日常&自己啓発

指示されたことができたら褒められた時代は平成と共に終わりを迎えます!

どうも、ヨシヒコです。

 

はい、タイトル通りです。

小さい頃、大人から褒められることと言えば、言われらとおりに実践すること。

 

社会に出るまでは、親、先生、指導者など、上に立つ人の言うことを素直に実践できれば、怒られることはないし、褒められることの方が多かった。

仕事にしても、アルバイトなら言われたとおりにやっていれば、怒られるどころか優秀だって褒められる。

 

でもそれは、過去の仕組みであって、これからの社会には通用しなくなる。

働き方に関しても、本業があるから大丈夫!

と言うことにはならないかもしれない。

 

周りに合わせることが道徳的価値観のように教えられてきたけど、周囲が変わり始め、気が付いた時には・・・。

 

こればかりは、なってみないとわからないけど、時代の変化は感じる以上に進んでいる。

 

こんな統計も日本らしいなと思う。

夫と対等以上に稼ぐ妻の割合なんだけど、日本は5.6%。

なんだか普通に見えるけど、世界的に見るとこれ。

アメリカ 34.8%
中国   39.3%
ロシア  38.5%
ドイツ  32.2%
イギリス 26.2%
韓国   25.6%
フィリピン18.7%

日本の5.6%が異常だってことがわかる。

ダントツの最下位ですから。

 

インターネットによってグローバル化はさらに進む。

日本の人口減少と経済規模が縮小していくかぎり、世界をリードするような国にはなれない。

 

IMF(国際通貨基金)がまとめた試算によると、日本の40年後GDP(国内総生産)25%以上も減る見込み。

そのためには労働人口を増やすための改革が必要だと指摘されました。

 

女性外国人労働者の活用などを日本に促しているということなので、国がすすめている働き方改革などは納得できる部分ばかりです。

 

日本の今までの常識は、世界から遅れていると感じる部分もあります。

勉強ができる「頭の良さ」は大した必要ではなくなってきてる。

「知識」よりも「思考・判断」ができる「頭の良さ」が大切だと思う。

 

調べたらわかる「知識・情報」よりも、それらをどのように受け止め、活用できるかが求められている。

行動するための「思考・判断」ということですね。

 

数年後の目標とか立てても、あまりにも時代の変化が著しい。

数ヶ月単位で変わっていることも多い。

 

だから、1ヶ月、1週間という短いスパンをどう過ごすかって本当に大切なことだと思う。

 

人間なんて数年かけて変化するよりも、きっかけさえあれば、一瞬で変わりますからね。

でも、一瞬で変わるって怖いんですよ。

 

だから、少しずつ変わろうとする。。。

結果的にどうなるか???

 

少しずつの変化なんてできないから変わらない。

変わるのは年齢を重ねた容姿だけ!

ってことになる。

 

 

刺激のない毎日こそ、最大の苦痛。

今日で11月も終わり。

あと1ヶ月で2018年も終わり。

 

僕自身も「こんな一年にしよう!」と思ってスタートした2018年だったけど、全然違う結末で終わりを迎えそう。

でも、行動はできた1年になる。

 

土壌を耕し、種を蒔き、育てて、収穫する。

土壌を耕す情報収集。
行動の種蒔き。

次は継続の育てる段階。

収穫は時期が来れば刈るだけ。

一気に実るものなんて何もないから、段階を計画しながら行動するしか術はない。

 

焦って収穫しようとして失敗・・・

そんな1年でもあったかな(笑)

 

平成も終わりを迎え、「昭和の人間」などの言葉も「平成の人間」とか「平成のゆとり」とか、違った言葉も生まれてくるんでしょうね。

一つの節目が東京オリンピックだと個人的には思っているところなので、いろんな経験を重ねながら楽しいとか幸せとかよりも充実した時間を過ごせたらなと思います。

 

まだまだ30代。

いくらでもやり直しがきくな〜って思います!!

人に嫌われたら、あなたの勝ちです!前のページ

十勝川釣行!今日はなにも起きませんでした〜次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発

    1月もすでに前半が終了。時間は待ってくれない!

    どうも、ヨシヒコです。新年を迎え、今年はも…

  2. 日常&自己啓発

    北海道胆振東部地震!被害状況が明らかに。

    どうも、ヨシヒコです。寝ている間に電気が復…

  3. 日常&自己啓発

    小さなことでも習慣にすると未来は大きく変わる!

    どうも、ヨシヒコです。ユーチューバーで有名…

  4. 日常&自己啓発

    今日も引っ越し〜!

    どうも、ヨシヒコです。今日も朝はやくから引…

アーカイブ

banner
PAGE TOP