ライン

ショックリーダーはナイロン?フロロカーボン?それぞれのメリットデメリットはなんだ?

どうも、ヨシヒコです。

昨日の続きですね。
メインラインはナイロン?PE?ショックリーダーはフロロカーボン?それぞれの組み合わせを考察!

 

なぜ「フロロカーボン」のショックリーダーを使おうか迷ってるのか?

という内容です。

 

まず、比重の関係で沈みやすい「フロロカーボン」をメインラインにする選択は最初から無い

 

河川でどうしてもルアーが浮きすぎてしまう!

という悩みが出たら考えますが、根がかりの方が気になります(汗)。

 

逆にレンジを下げたいと思うなら「フロロカーボン」が利点となりますし、どのシチュエーションで何を求めるかによって「ナイロン」と「フロロカーボン」は使い分けることもできますね。

 

でも、ショックリーダーとして使うなら「フロロカーボン」の利点を取り入れたい!

って思ったので、「ナイロン」と「フロロカーボン」の比較をして、メリット・デメリットをまとめてみます。

 

・ナイロンの特徴
しなやかなので結んだりすることも含め扱いやすい。
伸びがある。
比重が軽い。
水を吸収しやすい。
紫外線により劣化する。

・フロロカーボンの特徴
硬くて張りがある。
ナイロンと同じ強度では太くなる。
ナイロンより伸びは少ない。
ナイロンより比重が重い。
水をあまり吸収しない。
紫外線による劣化はナイロンより圧倒的に少ない。
(こちらのサイトを見て愕然としました。)
ナイロンと比較して水中で見えづらい。

 

「比重」に関してですが、水の比重を1.0として
ナイロン 1.14
フロロカーボン 1.78
PE     0.97
という結果です。

フロロカーボンは圧倒的に沈みますしPEは浮きます。

 

「耐摩耗性」に関しては比較してませんが、両素材とも遜色ない性能らしいです。

先入観で「フロロカーボンは根ズレに強い」と記憶してましたが、今となっては「耐摩耗性」で使い分ける必要はほぼ無いくらい「ナイロン」の性能が向上してるようです。

なので、上記の特徴を踏まえて、どう使い分けるか?

 

僕が今回一番に注目したのが、

「フロロカーボンは水中で見えづらい」

という部分。

 

「吸水率」
ナイロン 8〜10%
フロロカーボン ほぼない

とも関係します。

 

「ナイロン」

  • 水を吸う。
  • だから白濁する。
  • 強力も落ちて魚から見えやすくなる。

 

コレに対して「フロロカーボン」という利点があるのでは?

ということを調べた結果のブログです(汗)。

 

プロアングラーのオヌマンこと、小沼正弥さんのYouTubeだったかな?

なんかの映像で見たんだけど、
「ショックリーダーはフロロ一択!」
ってコメントが印象に残ってます。

フィッシングショーかなんかで、水中に「ナイロン」と「フロロカーボン」のラインを入れて、魚がどのように泳ぐか実験したとか・・・。
「ナイロン」は魚が避けていくとか・・・。

ウロ覚えですが、そんな内容だったと記憶してます。

 

その頃は特に「ナイロン」のショックリーダーが釣れないと思ったこともないし、扱いやすい「ナイロン」で良いと思って気にしてなかったんですけど、釣果を得られない日々が続くと色んなことを考えます。

ターゲットに近づくためにはルアーに結ばれてるラインを少しでも警戒されたくない。

 

そう思って調べてみると、ちょっと驚く結果でしたね。

専門的というか小中学校の理科で習ったような用語なんですが、「光の屈折率」が関係してます。

 

まず、空気と水では光の進む速度が違う。

だから屈折するわけですね。

 

空気中の屈折率を約1.0とした場合、水中は約1.33。

 

水中の屈折率に近いモノは水中で見えづらいということなので、素材による屈折率を見てみると
ナイロン1.58
よりも
フロロカーボン1.42
の方が水中の1.33に近いから、ナイロンよりフロロカーボンの方が見えづらい。

ということになります。

 

実際に実験してるブログなども拝見しましたが、これは間違いありません!

ちょっと気になるところは
「新品のラインだったら」
ということですよね。

リーダーに傷がついてくると白っぽくなるし、あくまでも「新品時」の比較なので使用状況によって大きく変わります。

でも、「新品時」に限ってはアドバンテージがある!

ということは言えそうです。

 

朝イチのゴールデンタイムで威力を発揮するかも?

って、自分に都合よく解釈してみる。

 

これも、モチベーションを保ち続けるには大切なファクターではないでしょうか。

 

最後に、僕がメインで使ってるジグのトンデン。

スローで巻きたいところでは頭が上がって尻下がり。

スプーンにも共通しますが、ゆっくり巻くほどルアーの姿勢は前が上がって後ろは下がります。

 

この姿勢を少しでも水面と平行に保つには、少しくらい沈んでくれる「フロロカーボン」の方が都合がいいかも?

と思ったりもしています。

 

まずは試してみないと分からないので、今シーズンは積極的にフロロカーボンのショックリーダーを淡水では使っていこうかなと思っています。

メインラインはナイロン?PE?ショックリーダーはフロロカーボン?それぞれの組み合わせを考察!前のページ

2023年のスタートフィッシングは人生初の塘路湖へアメマス釣行!次のページ

関連記事

  1. ライン

    ナイロンラインに対する知識を深めないとダメだね。

    大月釣具さんに寄ってナイロンラインを購入。もちろん、モーリスさ…

  2. ライン

    メインラインはナイロン?PE?ショックリーダーはフロロカーボン?それぞれの組み合わせを考察!

    どうも、ヨシヒコです。暖かい日が続いて雪解けが進んでますね〜。…

  3. ライン

    VARIVAS(バリバス)フロロカーボンのショックリーダーを購入!楽しみがまたひとつ!

    どうも、ヨシヒコです。注文していたフロロカーボンのショックリー…

  4. ライン

    週末はイトウを狙いに道北遠征!楽しみすぎる!

    どうも、ヨシヒコです。準備は着々と進んでま…

  5. ライン

    釣行時に出る糸クズをまとめて持ち歩く収納ケース!糸クズワインダー!

    どうも、ヨシヒコです。そろそろ釣りも行きたいな〜なんて…

アーカイブ

  1. 日常ブログ

    他人に迷惑をかけない生き方?謙虚さや礼儀正しさは大切だけど「控えめ」と履き違えな…
  2. ワカサギ用品

    ワカサギ用の穂先はリーズナブルなPROX!可変アダプターはダイワのクリスティア
  3. クルマ・バイク関連

    30プリウスにCURT(カート)のヒッチメンバーを装着!これでキャリアも装着OK…
  4. 日常ブログ

    「意義」と「本質」の理解が深い学びの動機となる!
  5. 釣行記録

    もう半分終わってしまった令和元年!思うような釣行ができていない・・・
PAGE TOP