リール

ジリオン TW HLCを使えば飛距離は間違いなく出る!

どうも、ヨシヒコです。

 

十勝川下流域や湖に行くと、やっぱり飛距離が欲しくなりますね!

 

 

じゃあスピニング使えよ!

 

って普通はなるはずだけど、もうベイトタックルの沼に入ってるのでそれは無理。

 

 

飛距離がスピニングと変わらないなら、ベイトタックルのほうが捕れる魚が増える!

 

そう個人的に思ってるし、今の試行錯誤がとても楽しい。

 

 

以前に書いたブログで紹介したとおり、

 

タトゥーラ SV TWはスプール径が32mm。
20TATULA(タトゥーラ)SV TW ダイワのベイトリールを初めて購入!

そして、

ジリオン SV TWはスプール径が34mm。
ジリオンSVTWの互換スプール、RCS1012に変更したら飛距離アップ!

 

 

互換性があってSVスプールよりも飛距離が出るならと思って、RCS1012のスプールを購入してみました。

 

ジリオン SV TWスティーズ A TWの互換スプールでもあるRCS1012に交換したら、間違いなく飛距離はアップしたんだけど・・・。

 

 

ちなみに、SVスプールはエアブレーキで、互換品のRCS1012は飛距離を稼ぎやすいマグフォースZを搭載したマグネットブレーキのスプール。

 

お〜、これは満足!!!

 

 

 

 

とはいかなかったのですよ(笑)。

 

 

100m砲の冠を載せてるFishmanのブリストベンダバール89Mでフルキャストしても、なんだか物足りない。

 

遠投には

「大きめのスプール径が向いている」

というのは知っていたんだけど、34mmと36mmで極端な違いは無いだろうという結論。

 

 

だったんだけど、サーフの遠投には36mm以上が主流なのかな???

 

 

というわけで、ジリオンシリーズのスプール径が36mmが理想だなと思って候補を2つに絞りました。

 

ジリオン TW HD

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥35,800 (2021/01/20 22:53:02時点 Amazon調べ-詳細)

ジリオン TW HLC

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥38,071 (2021/01/21 10:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

「HD」はヘビーデューティーという意味で、耐久性の高いタフコンセプトモデル。

「HLC」HYPER LONG CAST(ハイパー・ロング・キャスト)のイニシャルで、こちらは飛距離を優先したスプールを搭載したモデル。

 

ちなみに、HLCのブレーキタイプはマグフォースZは同じなんだけど、ロングディスタンスチューンが施されているので、ブレーキの掛かり方に違いがあります。

 

説明が分かりやすいダイワさんのホームページはこちら

 

 

中途半端な選択もしたくないので、最終的には飛距離という一択でしたね。

 

 

なので、ジリオン TW HLCにしてみました。

 

このシリーズには他のギヤ比の設定が無く、選べるのはハンドルの左右だけですが、自重も糸巻量もギヤ比も僕の釣りには丁度いい感じです。

 

デザインはパープルのスプールとグリップだけコルクを感じさせる作りが特徴的です。

マグシールドが搭載されているようですが、どこに使われているのかは知りません。

 

タトゥーラSVTWとジリオンSVTWにはマグシールドの表記は無かったけど、サーフでの遠投をメインに作られてるのかな?

理由はよく分かりませんが、無いよりは有ったほうがいいですね。

 

 

 

キャストした瞬間にビックリしたいな〜

 

魚を釣る前なのにドキドキしながら、さっそく屈斜路でファーストキャスト!

 

 

 

ちょっとビビりながら軽めにキャストすると、スプールのラインが浮く〜

 

 

でもバックラッシュには至らず、飛距離は軽いキャストなのに半端ない(笑)。

 

 

これすごくない?

 

 

 

感心しながら少しずつブレーキを弱めていこうとしたら・・・

 

 

 

まぁそうだわな〜

 

って感じのバックラッシュ!

 

 

マグネットブレーキもまだ15なんだけど・・・。

 

 

ってことは、メカニカルブレーキが弱すぎか???

 

推奨設定のメカニカルブレーキでは、マグネットブレーキを最大にしてもバックラッシュが頻発してしまいました。

 

少し締めながら様子をみて、最終的にはマグネットブレーキが7くらいで落ち着きましたが、推奨されてるゼロ設定と比較すると締めてる感じ。

 

これで良いのかな?

 

とりあえず様子を見てみようと思いますが、キャストが下手なだけという結論もありますからね。

 

 

それにしても、まるっきり飛距離が変わりました。

 

後半はほとんどブレーキが効いてない状態になるので、最後のサミングは欠かせませんんが、飛距離はSVスプールからマグフォースZに切り替えたときよりも大きな違いを感じます。

 

 

これで飛距離は手に入れた!

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥38,071 (2021/01/21 10:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

あとはキャストが上手くなることと、なんと言っても魚が釣れるまでのメンタル強化が課題かな(汗)

 

 

寒さには勝てないんだよな〜〜〜

 

連休は思うような釣りができず終了でした!前のページ

ダイワのベイトリール ブレーキシステムによる特徴で使い分ける!次のページ

関連記事

  1. リール

    13セルテート ラインローラー ベアリング交換!

    前回分解とクリーニングをして、たっぷりオイルを差した13セルテートのラ…

  2. リール

    13セルテート 2510PE−H 3012H 使ってきた感想

    頑丈なボディーのセルテート最初に高価なリールを手にしたのはセル…

  3. リール

    ジリオンSVTWの互換スプール、RCS1012に変更したら飛距離アップ!

    どうも、ヨシヒコです。「ストレスフリー・バ…

  4. リール

    20TATULA(タトゥーラ)SV TW ダイワのベイトリールを初めて購入!

    どうも、ヨシヒコです。ベイトリールはアブ・…

  5. リール

    バークレイ ファイヤーラインを巻いてドラグメンテナンス

    昨日でG3ガイドブーツのフェルト交換が完了して、今日はフック交換。…

  6. リール

    ダイワのベイトリール ブレーキシステムによる特徴で使い分ける!

    どうも、ベイトタックル初心者の域を脱しようとしてるヨシヒコです。…

アーカイブ

PAGE TOP