サクラマス

2017年 フィールドハンター スプーン DO-UPにシェルタイプが登場

フィールドハンター社から昨年リリースされたDO—UPという名のスプーン

川幅が狭くクロスストリームができない。
上流へ進むとターゲットにプレッシャーを与えてしまう。
ワンシーズンあらゆる場所・シチュエーションの中で繰り返しテストし、辿り着いたのが、この長さ・幅・板厚・カーブ(彫り)・形状です。
クロス・ダウンストリームでの魅惑のダンスはもちろん、アップストリームでの釣りでDO-UPは真価を発揮します。]

今までには無いDO-UPのアップストリームでのアピール力が、釣りの新たな選択肢となります。

というわけで、2017年にはシェルタイプが追加されます。

同社のスプーンといえば、デベロップルアーマン701シェル。

どのシェルタイプも、本当に魅了されるほど綺麗なカラーリングです。

 

商品紹介ページにあるように、ミスキャストで岩や石に当たっても、ピックアップ時に障害物で擦れても、簡単に塗装が剥がれません。

ハイクオリティに仕上げました。

との言葉通り、しっかりとした作りになっています。

 

2017年からは、既存の5g7gに10gを追加したラインアップになっています。

スプーンの大きさを変えることなく、全てが50mmサイズ。

シルエットが大きい割にウエイトが軽い。

デッドスローでアピールしたい場面にも有効なスプーンになりそうです!

メーカーHPはこちら
DO—UP
http://www.field-hunter.com/products/river-lake/R026.html

DO—UPシェル
http://www.field-hunter.com/products/river-lake/R030.html

 

LED電球 簡単に電気代を節約できる?前のページ

2017年 Cミッションにも新色登場次のページ

関連記事

  1. サクラマス

    週末になるとね〜 サクラマスに会いたくて思考が・・・

    週末になると天候が悪い北海道!思うようなサ…

  2. ニジマス

    デベロップ5gで50には届かなかったレインボートラウト!

    同僚の先輩と休みを合わせて夏休み的な休暇!当初は知床までカラフ…

  3. サクラマス

    芽室公園で焼肉 しかし南十勝では・・・

    前々から連休最終日に焼肉の計画を立ててくれていたケイタ。昨日、…

  4. カラフトマス

    カラフトマス 2019 知床遠征第2弾 こんなもんだよ!

    9連休だもの、2回くらいは知床に行くのが僕の中では普通のこと。…

  5. サクラマス

    今週の THE Fishing のタイトルは「川の王者・サクラマスを獲る」

    サクラマスの番組となると、フィールドの違いはあれど多くのアングラーが気…

  6. カラフトマス

    知床カラフトマス フィールドハンター トンデンJr.炸裂

    今日は昨日から心配されていた天候も現地では曇り時々晴れ!し…

アーカイブ

PAGE TOP