日常&自己啓発

やりたいことはトコトンやる!

やりたいこと、楽しみたいこと!

誰だって持っているはずなのに、
いろんな理由をつけて出来ない方向で納得しようとする。

 

これってどうだろう?

と思うことがあるんだけど、
今しかできないことを無理しないで
後からできることを今優先させるって
本当に時間の使い方が勿体ない!

やりたいことはトコトンやってみる。
楽しみたいことがあるなら優先してやってみる。

 

「それなりに頑張りました!」

とかの、「それなり」じゃなくて、
夢中になったり楽しんでることを
周囲が何も言えないくらいやってみる。

結果にこだわるから自分にも負荷をかけるし。。。

だから勝手に成長もできるし、結果も後からついてくる。

 

モヤモヤした気持ちでやってみても
中途半端な結果にしかならない!

成長もそう、人生もそう、全てが中途半端になっちゃう。

 

本当になんでもいいから

夢中になれるものってなんなのか?

 

これが生きていくなかで、絶対に見つけなきゃいけないことだと思う。

 

勉強が人生を豊かにするのは間違いない。

ただ、それは学校で学ぶことだけじゃない。
教科書以外の学びの方が、生きていくために必要なことが多い。

 

別に他人に批判されたり文句を言われても
自分がやりたいこと、楽しいことじゃないと
続くわけもないし成長もしない。

 

だから

「無視」

することも立派な力。

 

批判してくる奴なんて、むしろ反論に喜ぶ奴ばかりだから
そんなのは「無視」して、自分は結果を出すことだけを
考えればいい。

 

気づいた時には批判されない結果が出てるから。

そんな奴を相手にするのは時間の無駄。

 

小さなことからコツコツ積み重ねることができるか?

それが一番の才能だと思う。

 

できる人は圧倒的に行動が早いし、
挫折や失敗から教訓を得ることだってできる。

 

「失敗することはない!」

 

それがわかっていれば
自分は何がしたいのだろう???

これを若いうちに考えることって
本当に大切だし、これさえ決まれば
悔いのない人生を送れるんじゃないだろうか?

 

そう思うようになったから
自分は
好きなことを優先するようになった。

周囲の目線なんて気にしなくなったし、
嫌なことを素直に受け入れることもしなくなった。

 

嫌なことを我慢してやれる能力を育てたところで
自らストレスを溜める不幸な人生の選択でしかないと
自分は思ってしまう・・・

 

 

以前とは随分と時代が変わってきた!

「ランドセルが重いから置き勉をさせる!」

なんてテレビでチラッと見たけど
学校から帰ってまで勉強なんて・・・

 

子供なんだから夢中になれることを
やらせておけば良いと思うのだけど。

これからの社会で必要とされている人材は
今までとは違うような気がする。

 

学歴がどうか?

じゃ何もならなくて、好きかどうか?

で仕事を選ぶ時代になると思う。

好きじゃないと続けられないし、
会社組織のブランドよりも個人の力が優先され、

個人の繋がりが会社よりも優れた組織になったり・・・

 

他人の言い成りになるよりも、
自分のスキルを高める学びが
今後の人生100年時代を生きるために
大切なことだと思う。

定年退職後に年金で細々暮らすよりも
定年後も変わらない収入を得て
変わらない生活を送れるように
今から準備することも必要だな思う。

 

 

経済的な豊かさは、心の余裕充実した時間を与えてくれます。

釣友に恵まれて楽しい時間が過ごせる幸せ!前のページ

Noah Wallet(ノアウォレット)の作成方法次のページ

関連記事

  1. 日常&自己啓発

    令和の時代になって感じること!

    年号が変わったからと言って何かが極端に変わるわけではないけど、これを一…

  2. 日常&自己啓発

    わかっていても刷り込まれてる!恐怖は幻想だ。

    まだなにも起きていないのに常に頭の中は最悪な想定ばかり・・・…

  3. 日常&自己啓発

    今日は真夏日!とりあえず月に一回は行くスタッグさんへ

    天気がめちゃくちゃ良い〜最高気温が28度とか?&nbs…

  4. 日常&自己啓発

    誕生日!多くの方々からお気遣い頂き、大変恐縮な1日でした!

    昨日は後輩3人がジャックダニエルと有楽町のジンギスカンを買ってきてくれ…

  5. 日常&自己啓発

    多動な奴だなぁ! これからは褒め言葉かもしれない。

    周囲に合わせる。教室でも集団行動を乱さずに大人しくする。大人の…

  6. 日常&自己啓発

    自己ブランディング力を高めるには発信あるのみ

    誰かに何かを届けるには発信が必要。どんな良い商品も、「…

アーカイブ

PAGE TOP