キャンプ&アウトドア用品

ドッペルギャンガーアウトドアからDODへ社名変更したアウトドアブランド!

どうも、ヨシヒコです。

 

キャンプ用品をネットで眺めていたら、ちょっと気になるメーカーがありました。

「芸人ヒロシ」さんのヒロシちゃんねるを見ていた時に、アウトドア用のベッドの紹介があって、その時に始めて聞いたのが「ドッペルギャンガーアウトドア」だったんだけど、本格的にキャンプを始めていない僕には???

気になって調べてみたら、2018年2月からDOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)からDOD(ディーオーディー)に社名変更していたメーカーでした。

それぞれのメーカーが持つコンセプトには興味があるので、早速ホームページを覗いてみました。

 

コンセプト

「アウトドア」と言うと難しく感じますが、つまりは「外で遊ぶこと」。
難しいことを考えなくても、外でご飯を食べたり、寝たりするだけで子供みたいにワクワクできる。
だから、私たちはアウトドアをするんだと思います。

ワクワクさせるようなユニークな製品。
ビギナーでも簡単に使える構造。
ファッション性の高いデザイン。
買いやすい価格。
イメージが膨らむWEBページ。

これらを通してアウトドアをもっとユルくてワクワクする場所にする。
そして、外で遊ぶハッピーな大人を増やすこと。
それがDODのミッションです。

引用元:https://www.dod.camp/concept/

 

外遊びをすることがアウトドアをすること。

難しく考えるのではなくて、子供の時に外で遊んでいた感覚でアウトドアを楽しんでもらいたいって感じでしょうか。

 

デザイン性も重視されていて、販売に関してもネットを主にやってるので広告費などはかけていません。

認知度はそれほどないかもしれないけど、僕みたいなタイプは惹かれてしまうのではないでしょうか。

 

拘りというかメーカーの独自性というか、他のメーカーとは違った部分を前面に出すメーカーって良いですよね。

それは、スノーピークも同じです。

アウトドア、キャンプというジャンルだからこそ、拘りを持つユーザーが多い。

そのユーザーを唸らせるようなコンセプトって必要だなと思います。

 

大量生産されたものを安く買う時代ではないし、多少高価なものでも個人が納得できる品質、他のメーカーにはない独自のアイテムや大多数が購入できない価格帯のブランド志向など、コアな客層から支持を集めることが求められる世界だなと思います。

 

現在はどの産業にも当てはまる共通のことですね。

モノ自体は溢れている世の中なので、人の欲求を満たしてくれるもの、今までに無かったデザインや性能が求められています。

大衆ウケするものよりも、ユーザーに響く何かがあるか?

 

とても大切な要素だと思います。

それにしても、このベッドは良いな〜

 

地合いを待つ時なんかに浜辺で寝そべるにはちょうど良いかも?

カーペットを敷いている家なら突然の来客のベッド替わりにもなるかな?

ちょっと興味津々です。

 

ネット検索、止まりません(笑)

created by Rinker
DOD(ディーオーディー)
¥7,539 (2024/06/15 23:11:44時点 Amazon調べ-詳細)

他メーカーの耐荷重180Kgの商品なんかも強度で考えたらアリですね!

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥28,800 (2024/06/16 00:49:57時点 Amazon調べ-詳細)

アウトドアとはいえ、快適な睡眠は必要ですからね。

監視する社会の仕組み?「我慢」が美徳だと思っている人ほどが挑戦を阻む!前のページ

帯広の焼肉店十勝ホルモンKEMURI(けむり)へ初めて行ってきましたが安いですね!次のページ

関連記事

アーカイブ

  1. サケ

    アキアジ釣行はヌカマップと止別と藻琴を転々としてラッキーDAY!
  2. サクラマス

    東十勝サクラマス釣行!アングラーの数はいるけど・・・
  3. 住宅環境

    銀次郎と咲希の見守りにTP-LinkネットワークWi-Fiカメラを設置!Tapo…
  4. ライン

    メインラインはナイロン?PE?ショックリーダーはフロロカーボン?それぞれの組み合…
  5. サクラマス

    南十勝サクラマス釣行!52センチをやっとCミッション達成です。
PAGE TOP