です。

 

天気予報どおり暖かいのは有り難いけど、風速6メートルの斜里町。

このポイントは大きなワンドのようになっていることと、河川の流れ込みがあるので複雑な風が吹く。

 

定まらないから四方八方からの強風です。

PEラインだと勝手にルアーが海面から飛び出してしまう状況。

 

魚もいないけど、そんな状況なので8時には僕ひとり。

このお盆シーズンでコレですから。

僕はとりあえずPEラインでは勝負にならないと思ってナイロンラインに変更。

ナイロンといえば「バリバス」ということで、今回はゲーム12ポンドを巻いてあった久々のタトゥーラSVTWを使いました。

酷使してないリールなので快適で滑らかさが残ってる!

サーフでガンガン使ってるジリオンSVTWは、とりあえず動けば問題なしっていうレベルになってますからね。

新品に近いリールってこんな感じだよな〜って、久々の感覚が気持ちよかったです。

 

ヒットしたのは7時を過ぎた頃だったかな?

カラフトマスの姿が見えない。

でも、散発で釣れるくらいなので、少なからずいるでしょ?

 

ということで、干潮に向かってる状況とカラフトマスが泳ぐところ。

岩盤や大きな石など、それらの間をトレースできるようにキャストするだけ。

どうしても風と技術的なこともあって思うようにキャストはできないし、トレースラインも途中で草を拾ってしまう。

本当にストレスフルな状況だったんだけど、価値ある一尾だったと思います。

デベロップ10g
ゴールド・レッドヤマメ

シーライスは付いていたけど新しい感じもしない。

周囲で釣れてたカラフトマスも含め型は全て小さい。

本当にどうなってるんだ?

と思わずにはいられない。

誰もいなくなってからポイントを休めていたら、数尾の群れは河口に集まってきたけど古い個体でした。

ルアーには興味なく、10分くらいでどこかへ・・・。

最終的には鳥たちが好き勝手に湾の中で遊んでました。

 

とても今まで楽しませてもらったポイントとは思えない風景に、ちょっと寂しさを感じました。

温暖化の影響が大きいでしょうね。

 

カラフトマスの個体数が減ってるというより、快適な水温を求めて動いてるから北海道に近づいてこないという方が正しい気がします。

サケはまた別で、母川回帰率が高いので、季節になったらやってきてくれる。

本当に逞しいとしか言いようがない。

環境を言い訳にせず使命を全うするところが・・・。

 

だからこそ、何十本も釣り上げて浜に並べてとかね。

 

釣り歴浅くて嬉しさのあまり・・・

くらいなら理解したいところだけど、何回も何年も続けてる人。

 

十勝もそろそろ動く時が来たのかなって思います。

サケ釣りの場所取り感覚の人が現れるから、今シーズンの南十勝サクラマス釣行でもトラブルに発展しましたからね。

 

オホーツク海というか斜里町のサケマス釣りに関してローカルルールが始まろうとしています。

この先、全道的に拡大していくんじゃないかな?

そもそもルールがない、いわゆる「無法地帯」になってることが問題ですからね。

今後に期待しましょう!

created by Rinker
フィールドハンター
¥858 (2024/05/19 00:09:58時点 Amazon調べ-詳細)

お盆休みの振り返り〜!例年だと2回に分けてカラフトマス遠征なんだけど・・・前のページ

斜里町のサケマス釣りに関してローカル・ルールが始まる!十勝もそうなることに期待。次のページ

関連記事

  1. カラフトマス

    知床カラフトマス釣行!フカセ釣りに完敗。。。

    どうも、ヨシヒコです。金曜日ではありますが…

  2. サクラマス

    2017年はCミッションにも新色登場!

    どうも、ヨシヒコです。Cミッションは、僕の…

  3. サクラマス

    Cミッションに2016限定色登場!

    どうも、ヨシヒコです。あのC.ミッションに…

  4. カラフトマス

    知床のカラフトマスも終わりを告げる季節ですね!

    どうも、ヨシヒコです。昨日と今日の2日間、…

アーカイブ

  1. カラフトマス

    今年初の知床カラフトマス釣行!デベロップで何とか1尾はゲット!
  2. 釣行記録

    令和最初の誕生日に記録的な暑さ!個人的にはなんだか幸先が良いシーズンになりそう!…
  3. 日常ブログ

    満たされることがモノからコトになる時代!さて、自分はどんなアクションを起こすべき…
  4. 日常ブログ

    「自己中心的」じゃなくて自分のことが最優先されるべき!固定概念は新しい発見を奪っ…
  5. アメマス

    十勝川河口から大津三叉路へ行ってみました!
PAGE TOP