サクラマス

2017年 フィールドハンター スプーン DO-UPにシェルタイプが登場

フィールドハンター社から昨年リリースされたDO—UPという名のスプーン

川幅が狭くクロスストリームができない。
上流へ進むとターゲットにプレッシャーを与えてしまう。
ワンシーズンあらゆる場所・シチュエーションの中で繰り返しテストし、辿り着いたのが、この長さ・幅・板厚・カーブ(彫り)・形状です。
クロス・ダウンストリームでの魅惑のダンスはもちろん、アップストリームでの釣りでDO-UPは真価を発揮します。]

今までには無いDO-UPのアップストリームでのアピール力が、釣りの新たな選択肢となります。

というわけで、2017年にはシェルタイプが追加されます。

同社のスプーンといえば、デベロップルアーマン701シェル。

どのシェルタイプも、本当に魅了されるほど綺麗なカラーリングです。

 

商品紹介ページにあるように、ミスキャストで岩や石に当たっても、ピックアップ時に障害物で擦れても、簡単に塗装が剥がれません。

ハイクオリティに仕上げました。

との言葉通り、しっかりとした作りになっています。

 

2017年からは、既存の5g7gに10gを追加したラインアップになっています。

スプーンの大きさを変えることなく、全てが50mmサイズ。

シルエットが大きい割にウエイトが軽い。

デッドスローでアピールしたい場面にも有効なスプーンになりそうです!

メーカーHPはこちら
DO—UP
http://www.field-hunter.com/products/river-lake/R026.html

DO—UPシェル
http://www.field-hunter.com/products/river-lake/R030.html

 

LED電球 簡単に電気代を節約できる?前のページ

2017年 Cミッションにも新色登場次のページ

関連記事

  1. サクラマス

    南十勝サクラマス 釣友の朝練はダメだったようです!

    釣友から朝練に行ってきた連絡です!昨日のやり取りの中で、…

  2. ブラウントラウト

    中禅寺湖のレイクトラウト攻略!ハードストリームスの吉田さん。

    釣りビジョン番組トラウトクエストでお馴染みハードストリームス吉田さ…

  3. サクラマス

    南十勝サクラマス 豊似 野塚

    昨日は久しぶりに高校時代のクラスメイトと飲み会。工業高校電気科…

  4. サクラマス

    2018 フィールドハンター スプーン新色

    Cミッションに引き続き、スプーンのデベロップとDO-UPも新色追加です…

  5. ニジマス

    3月26日 同僚の先輩と士幌川

    昨日ですが、先輩と一緒に午後から休みを取って行ってきました。天…

アーカイブ

PAGE TOP