リール

13セルテート 2510PE−H 3012H 使ってきた感想

頑丈なボディーのセルテート

最初に高価なリールを手にしたのは
セルテート・ハイパーカスタム3012H。



■自重295g
■ギア比5.2:1
■最大ドラグ力7kg
■最大巻き取り88cm/回
■BB数11個
■糸巻き量PE1.5号-200m/PE2号-150m/ナイロン12lb-150m
■セミハードケース(ソフトケースも付属)
■C6191高強度特殊合金採用:ハイパーデジギヤ

青物のジギングで知られる、
ソルティガに内蔵されているギヤと
同じものが使われている。

あの頃はサケ釣りに夢中になっていたこともあって
頑丈なリールを持つと安心感があった。

 

高価な買い物だけあって、このリールでのトラブルは一切無し。

 

それから他メーカーに浮気することなく
マグシールドの技術が注がれた13セルテートが発売された時に
躊躇することなく、同サイズの3012Hを購入。



 

モアザンブランジーノAGSばかりを使っていた頃だったので、
デザインが格好良いし組み合わせも文句なし。

本当に完璧なリールという印象。

 

でも、使うにつれて不満がいくつか出てくるのは普通のこと。

 

ダイワ特有??ゴリ感。。。

セルテート・ハイパーカスタム3012H
クラッチが効かなくなって逆回転するようになり、
本体を分解して脱脂したりグリスを足したりのメンテナンス。

 

13セルテートを使うようになってから
完全にサブ機になってしまったセルテハイパー
久しぶりに使ってみると結構ゴリ感がすごい。

 

 

毎回使っていたら気にならないかもしれないけど、
やっぱり新品と比べると大きな差はある。

 

また、13セルテート3012Hを使っていて
その後2510PE—Hを買った時もそう。

当然だけど古い方はゴリ感が強め。

 

とは言っても使えないわけでもないし、

ほぼメンテナンスしなくても
毎回水洗いだけで性能を維持してくれる
マグシールドの恩恵は本当にありがたい。

 

13セルテートのスペックはこんな感じ

当たり外れがあるみたいだけど、
今のところ本体内部のトラブルはない。

 

マグシールドとはいえ、ここはちょっと・・・

いくらマグシールドがすごいと言っても
過酷な環境になるラインローラー部分は
釣行回数にもよるけど、もって1年か2年。。。

 

使っているPEラインの繊維が
摩擦によって溜まってしまったり、
ゴミをラインが拾ってきたときに入り込んでしまうようだ。

ナイロンだけなら持つかもしれないし、
淡水だけの使用なら少しは耐久性が出るかもしれないけど、
ここだけは諦めているところ。

ソルト対応のマグシールドなので
その辺はもう少しなんとかしてほしいな〜

ラインローラーくらい
自分でメンテナンスできる仕様にしてくれた方が

頻繁に使うアングラーにとっては有難い。

「孫の代まで・・・」

なんてCMあったような(笑)

 

 

替えスプールさえあればライントラブルにも対応できる!

マグシールドのおかげと言っても良いくらい
リール本体のトラブルはほとんどなくなった。

でも、強風だったり根掛かりだったりで
思わぬトラブルになってしまうのがライン。

 

こればかりは、リール性能が維持できてもどうもできない。

 

そこで僕は2500番サイズ2個
3000番サイズ1個のスペアスプールは
釣行時に忘れず持って行くようにしている。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B01CSQEIF6″ title=”Daiwa SLP WORKS(ダイワSLPワークス) スプール スピニングリール(2500サイズ) 用 RCSスプール 2510PEエアII…”][wpap service=”with” type=”detail” id=”B00JDZB4V2″ title=”Daiwa SLP WORKS(ダイワSLPワークス) スプール スピニングリール(3000サイズ) 用 RCSエアスプール2 3012 ゴ…”]

 

風の強い日にはナイロンに変えることもあるので
これは便利。

 

リール本体を何個も持ち歩かなくていいし、
ダイワ以外のリールは使う予定がないので
次にリールを新調してもスプールは使えるから
無駄になることもない。

 

 

今欲しいリールが中間のこれ!

一番汎用性があって使い勝手がいいのでは???
と思っているのが、

今持っているリール2つの中間に当たる機種。

セルテート2510R PE—H!

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B01B2JJU58″ title=”ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 セルテート 2510R-PEH (2500サイズ)”]

16セルテートのスペック


3500番と4000番が追加されて重量も結構ありますね。

2510R PE-Hの番手の後ろにあるRが意味するものはパワー。

PEラインの糸巻き量を考えたハイギヤ(H)仕様!

これが欲しい(笑)

このリールに関しては、
3000番のボディを持ちつつ、
スプールサイズは2500番という仕様。

 

3000番、2500番のどちらかが故障しても
このリールさえあれば代用が効く。

 

そう思って購入を検討してるんだけど、
なんせ一度買い出すと次から次に買ってしまう病気なもので・・・

ここ最近は購入よりもタックルを整理してる最中。

 

まぁ、壊れたら買う!

 

くらいでちょっと様子をみてみます。

 

って言っても我慢できるかな〜

 

16セルテートは更に巻き心地が軽くなってるとか、
感度が向上してるとか。。。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B01AR85H34″ title=”ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 セルテート 2510PE-H (2500サイズ)”][wpap service=”with” type=”detail” id=”B01B2KKNLM” title=”ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 セルテート 3012H (3000サイズ)”]

すっかり空気も乾いて、北海道はすでに秋ですね。

ガイドが凍りつくシーズンまで、残り3ヶ月くらいでしょうか。

カラフトマスもそろそろ終わりを迎え、
次はニジマス支笏湖のブラウンも手にしたい。

楽しさよりも寒さが上回ったら終了の合図。
まだまだ頑張ります!

 

調子がいいときは誰だっていろんな人が寄ってくる!前のページ

フィリピンの仮想通貨 NoahCoin(ノアコイン)が高騰次のページ

関連記事

  1. ロッド

    ダイワが会員制のメンテナンスサービスを始めます!SLP PLUS!

    ストレス解消も兼ねて気持ちよく釣りをしたい!誰もがそう思って出…

  2. リール

    ダイワ病 13セルテート アーム下がり 原因は・・・もっと強く作ってくださいよ〜

    先月から気になっていたベールアームの下がり具合!簡単にメン…

  3. リール

    ラインローラーのマグシールド。この部分は自分でメンテナンスしたいね!

    ダイワの防水耐久テクノロジー、マグシールド!本体は良いんだけど…

  4. リール

    13セルテート ラインローラー異音 マグシールド無し

    昨日の支笏湖釣行でリールから異音。一昨日の十勝川ではあまり気に…

  5. リール

    GW初日は朝帰りスタート!

    昨夜は約8年ぶり?彼らが高校生の時に1・2年野球に携わって以来…

  6. リール

    ダイワ病 逆転現象 ワンウェイクラッチ交換

    かなり古い型ではありますが、一生手元に置いておくであろうセルテ…

アーカイブ

PAGE TOP