ロッド

キャスト時にラインブレイク(高切れ)。原因はいろいろ!

お気に入りのルアー、購入したばかりのルアー、思い出のあるルアー、
決して安いものではなく、これがなくては釣りにならないルアーフィッシング。

根掛かりや大物を相手にロストするのは、ある程度受け入れることができますが、キャスト時にラインが切れてルアーだけ遥か彼方に消えていくというのは本当にガッカリするものです。

 

そこで、自分なりに原因や対策について考察してみました。

もし頻繁にそのような事態になっている方がいましたら、少しでも参考になると幸いです。

 

あくまで個人的な考え方なので悪しからず。

 

ラインとルアーウエイトのバランス

これは一概に言えませんが、ルアーウエイトとキャストスピードのバランスが取れていなくて、一瞬の負荷が大きい場合にPEラインが切れてしまう場合。

これはルアーウエイトに合わせて、どれくらいの力でキャストするのか?

重いルアーにはそれなりのライン強度が必要。

ということで、ラインの強度を上げてみましょう。

 

ガイドやラインローラー・スプールの傷

キャスト時やリーリング時にラインが干渉している部分で傷になっている箇所がないかどうか。

なんども干渉しているうちに全体的に弱ったラインによって、急激な力に耐えられなくて弱った箇所から切れていくという状態。

これはタックルの点検が必要です。

 

トップガイドとキャスト時に指にかかる部分

1日にそれなりのキャスト数を繰り返す場合、摩擦によって一番消耗する部分。

僕は釣行の度に、キャスト時に指にかかる部分から先は切って新しくリーダーを結んでいます。

傷んだ部分は使わない。

リーダーの結び目はトップガイドの中か外か?

基本的にショックリーダーを装着した場合、ラインの太さはショックリーダーの方が太い。

ゆえに、キャスト時に空気抵抗を受けやすいのは太い方のショックリーダーの方になる。

リーダーの結び目がガイドの外にある状態でキャストする場合は、ほとんどトラブルはない。

 

問題は、ガイドの中に結び目がある場合。

キャストした瞬間に勢いよくラインが出て行こうとする中、リーダーの放出速度が多少なりとも遅れる。

また、結び目がガイドに接触することによって、リーダー部分の放出速度が下がる。

その後ろに繋がっているPEラインは、初速のまま放出しようとしてもリーダー部分の速度が遅いために余計な弛みがガイドの中で発生する。

そうなることで、PEラインがガイドの足に絡まり、PEラインは急ブレーキ状態。

 

勢いよくルアーは飛んで行こうとするので、一瞬の力がライン強度を超えるので、「パチンッ!!!」といい音を立てて遥か彼方に飛んでいく。

 

実際、この光景が一番多く見受けられます。

 

 

さらにこの悲劇を誘発してしまうのは、リーダーを長めにとっている場合。

 

対策としては、リーダーのコブになる部分を無くすような組み方や細めのリーダー、あるいは、なるべくリーダー部分を短くしてガイドに干渉させる部分を減らすということでしょうか。

 

キャストそのものを見直してみる

ロッドのしなりとリリースポイントが噛み合っているか?

ラインの放出角度とロッドの角度によってラインにストレスがかかっていないか?

キャスト時にルアーが加速してトップスピードに入ったのに、まだ指に掛かった状態になっていないか?

などを確認してみる。

 

その他

その他にも、急にベールが返ってしまってラインの放出が止まることによって切れてしまう場合や、リーダーとの結束が甘くて単にすっぽ抜けてしまっている人もいるようです。

また、コシがないPEラインは弛みが発生しやすく、絡みやすいというのも考えられます。

 

僕は現在のところ、バークレイのスーパーファイヤーライン1.2号に
ナイロンリーダー16ポンドか20ポンドを80センチほど。

 

150m 1200m巻もあります。

 

 

ショックリーダーは、バリバスのナイロンを使用。

16ポンドか20ポンド。



ノーネームノットで、すっぽ抜けが発生しないようにして、ガイドの中に結び目を入れない仕様で落ち着いています。

このセットで、海サクラマス、海アメマス、カラフトマスの全てを問題なく釣行しています。

 

サーフからの海サクラマスや海アメマスで毎年のように見かけ、これだけで何個もルアーをロストするのは本当に楽しむ釣りがストレスになってしまいます。

頻度が多いなと感じる方は参考にしていただけたらと思います。

冷え性で手が冷たいので対策!ブレスサーモ!前のページ

掃除機はやっぱりパワーブラシかな〜 タービンじゃ・・・次のページ

関連記事

  1. リール

    ラインローラーのマグシールド。この部分は自分でメンテナンスしたいね!

    ダイワの防水耐久テクノロジー、マグシールド!本体は良いんだけど…

  2. ライン

    週末釣行の前に音更町の大月釣具さんへ!

    そろそろ始動しなくては・・・ということで音…

  3. ロッド

    ノースアングラース12月号はロッド紹介

    最近釣りには行けていませんが、こういう記事を読むと心が動き出す!…

  4. ライン

    ライン ①号数②強力と強度③それぞれの素材④素材の数値比較

    ラインの持つ機能や性能について、もっと詳しく知ることで、少しでも釣果に…

  5. リール

    13セルテート 2510PE−H 3012H 使ってきた感想

    頑丈なボディーのセルテート最初に高価なリールを手にしたのはセル…

アーカイブ

PAGE TOP