ロッド

ロッドの基礎知識 レングス?アクション?テーパー?なんのこと???

どうも、ヨシヒコです。

 

ロッドの基礎知識がシリーズ化してきました(笑)。

ロッド基礎知識 ブランク?ブランクス?どっちで呼ぶのが正しいの???

ロッドの基礎知識 ガイドの順番、数え方とは?

 

で、今回は「レングス」「アクション」と「テーパー」について。

 

レングス

レングスとは長さのことで、一般的な単位としてフィートとインチで表記されています。

 

1フィートは、30.48センチメートル。
1インチは、2.54センチメートル。

単純に
1フィートは30センチ
1インチは2.5センチ
と覚えておくと良いかもしれません。

 

計算すると、1フィート = 12インチ。

1フィートをインチに変えると12インチです。

 

なので、6インチというのは1フィートの半分ということになります。

 

8半とか8ハーフとか言ったりするけど、これは8フィート6インチのこと。

 

 

8.5フィートは8半ではないのでは?

 

細かい話だけどね(汗)

 

フィートのみで表記してるのか、それともインチが含まれているのか・・・

 

基本的にはインチが含まれていると思ったほうが無難なようです。

 

 

8フィート6インチのロッドは、259.08センチメートルなので約2.6メートル。

 

8フィート
30.48センチメートル × 8フィート = 243.84センチメートル

6インチ
2.54センチメートル × 6フィート = 15.24センチメートル

 

 

10フィートは304.8センチメートルなので、約3メートルということ。

 

1フィートが約30センチと覚えておけば、ポイントでのロッド選びに役立ちます。

 

アクション

これはメーカーによって変わるけど、柔らかい→硬いの順番に並べてみます。

 

UL(ウルトラライト)
L(ライト)
ML(ミディアムライト)
M(ミディアム)
MH(ミディアムヘビー)
H(ヘビー)
XH(エクストラヘビー)

 

MLよりも少し硬くしたMML

とか

Mよりも硬くしたMMH

とかもあります。

 

基本的には

L(ライト)
M(ミディアム)
H(ヘビー)

が基準ですね。

 

 

ロッドの表記はメーカーによって異なる部分ではありますが、基本的なところは変わりません。

 

レングス(長さ)
アクション(ロッドの柔らかさや硬さ)

コレが基本的な部分。

 

 

最近はパックロッド(3ピースや4ピース)が増えてきたから、ピースの数(何本で1本のロッドになるか)が表記に含まれてることもありますね。

 

ホンナミロッドを例にすると以下のようになります。

822M
8フィート2インチの2本繋ぎでミディアムアクション。

734HD−P
7フィート3インチの4本繋ぎでヘビーアクション。
Dはオールダブルフットガイドを意味してPはパックロッド。

こんな感じですね。

テーパー

基本的には3種類。

 

ファーストテーパー
レギュラーテーパー
スローテーパー

 

ファーストテーパーはティップ(穂先)側が弧を描くように柔らかく、ロッドの中心にあたるベリーから根本のバットにかけて硬く作られているロッド。

 

レギュラーテーパーは、全体的に弧を描くロッド。

 

スローテーパーは、ベリーからバットにかけての根元側が弧を描くように曲がるロッド。

 

 

まとめ

ざっくりとロッドに関してはこんな感じだけど、メーカーがしのぎを削ってるから、あらゆるコンセプトを元に次から次に新製品が出てくる。

本当にロッドはどんどん進化してきてるなと思う。

 

それぞれのロッドセクションで、異なる強度のカーボンを織り交ぜたり、ボロンがコンポジットされたり、グラス素材のロッドもひそかに人気が出てきましたよね。

 

ユーザーのフィーリングはそれぞれ違うから、自分に合うロッドに巡り合うのは大変なこと。

 

ネットの普及もあって、動画やブログで数多くのインプレッションを見ることはできるけど、やっぱり手にして振ってみないと分からないことばかり。

 

フィッシングショーを始めとして、各メーカーがロッドの試投会を開催するなど、ユーザーが触れられる機会が多くなってるのはユーザーとして有り難いことですけどね。

 

アクションもテーパーも、実際に使ってみないと分かりません。

 

自分が思い描いてたロッドと全然違った・・・失敗・・・

 

 

そんな経験を何度もしました(汗)

表記はあくまでも参考です。

 

 

人それぞれ釣りのスタイルも違えば、骨格も腕力も、何もかもが違いますからね。

 

右腕となる相性抜群のロッドと巡り会うえたら幸せなことです。

 

 

異性も道具も、長く大切に接することが、経済的にも精神的にも一番です!

 

釣友とデベロップで連続ヒットさせた50オーバーのレインボートラウト!!前のページ

スナップやスイベルの結束に使われる最強の結び方はパロマーノット!次のページ

関連記事

  1. ロッド

    Fishman Beams LOWER 62L これで小河川のニジマスも楽しめる!

    どうも、ヨシヒコです。朝晩の冷え込みも増し…

  2. ロッド

    モアザンブランジーノ (morethan BRANZINO) AGS 97LML 海サクラマスの片腕…

    モアザンブランジーノが発売されてから数年。ずっと欲しいロッドだ…

  3. ロッド

    ホンナミロッド スペック比較!

    アイキャッチ画像の引用元:Honnami Spirit Faceboo…

  4. ロッド

    ハードストリームス ロッド ゼアスグランツのインプレ!

    まずは購入時に軽く上下させたロッド全体の感触は、とにかく柔らかい!…

  5. ロッド

    ロッドのテーパー・フェルールって何のこと?

    それなりにこだわりを持ちはじめると自分の好みにあったタックルの選択…

  6. ロッド

    フィールドハンター LST85HL そして LST80HLへ

    前々回の釣行で折ってしまったロジック・スーパートゥイッチャーボロン…

アーカイブ

PAGE TOP