リール

ラインローラーのマグシールド。この部分は自分でメンテナンスしたいね!

ダイワ防水耐久テクノロジー、マグシールド!

本体は良いんだけど、ラインローラーの酷使される部分はダメですね。。。

まぁ、永久的に保障するものではないし当たり外れもあるのかな???

昨年の釣行時に、ラインローラーから軽く異音を感じていた13セルテート!

 

スローに巻いているなら気にならないけど、負荷のかかる早巻きやファイトの時にはどうしても・・・

 

シャリシャリのうちは良かったのですが、今年初めて使用したところ、

「ギュルギュルギュル・・・」

昨年ダイワさんにオーバーホールをお願いしたばかりなんですが、ここまでは見てもらえないようですね。

 

仕方なくやっちゃいけないことを自己責任で!

ということでラインローラー部分を分解!

 

最後のベアリングだけは外すことができませんでしたが、すべてクリーニング!

予想どおりマグオイルなんてものは無くなっていて、サビとゴミでラインローラーの機能を果たせる状態ではありません。

 

これでなんとか誤魔化せないかな・・・

オイルをたっぷり閉じ込めるくらいの勢いで垂らしてみました。

 

1回の釣行で終わりそうだけど、まぁ次回の釣行でダメなら新しいセルテートでもポチ・・・

 

 

いやいや、昔の悪い癖が出てしまうところでした。

危ない危ない(汗)

 

今年になってやっと物欲から解放されたのに!

修理して使うという、昭和の時代?日本の心?を大切にしたいです。

限度はありますけどね。

 

雑誌なんかを見ていても、初代セルテートなんかをずっと使っている方を見かけますね。

今のリールと違って自分でメンテナンスができるって良いです。

愛着も湧くし思い出も詰まっている。

 

車と同じで古いものの方が修理しながら長く乗れる気がします。

車好きの人達は、自分の車を自分でメンテナンスするのが普通だった時代がありますよね?

イチローさんではありませんが自分の道具は自分でメンテナンスする。

それが、その道を極めるには大切なことだと思います。

 

最近のリールは車と同様に、自分で簡単にメンテナンスできない作りになっているので、個人的には寂しい感じもします。

高価なリールとして一番最初に買ったセルテートハイパーカスタム3012Hなんかは、メンテナンスしながら今でも大切に使ってます。

新しいリールを買っても、多分こいつだけはずっと手元に置いておくだろうな〜

 

週末は雨の影響が残らないことを願っていますが量は降っているようです。

サクラマスが一気に遡上していないことを願うしかありません!

6月6日 南十勝サクラマス トンデン・ブラックシェルで初物!前のページ

6月11日 南十勝サクラマス 後輩が釣ったのはスモルト化したヤマメ?(笑)次のページ

関連記事

  1. リール

    中流河川用に替えスプール RCS 2506 エアⅡ

    汎用性の高いダイワの2500番リール。とい…

  2. リール

    ダイワ病 13セルテート アーム下がり 原因は・・・もっと強く作ってくださいよ〜

    先月から気になっていたベールアームの下がり具合!簡単にメン…

  3. リール

    ダイワ病 逆転現象 ワンウェイクラッチ交換

    かなり古い型ではありますが、一生手元に置いておくであろうセルテ…

  4. ロッド

    キャスト時にラインブレイク(高切れ)。原因はいろいろ!

    お気に入りのルアー、購入したばかりのルアー、思い出のあるルアー、決…

  5. リール

    悪ガキの咲希にやられた・・・

    昨日の釣行から帰宅して、いつも通りに全てのタックルを水洗い!部…

  6. リール

    バークレイ ファイヤーラインを巻いてドラグメンテナンス

    昨日でG3ガイドブーツのフェルト交換が完了して、今日はフック交換。…

アーカイブ

PAGE TOP