サクラマス

2017年 Cミッションにも新色登場

Cミッションは、僕の中では手放すことのできない一番頼りにしているジグスプーン。

スプーンのように泳ぎジグのように飛ばせる。

 

と言うよりは、ジグなのにスプーンの泳ぎをしてくれると言った方が適切かもしれない。

 

後方重心タイプなので、天気が良い日は見失ってしまうほど飛距離が出る。

 

いや、僕の動体視力が鈍っているだけか・・・

 

それを差し引いても、スピード、飛行姿勢の安定がもたらす飛距離は群を抜いていると思います。

 

僕の海サクラマスの釣りは、Cミッション無しには語れません。

 

向かい風のせいで、あのポイントにルアーをキャストすることができない。
ミノーやスプーンではアプローチできない。

そんなシチュエーションでも、このCミッションさえあれば最後の手段として引き出しを持つことができる。

使命〈MISSION〉は海アメ、海サクラに口を使わせ仕留めること(Catch)。
つまり『C.MISSION』。

 水面直下50cm〜70cmのトレースラインをキープし、派手なローリングアクション&トゥイッチによる小魚の平打ちを演出。

 ジグスプーンでなければならない理由・こだわり・パフォーマンスから生まれたスーパーダンスは、ビッグトラウトにスイッチを入れ、トラウトゲームを展開します。

 フィールドハンターがトラウトアングラーであるからこそ生まれた『C.MISSION』をぜひフィールドで体感してください。

 

ただでさえバリエーション豊富な同社のルアー。

2017年から、グロー・ヤマメ5色が追加。

http://www.field-hunter.com/products/river-lake/R013.html

 

また、2017年限定シェルもリリースされます。

シェル貼りでなければ釣れないサクラマスが必ずいる。

http://www.field-hunter.com/products/river-lake/R029.html

 

2017年もまた、Cミッションで南十勝のサクラマスフィールドに向かおうと思います!

2017年 フィールドハンター スプーン DO-UPにシェルタイプが登場前のページ

鱒の森 No39 南十勝のサクラマスを追って!大変恐縮ながら執筆させていただきました。。次のページ

関連記事

  1. ブラウントラウト

    中禅寺湖のレイクトラウト攻略!ハードストリームスの吉田さん。

    釣りビジョン番組トラウトクエストでお馴染みハードストリームス吉田さ…

  2. サケ

    南十勝 楽古川のウキルアーによる鮭釣りも紹介されていましたね!

    神谷さん、布谷さん、エキスパートお二人による動画は絵になります…

  3. アメマス

    3月19日 十勝川 おっくんとアメマス釣行

    昨日の十勝川アメマス釣行は増水と泥濁りで釣りにならず・・・&n…

  4. イトウ

    「幻の野生」イトウ走る いい本ですね!

    HTBで過去に放送されたMIKIOジャーナルを偶然ネットで見かけた。…

  5. カラフトマス

    カラフトマス 知床の魚は濃いけど・・・

    家でゴタゴタしてから出発が遅れた今回の遠征。行きの途中で仲間の…

  6. カラフトマス

    知床カラフトマス 駐車スペースが閉鎖・・・

    今日Twitterを見ていると、こんな投稿が・・・https:…

アーカイブ

PAGE TOP